FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
具体的にはどう始めたらいいの? 特殊な注文機能を<br />使いこなせ

 FXは通常、レバレッジをかけて取引するので、リスク管理が大切だ。そのため、損失を限定的なものにするための特殊な注文機能が発達している。

 その代表格が逆指値注文(ストップ注文ともいう)。これは「指定した価格以下になったら売り、指定した価格以上になったら買う」という注文ができるものだ。

 たとえば、これから米ドルが上がると思い、1米ドル=110円の時に米ドルを買ったとする。けれど、予想に反して値下がりしてしまった場合が心配だ。109円以下に下がってしまったら、損失が大きくなりすぎるので売って損切りしたいと考えたとしよう。

 こういう場合に「109円以下になった売り」と逆指値注文を出しておくのだ。すると、為替レートが下がって109円に達すると、売り注文が執行され、損失拡大はそこで止まる。

 このように相場が自分の予想と逆に動いた時、損失を限定的なものにするために使えるのが逆指値注文なのである。

 また、指値と逆指値を同時に出せるOCO注文というものもある。たとえば、1ドル=110円の時にドルを買ったとして、111円になったら売って利益確定、逆に109円になったら売って損切りしたいという場合はOCO注文を1つ出せばOKだ。

 このほか、ある注文が約定したら、自動的に次の注文が出せる方法もあり、これがIFD注文。そして、IFD注文とOCO注文を組み合わせたものがIFO注文となる(詳しくは下の図を参照)。

 その他、トレール注文など特殊な注文方法が使えるFX会社もある。各FX会社の注文方法について詳しくは以下のコンテンツをご参考に。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:注文機能・システムで比べる

注文を出す際、「指定した値段まで下がったら売り」「指定した値段まで上がったら買い」とする注文の方法。通常の指値注文(指定した値段まで上がったら売り、下がったら買い)と反対なので「逆指値注文」と呼ばれる。
「One cancels the other order」の略で2つの注文を同時に出しておき、どちらか一方が約定したら、もう一方の注文はキャンセルするという注文方法。
「If done order」の略で「もし取引が成立したら…する」という注文方法。「○○円で買う」という注文が成立したあとに有効となる利益確定の決済注文、または損切りの決済注文を前もって出すことができる。
IFDとOCOを組み合わせた注文方法。「○○円で買う」という注文が成立したあと、利益確定の指値注文と損失限定の逆指値注文を同時に自動的に出せる注文方法。

●FX口座をまず開設してみよう!
口座開設にお金はかからないから、まずはFX口座を開設して、リアルな取引画面を見てみるのも手。そうすれば、FXへの理解も早まるはず。

たくさんあるFX口座選びに迷った初心者の人は以下のコンテンツを参考に。
羊飼いが選んだ初心者にやさしいFX会社ランキング

どうせ口座開設するなら、高額キャッシュバックなどの口座開設キャンペーンを狙いたいという人は以下のコンテンツをチェック!
キャンペーンで比べる

ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
12月18日更新


 
12月18日更新








ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門