ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円は高値追い禁物で押し目待ち。
豪中銀総裁は0.75ドルのターゲット明言!

2014年12月18日(木)17:00公開 (2014年12月18日(木)17:00更新)
西原宏一

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■豪中銀総裁のコメントで豪ドルは下落

 このコラムで再三取り上げている豪ドルも順調に下落中。

【参考記事】
衆院選までドル/円は116~121円のレンジ。120円接近で口先介入が出やすい理由は?(11月27日、西原宏一)
米ドル/円は120円上抜け濃厚で124円へ! 利下げ予測高まる豪ドルの下落鮮明に!(12月4日、西原宏一)

 豪ドル/米ドルの上値をさらに重くしたのが、後述するRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])のスティーブンス総裁の口先介入

 2013年は頻繁に口先介入をしていたスティーブンス総裁ですが、2014年は鳴りを潜めていました。

 彼の代わりに副総裁のロウ氏が頻繁に為替レートに言及してきました。

 RBAのロウ副総裁は0.86ドルの水準でも「豪ドルは高すぎる」と通貨安に誘導する発言をしています。

【参考記事】
衆院選までドル/円は短期レンジトレード! 原油安など悪材料多数の豪ドルは売り!(12月2日、西原宏一&松崎美子)

 このロウ副総裁の口先介入に加え、ゴールドマンサックスによるRBAの0.5%の利下げ予測(以前のコラム参照)などで、豪ドル/米ドルの上値は押さえられているのですが、下落になかなか弾みがつかない状態が続いていました。

【参考記事】
米ドル/円は120円上抜け濃厚で124円へ! 利下げ予測高まる豪ドルの下落鮮明に!(12月4日、西原宏一)

 そうした状況を打破する意図があるのか、久しぶりにスティーブンス総裁が為替レートに関するコメントをしました。

「RBA’s Stevens says AUD should be closer to 0.7500」(豪ドルは0.75ドル付近にあるべき)

 スティーブンス総裁らしく、明確に為替レートのターゲットに言及しています。

 この突然のスティーブンス総裁のコメントが、豪ドル/米ドルの下落を加速させ、一時、0.81ドル台前半まで急落しました。

豪ドル/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 日足

■短期的に豪ドル/米ドルは売られすぎ状態

 短期的に豪ドル/米ドルは売られすぎの状態になっているため、コアポジションをキープしつつ、戻りをていねいに売っていきたいところ。

 多くのエコノミストは、2015年の豪ドル/米ドルの下値メドを0.77~0.78ドルとしているのですが、スティーブンス総裁が自ら0.7500ドルであるべきだと公言。

 原油を筆頭にコモディティ市況が軟調な中、アジアの資源国通貨の雄である豪ドルの下落も鮮明に。

NY原油先物 日足

(出所:米国FXCM

豪ドル/米ドル 日足 

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 日足

 スティーブンス総裁も再び口先介入に出た豪ドルの動向に注目。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
jfx記事 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る