ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
CFD口座おすすめ比較[2023年最新版]

SBI FXトレードの暗号資産CFDとは? メリット・
デメリット含む特徴をわかりやすく解説!

2021年01月18日(月)12:05公開 (2021年01月18日(月)12:05更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

SBI FXトレードの暗号資産CFD取引サービス紹介画像

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら

 このページでは、SBI FXトレードの暗号資産CFDについて紹介します。

取り扱い銘柄やスプレッド、レバレッジ手数料などはどうなっているのか、口座開設はどうやって行うのかをわかりやすく解説します。暗号資産CFDを取り扱う会社選びの参考に、ぜひ、お役立てください。


【目次(もくじ)】

SBI FXトレードの暗号資産CFDの特徴(メリット・デメリット含む)

メジャーな暗号資産を対象とした6銘柄を取り扱い
最小注文数量が小さく、最大注文数量や保有建玉数量が大きい
スプレッドは取引数量により変わる
レバレッジ手数料が割安
取引ツールはスマホアプリとPCウェブブラウザ版
暗号資産関連の情報が充実

SBI FXトレードの暗号資産CFDの口座開設方法

口座開設は無料で簡単! 最短5分での申し込みが可能
口座開設に必要なマイナンバー確認書類と本人確認書類は?

まとめ


■SBI FXトレードの暗号資産CFDの特徴(メリット・デメリット含む)

・メジャーな暗号資産を対象とした6銘柄を取り扱い

 暗号資産CFDは暗号資産(仮想通貨)を対象とした差金決済取引(CFD)です。最大2倍のレバレッジを効かせながら、買いからも売りからも入ることが可能で、24時間365日取引することができます。

 そんな暗号資産CFDをFX専業会社として初めてリリースしたのがSBI FXトレードです。

【参考記事】
暗号資産CFDをわかりやすく解説! 暗号資産の値動きにレバレッジをかけた取引

 SBI FXトレードの暗号資産CFDの取り扱い銘柄は6銘柄。メジャーな暗号資産であるビットコイン(BTC)、エックスアールピー(XRP※)、イーサリアム(ETH)を、対円と対米ドルで取引できます。

(※XRPはリップルとも呼ばれることがある)

SBI FXトレードの暗号資産CFDの取り扱い銘柄
SBI FXトレードの暗号資産CFDの取り扱い銘柄一覧

(出所:SBI FXトレード)

 SBI FXトレードの暗号資産CFDでは対米ドル銘柄を取引できるわけですが、暗号資産を対象とした差金決済取引サービスを提供する日本の業者のなかで、対米ドル銘柄を取り扱うのはSBI FXトレードが初めて。そして、2020年12月下旬現在においても、対米ドル銘柄はSBI FXトレードでしか取引できない貴重なものとなっています。

 SBI FXトレードでは、1通貨単位から取引可能なFX取引に加え、外貨預金とFXの特徴を併せ持つ積立FX、本格的な「FX オプション」であるバニラオプションが取引できるオプションFXなど、オリジナリティあふれるサービスが展開されていますが、そこで培われた経験やノウハウが、暗号資産CFDにもしっかりと反映されていると言えそうです。

【参考記事】
「積立FX」のメリットとデメリットを徹底解説! 超低コスト・超高利回りの外貨資産運用術!?
【オプションFX】のスプレッドが大幅縮小! プロがやってるガンマトレードを個人もできる
バイナリーとFXのいいところだけドッキング!? SBI FXトレードから【オプションFX】誕生!

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら

・最小注文数量が小さく、最大注文数量や保有建玉数量が大きい

 SBI FXトレードの暗号資産CFDの特徴のひとつが1注文あたりの最小注文数量の小ささです。

 具体的には、ビットコイン/円とビットコイン/米ドルの最小注文数量は0.0001BTC、エックスアールピー/円とエックスアールピー/米ドルは1XRP、イーサリアム/円とイーサリアム/米ドルは0.001イーサリアムとなっています。

 暗号資産を対象とした差金決済取引サービスを提供する日本の業者のなかで、1注文あたりの最小注文数量の主流は、ビットコイン/円が0.01BTC、エックスアールピー/円が100XRP、イーサリアム/円が0.1ETH。SBI FXトレードでは、その100分の1の取引数量から取引可能で、1通貨から取引できるというFX取引の特徴が暗号資産CFDにも反映されていると言えます。

 ビットコイン/円が200万円で推移していると仮定すると、0.0001ビットコインを取引するのに必要な証拠金は200万円×0.0001ビットコイン÷レバレッジ2倍で100円となります。ジュースや缶コーヒー1本くらいのお金があれば、ビットコイン/円の取引を始められるというわけです。

SBI FXトレードの暗号資産CFD銘柄の最小注文数量、最大注文数量、保有建玉数量

※SBI FXトレードの取引ルールを基にザイFX!編集部が作成

 また、SBI FXトレードの暗号資産CFDは1注文当たりの最大注文数量や保有建玉上限が大きいことも特徴的です。ビットコイン/円では最大注文数量が100BTC、保有建玉上限が500BTCですが、同業他社の最大注文数量は大きいところだと25BTC、保有建玉上限は250BTCといった感じ。

 つまり、SBI FXトレードの暗号資産CFDでは小さな金額でも大きな金額でも取引できる環境が整えられており、初心者にも中・上級者にもマッチしたサービスを展開していると言えるのではないでしょうか。

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら

・スプレッドは取引数量により変わる

 SBI FXトレードのFX取引は取引数量によって適用されるスプレッドが変わるのですが、暗号資産CFDにおいてもそれは同じです。取引数量が4つの区分に区切られ、区分ごとに違うスプレッドが適用されます。

 取引数量の4つの区分は銘柄ごとに異なり、具体的には以下のようになります。

SBI FXトレードの暗号資産CFD銘柄の取引数量における4つの区分

※SBI FXトレードの取引ルールを基にザイFX!編集部が作成

 そして、SBI FXトレードは公式サイト上に明記していませんが、第1区分のスプレッドは基本的に固定されており、第2区分から第4区分は変動制となっているようです。

SBI FXトレードの暗号資産CFDのスプレッド一覧
SBI FXトレードの暗号資産CFDのスプレッド一覧

(出所:SBI FXトレード)

・レバレッジ手数料が割安

 暗号資産CFDでは買いポジションでも売りポジションでも、ポジションを翌日に持ち越すとレバレッジ手数料というコストがかかります。

 2020年12月24日(木)現在、SBI FXトレードの暗号資産CFDのレバレッジ手数料は保有建玉金額×0.039%です。

 暗号資産を対象とした差金決済取引サービスを提供する日本の業者を見てみると、レバレッジ手数料は保有建玉金額×0.04%というところが主流ですから、SBI FXトレードのレバレッジ手数料のほうが0.001%ほど割安、ということになります。

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら

・取引ツールはスマホアプリとPCウェブブラウザ版

 SBI FXトレードの暗号資産CFDの取引ツールはスマホアプリとPCウェブブラウザ版の2種類です。

 まず、スマホアプリから紹介すると、チャートは画面全体で1つのチャートが表示される通常のものと、2画面もしくは4画面に分割表示されるチャートの2種類があります。

スマホアプリの通常のチャート(左側)と分割表示のチャート(右側)
スマホアプリの通常のチャート(左側)と分割表示のチャート(右側)

(出所:SBI FXトレード)

 表示できるテクニカル指標はトレンド系が単純移動平均、一目均衡表など4種類、オシレーター系がMACD、RSIなど5種類、合計で9種類です。トレンド系が4種類だけというのは少し寂しい…感じもします。

 また、スマホアプリは横画面での表示も可能。スピード注文的な発注機能である2WAY注文では、横画面にするとチャートを大きく表示させながら取引することができます。

【参考記事】
「スピード注文系発注機能」を徹底比較! 初期設定のまま使うとキケンなことも!?

スマホアプリの2WAY注文
スマホアプリの2WAY注文画像

(出所:SBI FXトレード)

 SBI FXトレードの暗号資産CFDにおける、もうひとつの取引ツールであるPCウェブブラウザ版ですが、こちらはチャートや発注機能、建玉一覧、注文一覧、取り扱い銘柄一覧がひとつの画面でコンパクトにまとめられています。PCウェブブラウザ版の中で、暗号資産CFDとFX口座など他サービスの切り替えも可能です。

PCウェブブラウザ版の取引画面(クリックで拡大)
PCウェブブラウザ版の取引画面

(出所:SBI FXトレード)

 表示できるテクニカル指標はトレンド系9種、オシレーター系11種、合計で20種類とスマホアプリより充実したものとなっています。

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら

・暗号資産関連の情報が充実

 SBI FXトレードは暗号資産関連の情報が充実しています。暗号資産のレポートが日次、週次、月次で更新されるほか、コラム形式のものも配信されています。

 これらの情報はログインしなくても読むことができますから、暗号資産を動かしている材料や今後の見通しなどを知りたいときにはうってつけです。

SBI FXトレードの暗号資産デイリーレポート
SBI FXトレードの暗号資産デイリーレポート画像

(出所:SBI FXトレード)

■SBI FXトレードの暗号資産CFDの口座開設方法

・口座開設は無料で簡単! 最短5分での申し込みが可能

 ここからはSBI FXトレードの暗号資産CFDについて、新規口座の開設方法を紹介します。

SBI FXトレード公式サイト画像

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら

 SBI FXトレードの暗号資産CFDの新規口座開設は無料で、パソコンからでもスマホからでも簡単に行えます。必要項目の入力は1ページで完了し、最短5分での申し込みが可能です。

 ここでは、パソコンからの申し込み画面を紹介しますが、パソコンから申込んでも、スマホから申し込んでも登録する内容は同じです。

 まず、「無料口座開設はこちら」をタップし、口座開設入力フォームに移ります。申し込みサービス一覧の「暗号資産CFD取引口座」にチェックが入っているか確認しましょう。

SBI FXトレードの新規口座開設申し込み画面における、申し込みサービス一覧

(出所:SBI FXトレード)

 続いて、名前、性別、生年月日、住所、職業、年収、自己資産、投資経験などを入力。

 「店頭暗号資産証拠金取引に関するご注意」などの確認(※申込む口座の種類によって表示される確認事項は異なる)にチェックを入れて、「次画面へ」をクリックします。

 すると、申し込み内容の確認画面が表示されますので、入力事項に間違いがないかを確認し、申込みを完了します。

・口座開設に必要なマイナンバー確認書類と本人確認書類は?

 口座開設の際には、マイナンバー確認書類と本人確認書類を提出する必要があります。提出方法はウェブアップロード、メール、郵便のいずれかです。マイナンバー確認書類として利用できるものを挙げると、以下のとおりです。

口座開設で利用できるマイナンバー確認書類
・個人番号カード
・個人番号付住民票
・通知カード

【参考記事】
マイナンバーは口座開設や確定申告で必須。FX会社へマイナンバー未提出だとどうなる?

 マイナンバー確認書類として、個人番号カードか個人番号付住民票を提出する場合は本人確認書類を1点、通知カードを提出する場合は本人確認書類を2点提出する必要があります。本人確認書類として利用できるものは以下のとおりです。

口座開設で利用できる本人確認書類
・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書

 SBI FXトレードの口座開設の流れや方法・注意点については、以下の【参考記事】で詳しく解説していますので、こちらもご覧ください。

【参考記事】
●SBI FXトレード | 口座開設の流れや方法・注意点を解説

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら

■まとめ

 ここまで、SBI FXトレードの暗号資産CFDについて見てきました。暗号資産CFDの取り扱い銘柄は、メジャーな暗号資産を対象とした6銘柄で、特に、対米ドル銘柄はSBI FXトレードでしか取引できない貴重な存在です。

 最小注文数量が小さく、最大注文数量や保有建玉数量が大きいため、初心者にも中・上級者にもマッチしたサービスであると言えます。レバレッジ手数料も割安なため、暗号資産CFDを取引するのに口座開設をしておいて損はないのではないでしょうか。

【まとめ】
・ 取り扱い銘柄はメジャーな暗号資産を対象とした6銘柄
・ 対米ドル銘柄はSBI FXトレードでしか取引できない貴重な存在
・ 小さい金額でも大きい金額でも取引できる
・ レバレッジ手数料が割安

>>>SBI FXトレードの公式サイトはこちら


 暗号資産CFDについてもっと知りたい方は、「暗号資産CFDをわかりやすく解説! 暗号資産の値動きにレバレッジをかけて取引」をご覧ください。こちらでは、暗号資産CFDのしくみや取り扱い銘柄の特徴、取引ルール、税金・確定申告などを詳しく紹介しています。

【参考コンテンツ】
暗号資産CFDをわかりやすく解説! 暗号資産の値動きにレバレッジをかけて取引

(ザイFX!編集部)

【2023年1月12日時点】
■CFD口座を「取り扱い銘柄数」「最大レバレッジ」「おすすめポイント」で比較!

◆IG証券(CFD)⇒詳細情報ページへ

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約1万6000銘柄 50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
IG証券(CFD)のおすすめポイント
「IG証券(CFD)」は、約1万6000の圧倒的な取り扱い銘柄数が最大の魅力! 国内外の膨大な数の株価指数や個別株も手軽にCFDで取引できるので、株式の取引に興味がある投資家にもおすすめ。一定の保証料を支払えば、逆指値注文(ストップ注文)がすべることなく指定したレートで必ず成立する「ノースリッページ注文」など、特殊な注文方法があるもの特徴。
IG証券(CFD)の関連記事
■「IG証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼IG証券(CFD)▼
IG証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆GMOクリック証券(CFD)⇒詳細情報ページへ

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
147銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
×
(無料)
GMOクリック証券(CFD)のおすすめポイント
「GMOクリック証券(CFD)」は、国内外の代表的な株価指数、原油や金などの国際商品(コモディティ)に加え、米国と中国の主要企業の個別株も取引できる豊富でバランスの良いラインナップが魅力。また、数あるCFD口座の中でも取引ツールの使いやすさが群を抜いていて、CFDの初心者にもおすすめ。ポジションごとにロスカットレートが設定される、独自のロスカットルールを採用しているもの特徴。
GMOクリック証券(CFD)の関連記事
■「GMOクリック証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼GMOクリック証券(CFD)▼
GMOクリック証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆岡三証券(くりっく株365)⇒詳細情報ページへ

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
7銘柄 約50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(30円または156円)
×
(330円)
× ×
岡三証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「岡三証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油を対象としたETFをCFDで取引できる。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかあるが、「岡三証券(くりっく株365)」は、「くりっく株365」の取引に役立つ情報を一画面でチェックできる高機能な情報ツールなどを使えるなどのメリットがある。
岡三証券(くりっく株365)の関連記事
■「岡三証券(くりっく株365)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼岡三証券(くりっく株365)▼
岡三証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆楽天MT4CFD(楽天証券)⇒詳細情報ページへ

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
17銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
×
(無料)
× ×
楽天MT4CFD(楽天証券)のおすすめポイント
「楽天MT4CFD」では、主要な株価指数12銘柄と、金・銀・原油などのコモディティ5銘柄が取引できる。MT4(メタトレーダー4)を使って取引するのが最大の特徴で、豊富なテクニカル指標を使ったチャート分析だけでなく、EA(エキスパート・アドバイザ)と呼ばれるプログラムを組み込むことで自動売買(システムトレード)も可能になる。
楽天MT4CFD(楽天証券)の関連記事
■「楽天MT4CFD(楽天証券)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼楽天MT4CFD(楽天証券)▼
楽天MT4CFD(楽天証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆サクソバンク証券(CFD)⇒詳細情報ページへ

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約9000銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
サクソバンク証券(CFD)のおすすめポイント
「サクソバンク証券(CFD)」は、約9000のバラエティに富んだCFD銘柄が取引できる人気のCFD口座(アドバンスコースの場合)。数々のアワードを受賞した取引ツールは多機能ながら直感的な操作が可能で、取引のチャンスをリアルタイムで教えてくれる「オートチャーティスト」機能が使えるのもポイント。
サクソバンク証券(CFD)の関連記事
■「サクソバンク証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼サクソバンク証券(CFD)▼
サクソバンク証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆DMM CFD(DMM.com証券)⇒詳細情報ページへ

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
13銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
×
(無料)
× ×
DMM CFD(DMM.com証券)のおすすめポイント
「DMM CFD」は、取引手数料が無料、シンプルで使いやすい取引ツールが魅力のCFD口座。日米欧の代表的な株価指数7銘柄、米ドル建ての商品6銘柄が取引できる。取引できる銘柄の数はそれほど多くないが、厳選されていて銘柄選びに迷うことが少ないのがメリット。CFD初心者や、メジャーな銘柄に的を絞ってCFDを取引したい人におすすめ。
DMM CFD(DMM.com証券)の関連記事
■「DMM CFD(DMM.com証券)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼DMM CFD(DMM.com証券)▼
DMM CFD(DMM.com証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆選べるCFD(FXプライムbyGMO)⇒詳細情報ページへ

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
4銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他
× ×
(無料)
× ×
選べるCFD(FXプライムbyGMO)のおすすめポイント
「選べるCFD」は2022年8月にサービスがスタートした、金・銀・原油・天然ガスの4つのコモディティ(商品)銘柄に特化したCFD口座。高機能な専用アプリがあり、同社のFX取引でも多くのユーザーから人気のある、チャート分析ツールの「ぱっと見テクニカル」が使えるのも魅力。過去の値動きを参考に将来の値動きを予測してくれるので、特にチャート分析に自信のない人にはおすすめ。取引手数料は無料、最大レバレッジは20倍など、CFDとしての基本的なスペックをしっかり押さえているのもポイント。
選べるCFD(FXプライムbyGMO)の関連記事
■「選べるCFD(FXプライムbyGMO)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼選べるCFD(FXプライムbyGMO)▼
選べるCFD(FXプライムbyGMO)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆トライオートETF(インヴァスト証券)

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
29銘柄 5倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
×
(無料)

(無料)

(無料)
トライオートETF(インヴァスト証券)のおすすめポイント
「トライオートETF」は、あらかじめ用意されたプログラムの中から気に入ったものを選んで稼働させるだけで、自動売買(システムトレード)が可能になるのが魅力。収益率の高いプログラムを選択することで、値動きに一喜一憂したり感情に惑わされたりすることなく、コツコツと利益を積み上げていく運用を目指してくれる
▼トライオートETF(インヴァスト証券)▼
トライオートETF(インヴァスト証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆まいにち金・銀(マネーパートナーズ)

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
2銘柄 20倍 ×
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他
× ×
(無料)
× ×
まいにち金・銀(マネーパートナーズ)のおすすめポイント
マネーパートナーズのCFDでは、米ドル建ての金と銀が取引できる。銘柄ごとに設定した価格になると知らせてくれる「ターゲットメール」、重要な経済指標の発表予定と結果が届く「指標アラートメール」などが提供されているのも魅力。
▼マネーパートナーズ(CFD)▼
マネーパートナーズ(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆ひまわり証券(くりっく株365)

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
7銘柄 約50倍 ×
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(15円または147円)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生
×
(147円)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生
× ×
ひまわり証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「ひまわり証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油を対象としたETFをCFDで取引できる。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかあるが、「ひまわり証券(くりっく株365)」では独自の自動取引システムの「ループ・イフダン」を使って、CFDで自動売買(システムトレード)ができる
▼ひまわり証券(くりっく株365)▼
ひまわり証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)

◆LION CFD(ヒロセ通商)

取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
9銘柄 10倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
× × × ×
LION CFD(ヒロセ通商)のおすすめポイント
「LION CFD」は、株価指数を対象にした取引に特化したCFD口座。約定力が高く、使いやすい取引ツールや豊富な情報コンテンツ、24時間対応の電話サポートなど、ヒロセ通商がFXで培ってきたノウハウがしっかり活用されている。日米欧の代表的な株価指数が取引できれば十分という人にはおすすめ。
▼LION CFD(ヒロセ通商)▼
LION CFD(ヒロセ通商)の詳細はこちら(公式サイトへ)
※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。また、サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社へお問い合わせください。
外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る