ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
  • 2012年03月23日(金)
    ポンド/ドルは今度こそ「教科書どおり」に
    反落する! ドル/円は引き続き上昇基調か

    ■ドルインデックスの上昇には、円以外の「役割」も必要  足元の為替相場は一進一退を繰り返している。ドルインデックスは3月15日(木)高値から反落が続いていたが、1週間経った22日(木)になって、ようやく下げ止まったように見える。  先週のコラムでも申し上げたが、米ドル全体の… more

  • 2012年03月16日(金)
    多少の買われ過ぎサインは強気シグナル。
    米ドル/円は85.52円、87.57円が射程に!

     引き続き、為替市場は米ドル高の基調となっており、米ドル/円は一時、84.18円まで上昇した。  また、このような米ドル/円の堅調な値動きが、主要通貨ペアをリードしている。そして、米ドルの全面高を押し進めている印象が強い。 ■近日中に、ドルインデックスは年初来高値を更新へ … more

  • 2012年03月09日(金)
    誤解を恐れずに言えば、
    ギリシャ問題はユーロ相場を左右しない!

    ■米ドル高のモメンタムが失われているように見える  足元の為替市場では、一進一退が繰り返されている。  先週のコラムで指摘したように、ドルインデックスの「78」は極めて重要である。先週(2月27日~)はこの節目が守られたため、米ドル高の基調となっていた(「マーケットは春景色… more

  • 2012年03月02日(金)
    マーケットは春景色となるか?春吹雪か?
    ドルインデックスの「78」が超重要ポイント!

    ■急速に市場心理が改善している  3月に入り、春の足音が聞こえてきた。為替市場においても、米ドル/円が「厳冬」のような安値圏から脱出し、その他のメジャー通貨も高値圏で推移し続けている。  クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)も総じて堅調で、株高と相まって、急速に市場… more

  • 2012年02月24日(金)
    今回の円安は「ホンモノ」の可能性が高い。
    米ドル/円は85円、豪ドル/円は90円へ!

    ■最近の円安トレンドは「ホンモノ」になる可能性が高い!  足元の為替市場では、米ドル安と円安の基調が続いている。  通貨ペア別に見ると、ユーロ/米ドルと米ドル/円の値動きが目立っており、前者は年初来高値を更新し、後者は昨年7月以来の高値をトライしている状況だ。  また、米… more

  • 2012年02月17日(金)
    19カ月サイクルがユーロの切り返しを示唆。
    性急なユーロ売りは避けたほうがいい

    ■なぜ、ドルインデックスが週明けから反騰したのか?  週明け(2012年2月13日から始まる週)から米ドルの切り返しが鮮明となり、特に対円では上値トライの雰囲気が濃厚だ。ドルインデックスは再び80の節目をトライし、2月16日(木)にやっと一服感が出たものの、なお勢いを維持してい… more

  • 2012年02月10日(金)
    「米ドル安はまだ続く」と結論できた
    シンプルで皮肉なある方法とは?

     米ドルの対円を除く主要通貨に対する下落が続いている。  米ドル安モメンタム継続を証左するものとして、2月3日(金)に発表された米雇用統計が有力な材料と言えるだろう。 ■米雇用統計は良かったのにドルインデックスは安値更新  マーケットの想定よりかなり良かった米雇用統計は米ド… more

  • 2012年02月03日(金)
    「問題児」ユーロの反発が続くワケは?
    切り返し一服との性急な判断は避けたい

    ■言われるほど、QE3を危惧したドル売りは見られない  為替市場では、米ドル安の基調が続いている。ドルインデックスは78.62まで反落し、円をはじめ、主要通貨は対米ドルでの高値圏をキープしている。  先週のFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果を踏まえた米ドル売りであるが、そ… more

  • 2012年01月27日(金)
    「FRBショック」を大げさに解釈するな!
    QE3実施でもインパクトは強くないとみる

    ■「FRBショック」でマーケットの基調は米ドルの投げ売りへ  足元の為替市場では、主要通貨に対する米ドルの反落が顕著となっている。  前回のコラムでは、先週以降のユーロなど外貨の切り返しの背景を解説させていただいたが、日本時間1月26日(木)未明から、「外貨のショートカバー(… more

  • 2012年01月20日(金)
    仏格下げが「プロ」の絶好の利食いの場に。
    ギリシャ破綻があれば好材料になり得る!

    ■ユーロは売り一色のムードが後退し、反発基調に  今週に入り、為替相場に変化が現れてきた。ユーロは売り一色のムードが後退し、対米ドル、対円でも反発してきた。  また、「キャリートレード」が行われている可能性が濃厚なユーロ/豪ドルでさえ、買い戻しが優勢となっている(「過去最高の… more

  • 2012年01月13日(金)
    過去最高のユーロ・ショートはバブルか?
    ユーロキャリーが広がりつつある可能性も

    ■円高傾向が止まらない根本的な3つの原因とは?  足元の為替市場では、米ドル高と円高の基調が強まっている。ドルインデックスは81.50の高値をトライし、これに相まって、ユーロ/米ドルは16カ月ぶり安値(米ドルは対ユーロで16カ月ぶり高値)を更新した。  また、ユーロ/円の98… more

  • 2012年01月06日(金)
    今のユーロ危機は周知されている危機。
    新材料が出なければ暴落はないとみる

     明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いします。 ■早ければ今週中、遅くても今月中にもフランスが格下げ!?  新年早々、ユーロが再び急落してきた。ユーロ/米ドルは1.2800ドル割れ、ユーロ/円は99円割れとなっており、このことは多くの市場参加者にとって… more

  • 2011年12月26日(月)
    【2012年相場見通し】米ドル/円の16~17年
    サイクルは2011~12年の底打ちを示唆!

     2011年もあと少しで終りである。そこで、本日は、2011年の回顧と2012年の展望の意味合いを兼ねて、私見を述べさせていただきたいと思う。 ■2011年のサプライズは円の堅調?  まず2011年の為替市場だが、サプライズをあげるとすれば、それは円の堅調、あるいは2007年… more

  • 2011年12月16日(金)
    売買高の落ち込みが激しい年末相場は
    波乱に注意。ユーロの大リバウンドも!

     足元の為替市場では、米ドル高に一段と弾みがついている。ドルインデックスは80の大台に乗せてきており、ユーロ/米ドルは年初来安値を更新(米ドルは対ユーロで年初来高値を更新)した。  前回のコラムでは、いったんリバウンドした後に年初来安値を更新していくといったシナリオを示したが、… more

  • 2011年12月09日(金)
    EU首脳会議の結果がどうなろうと、
    急激なユーロ崩壊はないと読む理由とは?

    ■各国中銀もユーロ崩壊に備え始めた  足元の為替市場はこう着状態となっており、市場関係者は固唾(かたず)を飲んでEU(欧州連合)首脳会議の動向を見守っている。  この12月8日(木)~9日(金)開催の会議は「ユーロの存亡に関わる」とさえ言われているが、いかに重要なのかは、次の… more

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★2,000円分Amazonギフト券(Eメールタイプ)(トライオートFXで自動売買にて1万通貨以上の新規または決済取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる66万通貨以上の新規取引で。44万通貨上では10,000円、22万通貨以上では5,000円。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)・インヴァスト証券[トライオートFX](10月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる66万通貨以上の新規取引で。44万通貨上では10,000円、22万通貨以上では5,000円。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](10月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](10月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで5万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(入金で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月29日まで)
  • ★ザイFX!独自★2,000円キャッシュバック(5万通貨以上の往復取引で)+最大5,000円キャッシュバック(20万通貨以上の往復取引で)・ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4](10月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.11108.36

USDJPY

ユーロ/円-0.13120.54

EURJPY

英ポンド/円+0.03139.61

GBPJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月21日更新


どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月18日更新

米ドル/円は110円近くへ上昇する可能性があるが、リスクオンは続かない!?





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果