ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ユーロ圏の混乱が深まり他通貨にも波及。
なのになぜ、足元のユーロ安は限定的か?

2011年11月17日(木)16:20公開 (2011年11月17日(木)16:20更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

今回のユーロ圏の危機における値動きでは、欧州の市場参加者によるレパトリエーション(本国への資金送還)が相場に影響しているとのことです。

そのユーロ買いがユーロ/米ドルの下落を抑制しており、足元のユーロ/米ドルの下落を緩和しているとの見方です。

リスクアセット通貨は目先、上値の重い展開が予測される

 さて、前述した欧州の市場参加者が注目しているのは、むしろ、豪ドルなどのリスクアセット通貨です

 10月後半に1.07ドル台後半まで一時反発していた豪ドル/米ドルですが、ユーロ圏の混迷が増すに連れて急落しています。

 今週になって、パリティ(1豪ドル=1米ドル)割れ目前の1.0021ドルまで急落する場面も見られました。

豪ドル/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 4時間足

 これは、欧州の投資家がレパトリエーションを行うに連れ、キープしていた豪ドルに利益確定売りを持ち込んだことがその要因の1つとして挙げられています。

 加えて、11月は多くのヘッジファンドの決算月となるため、彼らからの豪ドルの利益確定売りも持ち込まれているもようです。

当面は、豪ドルやNZドル/米ドルといったリスクアセット通貨は、上値の重い展開が予測されます

■英国は追加の量的緩和の可能性が出てきた

 一方、今週に入って下落が鮮明になってきたのが英ポンド/米ドルです

 今週の英ポンド/米ドルは1.6100ドル近辺からジリジリと下落する展開で、ユーロ圏の混迷に連れ、上値の重い状況となっています。

英ポンド/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 4時間足

 マーケットで注目されたのが、11月16日(水)の「BOE(英中銀)インフレレポート」でした。

 まず、BOEは英国の景気見通しが「著しく悪化した」との見解を示しました。

 そして、レポートには「インフレ率がターゲットを大幅に下回る」との文言がありました。これによって「BOEは追加の量的緩和の可能性があることを示唆した」との見方が増え、英ポンド/米ドルは1.5700ドルを一時は割り込みました。

 イギリスの景況感悪化と量的緩和観測のもとで、英ポンド/米ドルは12月に向けて下げ幅を拡大し、1.5300ドル近辺まで下落するのではないでしょうか?


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る