ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
CFD口座おすすめ比較[2024年最新版]

爆上げ中のテスラ株はバブルか? 本物か?
CFDなら売り買い自在にテスラを取引可能!

2020年02月05日(水)16:12公開 (2020年02月05日(水)16:12更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

テスラ株が爆上げ! わずか1カ月で株価は2倍に!

 中東情勢の悪化懸念に始まり、新型コロナウイルスによる肺炎感染者の拡大などが影響して、2020年の金融市場は、なかなかアクセル全開でリスクを取りに行くのが難しい幕開けだったといえます。

 こうした中、「ビットコインがバブルだったときより買われ過ぎ(投稿者意訳)」と題された記事が、大手情報通信社Bloombergから配信され、以下のようにTwitter上で拡散されるなど、非常に注目されている株の銘柄があります。米電気自動車(EV)メーカー、テスラです。

 2月4日(火)には、たった1日で前日からの上昇率が20%を超え、年初からの上昇率はすでに120%に達している、まさにビットコインバブルも真っ青な上げっぷり。

テスラ 日足
テスラ 日足チャート

(出所:GMOクリック証券

 投資家だけでなく、ウォール街などの金融関係者も、テスラの株価の話題で持ち切り状態のようで、Twitter上にもテスラに関する話題が散見されます。

テスラのCEOは何かとお騒がせなイーロン・マスク

 テスラといえば、自動運転技術も備えるEVに特化した自動車メーカー。ここのところ、記者も街でテスラのEVを見かける機会が増えたように感じています。

 昨年(2019年)末には、奇抜なデザインのEVピックアップトラックを発表し、「割れない」とされていたガラスの強度をアピールしようとパフォーマンスで金属製のボールを窓にぶつけたら、ガラスにヒビが入っちゃった…なんてことも話題になりました。

 しかし、先進的なEVやパフォーマンス以上に、何かとお騒がせな人物として注目されるのが、テスラCEO(最高経営責任者)のイーロン・マスク氏でしょう。同氏は決済サービスのベンチャー企業PayPalの創設者であり、ZOZOの元社長・前澤友作氏が民間人初となる月旅行の契約を結んだ宇宙開発会社、スペースXの共同設立者でCEOを務める人物でもあります。

 過去には、ネットのストリーム配信番組へ出演中に、大麻(マリファナ)と思われる葉巻を吸っていたことが話題になったりと、良くも悪くもイーロン・マスク氏そのものが大きく注目され、それがマーケットの中でテスラの評価を二分するなんてことも多かったと感じます。

【参考記事】
イーロン・マスクCEOに大麻騒動!? 株価は10%下落。テスラ株をカラ売りする方法は?

イーロン・マスク テスラCEO
イーロン・マスク テスラCEO

良い意味でも悪い意味でも注目されることが多い、テスラCEOのイーロン・マスク氏 (C)Getty Images

空売りしていた有力ヘッジファンドが大損!?

 そうしたマスクCEOの言動や、過去に資金繰りが悪化していると報じられたことなども相まって、テスラの株は有力ヘッジファンドなどに、空売りの格好の標的にされていたとも言われています。

 2018年12月に400ドルへ迫る水準まで上昇していたテスラの株価は、半年後の2019年6月に200ドルを割り込む水準まで下落する場面がありましたが、そこには前述した有力ヘッジファンドによる空売りの影響があったと考えることもできそうです。

 ところが、テスラが2019年6月にデビューさせた「モデル3」の受注が好調に推移していることも追い風に、200ドル台で低迷していたテスラの株価は、2019年11月に300ドルを回復。そこからはジリジリと下値を切り上げ、1月29日(水)の株式市場終了後に発表されたテスラの四半期(2019年10~12月)決算が好結果だったことから、株価は翌1月30日(木)に600ドルを突破します。

 さらに2月3日(月)、米調査会社がテスラの目標株価を大きく引き上げるレポートを出したこともきっかけに、多くの空売りポジションの決済を巻き込みながら、テスラの株価は900ドル台まで暴騰したという経緯があったようです。年初からここまでの上昇相場で、空売りポジションを保有していた投資家の合計損失額は、90億ドル(約9450ドル)に達したという報道もあります。

テスラ 週足
テスラ 週足チャート

(出所:GMOクリック証券

 一時、960ドル台まで暴騰した2月4日(火)終値時点のテスラの時価総額は、約1600億ドル(約17兆4000億円)。これは自動車メーカーとしてはトヨタ自動車(約25兆1700億円)に次ぐ世界第2位という位置になります。そんな高水準までテスラの時価総額は膨れ上がっているのです。

CFDならテスラ株を売りでも買いでも自在に取引できる!

 これだけの動きを見せられると、すぐに飛び乗るのが得策なのかどうかはわかりませんが、楽天証券、マネックス証券、SBI証券などの大手ネット証券をはじめ、米国株を取り扱っている証券会社に口座を開設すれば、テスラ株を売買することはできるでしょう。

 しかし、それよりも簡単にテスラ株を売買できるのが、個別株のCFDを取り扱っている会社で取引する方法です。

 個別株のCFDを取り扱っている会社はそれほど多くありませんが、GMOクリック証券サクソバンク証券IG証券では、テスラ株を売買することが可能です。

【参考コンテンツ】
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

 CFDは原資産の価格を対象に差金決済で取引を行う金融商品で、投資家の取引相手はCFDを取り扱う会社ということになります。なので、超厳密に言ってしまえば、テスラ株を直接売買しているわけではありませんが、価格は実際の株価に連動して動くので、テスラ株を直接売買しているのとほぼ同じような感覚で取引できます。

GMOクリック証券・はっちゅう君CFDの取引画面(テスラを表示、クリックで拡大)
GMOクリック証券・はっちゅう君CFDの取引画面

(出所:GMOクリック証券

サクソバンク証券・SaxoTraderPROの取引画面(テスラを表示、クリックで拡大>
サクソバンク証券・SaxoTraderPROの取引画面

(出所:サクソバンク証券

IG証券の取引画面(テスラを表示、クリックで拡大)
IG証券の取引画面

(出所:IG証券

 しかもCFDには、原則として売りから入ることも買いから入ることもできるという大きな特徴があります(※)。

(※場合によって、新規売りには規制が入ることもあります)

 つまり、もし今のテスラ株が踏み上げでバブルになっていて、いずれそのバブルが崩壊するとみれば、機をうかがってテスラ株の取引に売り(ショート)から参入することもできるのです。

 通常、株式で空売りをするためには信用取引を行う必要がありますが、外国株を取引できる日本の証券会社の中で、信用取引ができるところはないようです。

 「ビットコインがバブルだったときより買われ過ぎ」とも称されているテスラ株が、ここからどう動くのかはわかりませんが、原則、売りから入ることも買いから入ることもできるCFDなら、どちらに動いても取引チャンスになりそうな予感がします。

 かなりアツいこのタイミングに、GMOクリック証券サクソバンク証券IG証券で、CFDの口座を開設しておいてはいかがでしょうか?

【参考コンテンツ】
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

>>>GMOクリック証券・CFDのスペック詳細はこちら
>>>サクソバンク証券・CFDのスペック詳細はこちら
>>>IG証券・CFDのスペック詳細はこちら

(ザイFX!編集部・堀之内智)

【2024年4月最新版】おすすめのCFD口座を「取り扱い銘柄数」
「取引できる銘柄の種類」「おすすめポイント」などで比較!

■おすすめのCFD口座を「取り扱い銘柄数」「取引できる銘柄の種類」「おすすめポイント」などで比較!(2024年4月10日時点)
◆ IG証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約1万7000銘柄 50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
IG証券(CFD)のおすすめポイント
「IG証券(CFD)」の最大の特徴は、約1万7000の圧倒的な取り扱い銘柄数。国内外の膨大な数の株価指数や個別株も手軽にCFDで取引できるので、株式の取引に興味がある投資家にもおすすめです。一定の保証料を支払えば、逆指値注文(ストップ注文)がすべることなく指定したレートで必ず成立する「ノースリッページ注文」など、特殊な注文方法が使えるのもポイントです。
IG証券(CFD)の関連記事
■「IG証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼IG証券(CFD)▼
IG証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ GMOクリック証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
162銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
×
(無料)
GMOクリック証券(CFD)のおすすめポイント
「GMOクリック証券(CFD)」は、国内外の代表的な株価指数、原油や金などの国際商品(コモディティ)に加え、米国と中国の主要企業の外国株も取引できる豊富でバランスの良いラインナップが魅力です。また、数あるCFD口座の中でも取引ツールの使いやすさが群を抜いていて、CFDの初心者にもおすすめできます。ポジションごとにロスカットレートが設定される、独自のロスカットルールを採用しているという特徴もあります。
GMOクリック証券(CFD)の関連記事
■「GMOクリック証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼GMOクリック証券(CFD)▼
GMOクリック証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 岡三証券(くりっく株365) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
10銘柄 約50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(30円~)

(330円)
岡三証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「岡三証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油などを対象としたETFをCFDで取引できます。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかありますが、「岡三証券(くりっく株365)」には「くりっく株365」の取引に役立つ情報を一画面でチェックできる高機能な情報ツールなどを使えるなどといったメリットがあります。
岡三証券(くりっく株365)の関連記事
■「岡三証券(くりっく株365)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼岡三証券(くりっく株365)▼
岡三証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 楽天CFD(楽天証券) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
42銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
楽天CFD(楽天証券)のおすすめポイント
「楽天CFD」は、株価指数CFDと商品CFDの取り扱い銘柄数が業界トップクラスで、VIX指数(恐怖指数)に関連した銘柄も取引できるCFD口座。個別株の取り扱いはありませんが、楽天証券の株取引などで利用するスマホアプリ「iSPEED」を使うので、ひとつのアプリでCFDと株式の両方の取引ができるというメリットもあります。
楽天CFD(楽天証券)の関連記事
■「楽天CFD」の魅力は? 「マーケットスピードII」と「iSPEED」が使えて、株トレーダーにもおすすめ! 株価指数CFDと商品CFDはトップクラスの銘柄数!
▼楽天CFD(楽天証券)▼
楽天CFD(楽天証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 楽天MT4CFD(楽天証券) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
17銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
楽天MT4CFD(楽天証券)のおすすめポイント
「楽天MT4CFD」では、主要な株価指数12銘柄と、金・銀・原油などのコモディティ5銘柄が取引できます。MT4(メタトレーダー4)を使って取引するのが最大の特徴で、豊富なテクニカル指標を使ったチャート分析だけでなく、EA(エキスパート・アドバイザ)と呼ばれるプログラムを組み込むことで自動売買(システムトレード)も可能なCFD口座です。
楽天MT4CFD(楽天証券)の関連記事
■「楽天MT4CFD(楽天証券)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼楽天MT4CFD(楽天証券)▼
楽天MT4CFD(楽天証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ サクソバンク証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約1万1000銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
サクソバンク証券(CFD)のおすすめポイント
サクソバンク証券は、個別株・債券・ETFなどを含む、約1万1000ものバラエティに富んだCFD銘柄を取引できる人気のCFD口座です。パソコン、スマホ、タブレットなど、さまざまなデバイスで利用できるWeb版の取引ツールは、多機能ながら直感的な操作が可能。主要銘柄の取引チャンスをリアルタイムで教えてくれる、「オートチャーティスト」機能が使えるのもポイントです。
サクソバンク証券(CFD)の関連記事
■「サクソバンク証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼サクソバンク証券(CFD)▼
サクソバンク証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 外貨ex CFD(GMO外貨) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
20銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
外貨ex CFD(GMO外貨)のおすすめポイント
「外貨ex CFD」は、株価指数に関連した9銘柄、原油や金などのコモディティ(商品)に関連した10銘柄、VIX指数(恐怖指数)に関連した1銘柄を取引できる、GMO外貨のCFD口座。取引手数料は無料で、同社のFX取引でも多くの投資家から高い評価を得ている、値動きを確認しながらワンタップで注文できる「ワンタッチ注文」などを搭載した、機能性の高い専用アプリを使って取引できるのも魅力です。
外貨ex CFD(GMO外貨)の関連記事
■「外貨ex CFD(GMO外貨)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼外貨ex CFD(GMO外貨)▼
外貨ex CFD(GMO外貨)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ SBIネオトレード証券(CFD)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
31銘柄 10倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
SBIネオトレード証券(CFD)のおすすめポイント
SBIネオトレード証券のCFDでは、日米の株価指数と、米国市場に上場している企業の個別株を取引できます。個別株はApple・Amazon・Tesla・Microsoftなど、時価総額上位のグローバル企業を中心としたラインナップなので、気になる銘柄がきっと見つかるはず。個別株を取引できるCFD口座は限られているので、株式をCFDで手軽に取引してみたい方、株価の上昇と下落の両方を収益チャンスにしたい方などは、ぜひチェックしてほしい口座です。
▼SBIネオトレード証券▼
SBIネオトレード証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ トライオートETF(インヴァスト証券)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
29銘柄 5倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)

(無料)
トライオートETF(インヴァスト証券)のおすすめポイント
「トライオートETF」は、あらかじめ用意されたプログラムの中から気に入ったものを選んで稼働させるだけで、自動売買(システムトレード)ができるのが魅力のCFD口座。収益率の高いプログラムを選択することで、値動きに一喜一憂したり感情に惑わされたりすることなく、コツコツと利益を積み上げていく運用を目指してくれます
▼トライオートETF(インヴァスト証券)▼
トライオートETF(インヴァスト証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ まいにち金・銀(マネーパートナーズ)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
2銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
まいにち金・銀(マネーパートナーズ)のおすすめポイント
マネーパートナーズのCFDでは、米ドル建ての金と銀が取引できます。銘柄ごとに設定した価格になると知らせてくれる「ターゲットメール」、重要な経済指標の発表予定と結果が届く「指標アラートメール」などが提供されているのも魅力です。
▼まいにち金・銀(マネーパートナーズ)▼
まいにち金・銀(マネーパートナーズ)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ ひまわり証券(くりっく株365)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
10銘柄 約50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(15円~)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生

(147円)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生
ひまわり証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「ひまわり証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油などを対象としたETFをCFDで取引できます。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかありますが、「ひまわり証券(くりっく株365)」では独自の自動取引システムの「ループ・イフダン」を使って、CFDで自動売買(システムトレード)ができるのが最大の特徴です。
▼ひまわり証券(くりっく株365)▼
ひまわり証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ LION CFD(ヒロセ通商)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
23銘柄 10倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
LION CFD(ヒロセ通商)のおすすめポイント
「LION CFD」は、株価指数とETFを対象にした銘柄に特化したCFD口座。約定力が高く、使いやすい取引ツールや豊富な情報コンテンツ、24時間対応の電話サポートなど、ヒロセ通商がFXで培ってきたノウハウがしっかり活用されています。日米欧の代表的な株価指数やETFに関連した銘柄の取引できれば十分という人にはおすすめです。
▼LION CFD(ヒロセ通商)▼
LION CFD(ヒロセ通商)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ フィリップ証券(CFD)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
12銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
フィリップ証券(CFD)のおすすめポイント
フィリップ証券のCFD口座では、株価指数を対象とした証券CFD4銘柄、コモディティを対象とした商品CFD8銘柄の、計12銘柄を取引できます。大きな特徴のひとつに、取引ツールに自動売買も可能なMT5(メタトレーダー5)を使うという点が挙げられます。デモ口座があるので事前に取引環境やツールの操作感を試すことができるだけでなく、豊富なマニュアルも提供されているので、メタトレーダーを使うのが初めての人も安心して取引できます
▼フィリップ証券▼
フィリップ証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
※本コンテンツの調査対象はすべて個人口座となっています。また、サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社へお問い合わせください。
外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る