ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

5月以降、米ドルが反発したワケは?
ギリシャ危機は二の次、QE3の有無が重要

2011年06月17日(金)18:47公開 (2011年06月17日(金)18:47更新)
陳満咲杜

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■5月以降、米ドルが反発したワケは?

 為替市場では「米ドル高」が続いている。

 ドルインデックスは6月16日(木)に76をトライし、2010年6月高値から引かれたレジスタンスラインに差し掛かっている。もし、ブレイクすれば、テクニカルの視点では一段の上値余地が広がるだろう。

ドルインデックス 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM)

 米ドルの上昇は対ユーロ、対英ポンドといったところで激しく、対円の値幅は極めて小さい。したがって、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)では円高の方向に振られている。

ドルインデックスがさらに上昇するようなことがあれば、クロス円の円高傾向はしばらく続くと思われる。

 巷では、この米ドルの切り返しはユーロサイドの悪材料、つまり、ギリシャ危機の拡大によるところが大きいとの見方が多いようだ。しかし、筆者は、ギリシャ危機は二の次だと思っている。

 それは、ドルインデックスのチャートをご覧いただければおわかりいただけるだろう。最近のチャートを見れば、やはり、米ドルサイドに相場を動かす要因が集中している

ドルインデックス 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM)

 ドルインデックスは、5月4日(水)に安値をつけた後に反騰し、年初来の下落トレンドにいったん終止符を打ってから、5月23日(月)には76.36の高値をつけた。

 このような値動きの背景にある最大の要因は、米国の「QE2(量的緩和策第2弾)」の6月終了に備え、年初からずっと米ドルを売ってきたショート筋が終了前に利益確定の買い戻しを行うだろうという、多くの投資家の予測だ。

 このような思惑をもとに、我先に利益を確定しようと米ドルが買い戻されたことから、反転上昇がもたらされたと言える。

「QE2」終了と「QE3」実施の有無が市場のメインテーマ

 ところで、その後に「QE3(量的緩和策第3弾)の可能性あり」といった思惑がマーケットに浸透したことから、米ドルを売ってみたいという市場参加者も多くいた「FRBは麻薬の誘惑から抜け出せなくなる。『QE3』に踏み切る可能性は小さくない!」を参照)

 これは、米ドルが5月23日(月)から6月7日(火)まで、ほぼすべての通貨に対して売り込まれたことから読み取れる。

 だが、この6月7日(火)安値からドルインデックスは切り返している。これは、ウワサされていた「QE3」が実行される可能性が後退したからだ

ドルインデックス 日足(クリックで拡大・再掲載)

(出所:米国FXCM)

 確かに、ギリシャ危機や米国債の債務上限引き上げといった材料は目立つ。しかし、マーケットの本流では、「QE2」の終了と「QE3」実施の有無がメインテーマであり続けていると思う。

 ゆえに、「QE3」に対する思惑が薄れれば、薄れるほど、米ドルの切り返しは鮮明となるだろう

 ちなみに、「QE1(量的緩和策第1弾)」の際には、それが実行されるとドルインデックスが大幅に下落し、終了が近くなると、その約3カ月前に米ドルが底打ちしたという経緯があった。

 今回の「QE2」は6月末に終了となるが、5月に入ってからドルインデックスが底打ちし、反騰しているのはむしろ遅すぎる

 このことからも、「QE3」実行の可能性が消えていないために、市場参加者の多くが「米ドル買い」に慎重になっていた様子がうかがえる。

■QE2終了なら「債券安・株安・米ドル高」となるはず

 そもそも、「QE」と略される量的緩和という名の政策は、難しく聞こえるものの、要するに…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る