ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

当局が日本株高&円安にしたい理由とは?
米ドル/円は200日線割れも、あっさり回復

2014年07月03日(木)18:05公開 (2014年07月03日(木)18:05更新)
西原宏一

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■RBA総裁の発言で豪ドルの動きに変化?

 低ボラティリティの環境下、豪ドル/米ドルはじりじりと上昇し、7月1日には節目の0.9506ドルまで到達(前コラムを参照)。

【参考記事】
2015年には4.25%に!? 低ボラティリティで注目集まる比較的高金利なオセアニア通貨(6月26日、西原宏一)

 主要通貨が低ボラティリティに落ち込む中、出口政策に向かう通貨が買われ、緩和継続の通貨が売られるという展開が続き、英ポンド、豪ドルは、対円、対米ドルで底堅い展開が続いていました。

 そうした利上げに向かう通貨の中から、本日一歩後退したのが豪ドル。

 後退した要因は、本日、7月3日(木)に出された以下のようなRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])スティーブンス総裁のコメントでした。

「投資家は豪ドル下落の可能性を過小評価している」
「需要下支えのため、政策はしばらく緩和的に」
「豪ドルは歴史的にみて依然として高水準」

 そして、スティーブンス総裁は「なぜ米ドルやユーロが高くないのかが問題」とも述べています。

豪ドル/米ドル 4時間足

(出所:米国FXCM

■豪ドルクロスの反落に警戒

 ここでのポイントは、豪ドル/米ドルが、7月1日(月)に0.95ドル台まで上昇した後に、このコメントが出されているということ。

 つまり、豪ドル/米ドルの0.9500ドルというレベルは容認し難いとのニュアンスを込めているとマーケットは判断。

 金利先物市場でも、わずかですが、RBAの利下げを織り込みつつあり、スティーブンス総裁のコメントで、豪ドルの流れが変わりつつあります。

 マーケットには依然として豪ドルのロング(買い建て)が残っており、豪ドル/米ドル、そして、ユーロ/豪ドルといった豪ドルクロス(米ドル以外の通貨と豪ドルとの通貨ペア)での豪ドル反落に警戒です。

豪ドル/米ドル 日足

(出所:米国FXCM

ユーロ/豪ドル 日足

(出所:米国FXCM

 本日、7月3日(木)はECB(欧州中央銀行)理事会と米雇用統計という2大イベントを控えていますが、前述のことから米ドル/円と、豪ドル/米ドル、そして、ユーロ/豪ドルといった豪ドルクロスの動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る