ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は160円をいずれ超えていく。日米の金融政策の
状況を考えると、この先は緩やかな米ドル高、円安が続き
そう。メキシコペソ/円は急落の影響を抜け出し徐々に上昇

2024年06月21日(金)10:29公開 (2024年06月21日(金)10:29更新)
今井雅人

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 YouTube動画「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」では、今井さんがトレード戦略を中心に為替マーケットのポイントを解説します。メルマガ「ザイFX!FXプレミアム配信with 今井雅人」とも連動しているので、コラムと合わせてご覧いただきトレードの参考にしてください。
【※関連記事はこちら!】
元邦銀チーフディーラー今井雅人のYouTube「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」始動!ザイ投資戦略メルマガ連動のFXトレード戦略を毎週配信!


FRBが当面金利を下げないことに、一番注目しておきたい

 先週(6月10日~)、FOMC(米連邦公開市場委員会)、日銀の政策会合が終わり、金融政策の状況がはっきりしてきました。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は155~158円でレンジトレードを続けるのが現在の最善策! 米雇用統計と米CPIを見ると、経済が堅調でインフレが低下せず、FRB議長は「利下げに時間かかる」(6月13日、今井雅人)

 その中でも一番注目しておきたいのは、FRB(米連邦準備制度理事会)が当面金利を下げないということです。

 FOMCの後の定例記者会見でパウエルFRB議長は、「インフレ抑制が停滞しているので、当面利下げは難しい」という趣旨の発言をしています。これが現時点でのFRBの考え方を端的に示しています。

 現在、米国のCPI(消費者物価指数)は3%台前半で膠着してしまって、下がらなくなってきています。

 そのもっとも大きな原因は、雇用環境がしっかりしていることですが、先日発表された5月雇用統計を見ても、新規雇用者も多いし、賃金の上昇も止まっていないことが明らかになりました。

 これでは、消費は落ち込まないので、物価は簡単には下がりません。

 こうした状況を見て、FOMCのメンバーは利下げに対して消極的になっているということです。

年内利下げすらなくなる可能性もあるなら、必然的に米ドルは上昇しやすい環境に

 今年(2024年)は、市場は「利下げを期待して失望する」、そしてまた、「利下げを期待して失望する」ことを繰り返してきました。

 そもそも、利下げを期待しすぎだと私は思うのですが、これは先に織り込みたがる市場の癖のようなものです。

 CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物市場を見ると、現在も9月の会合での利下げを6割程度織り込んでいますが、9月の利下げは本当にあるのでしょうか。私は年内の利下げすらなくなる可能性もあると思っています。

 そうなると、必然的に米ドルは上昇しやすい環境になるということになります。動きは緩いかもしれませんが、市場には今後も米ドル高圧力がかかってくるとみています。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

日銀の政策で円高方向に転換するのは難しそう

 日銀ですが、こちらは来月(7月)、国債買入れの減額を始めると宣言しました。

 先のことを事前に宣言するのは異例中の異例ですが、これは、「市場を混乱させないため」だと日銀は説明しています。

 つまり、こうした措置によって急激に金利が上がり、円高になることを望んでいないということになります。そうであれば、当然円高方向には反応しません。

 もし、来月国債の減額と同時に政策金利を引き上げるということをすれば、円高になるでしょうが、そこまでやる可能性は低いとみています。

 つまり、日銀の政策で円高方向に転換するのは難しそうだということになります。

米ドル/円はいずれ160円を超えていく。この先は緩やかな米ドル高、円安が続く可能性が高い

 以上を総合して考えると、この先は緩やかな米ドル高、そして緩やかな円安が続く可能性が高いということになります。

 市場は夏枯れ相場の様相を呈していますので、動きはゆっくりしたものになると思いますが、方向としては米ドル高、円安ではないでしょうか。

米ドル/円もいずれ160円を超えていくだろうと予想しています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

メキシコペソ/円は大統領選挙後の急落の影響からようやく抜け出したか。当面は8.8円程度、いずれ9円に戻るチャンスはある

 また、メキシコペソ/円も、大統領選挙後の大混乱による急落の影響からようやく抜け出したように見えます。

 投資家の中にはかなりの傷を負った人もいるようなので、戻りは弱いかもしれませんが、それでも徐々に上昇していくのではないかと予想しています。

当面は8.8円程度までかもしれませんが、いずれ9円に戻るチャンスはあると思っています。

メキシコペソ/円 日足
メキシコペソ/円 日足チャート

(出所:TradingView


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る