ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
トルコリラ相場の明日は天国か? 地獄か?

2020年のトルコリラ相場と注目点を解説!
一ケタ台へ? トルコ中銀の利下げは続く!?

2019年12月25日(水)14:31公開 (2019年12月25日(水)14:31更新)
エミン・ユルマズ

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■トルコリラと逆相関関係にある原油の動きがカギに

3つ目に、「トルコ経済と原油価格」についてです。

 トルコ経済は、2018年に2.6%の成長を記録しましたが、その後、2四半期連続でマイナス成長が続いたため、リセッションに突入しました。

 足元で経済が緩やかに回復していて、OECD(経済協力開発機構)は、2019年通期で0.3%、2020年は3%のGDP成長率になると予想しています。

 長年トルコを悩ませてきた経常赤字も縮小傾向にあり、原油価格が大きく上昇しない限り、経常収支が急悪化するリスクは低いと考えます。

 以前から原油価格がトルコリラに与える影響について指摘していますが、原油価格とトルコリラは逆相関関係にあります。

【参考記事】
原油価格の反発がトルコの懸念材料に…。トルコリラ/円の22円超えは難しいのか?(1月23日、エミン・ユルマズ)
トルコ中銀のトルコリラ相場予想は楽観的? 原油上昇はトルコリラにとって悪材料(4月24日、エミン・ユルマズ)

トルコリラ/円&WTI原油先物 日足
トルコリラ/円&WTI原油先物 日足

(出所:Bloomberg)

 原油価格が、WTIで1バレル50ドル台推移すれば、トルコリラも底堅く推移することが多いです。

 一方で、原油価格が70ドルまで上昇した場合は、トルコリラにとって大きな売り圧力となります。

 足元で、WTIは60ドルを超えてきているので、原油価格の上昇トレンドが継続するかどうかを見守る必要があります。

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足

(出所:Bloomberg)


■エルドアン大統領は解散総選挙に打って出るか

4つ目は、「トルコの国内政治と解散総選挙リスク」についてです。

 2020年に、トルコの国内政治が大きく動く可能性も高まっています。

 直近では、ダウトール元首相が新しい右派政党を立ち上げていて、ババジャン元経済担当大臣とギュル前大統領の右派新政党も、来年(2020年)早々に立ち上がる予定です。

【参考記事】
8月26日早朝、トルコリラが急落したワケは? 米中貿易交渉次第で対円は17円台前半も…(8月28日、エミン・ユルマズ)
S-400テスト継続なら米国は制裁発動か。2020年夏までにトルコで総選挙実施へ!?(11月27日、エミン・ユルマズ)

 エルドアン大統領率いるAKP(公正発展党)の、今年(2019年)の地方選挙での敗北を受け、トルコ政治が動き出しています。

【参考記事】
イスタンブール市長再選挙は与党大敗! エルドアン政権弱体化で解散総選挙も…!?(6月26日、エミン・ユルマズ)

 エルドアン大統領は、2つの右派政党が力をつける前に解散総選挙をするとトルコメディアでウワサされていますが、その場合、2020年の夏に総選挙が行われることになります。総選挙前後に、トルコリラのボラティリティが高まると考えます。

■2020年の注目は、トルコ外交と国内政治の動向

最後に、「結論」をお伝えしておきましょう。

 トルコ経済の改善が続いていることは、トルコリラにとって追い風となりますが、2020年は、トルコ外交と国内政治の方がトルコリラを大きく動かす要因となりそうです。

2020年前半のトルコリラ/円の想定レンジは16~20円です。レンジの上限・下限、もしくは、レンジをオーバシュートした時は、大きなトレードチャンスです。

トルコリラ/円 週足
トルコリラ/円 週足

(出所:TradingView

トルコリラ/円が取引できるFX会社
FX会社徹底比較!:トルコリラ/円が取引できるFX会社はここだ!

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る