ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

シルバー(銀)が2週間で30%も暴落!
連れて下がった資源国通貨は買いか?

2011年05月06日(金)15:48公開 (2011年05月06日(金)15:48更新)
西原宏一

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 このニュースが流れると、ユーロ/米ドルは1.4900ドルから1.4508ドルまで、ユーロ/円は119.83円から116.44円まで急落しました。

ユーロ/米ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 1時間足

ユーロ/円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 1時間足

 5月5日(木)のNY市場では、クロス円が一時全面安の展開となっています。

 友人のヘッジファンドも、5月に入って豪ドル/米ドルのほとんどのポジションを利益確定させているとのこと。

 そして、来月の利上げ予測が大幅に後退したユーロについても、目線は下になっているようです。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 ユーロ/米ドルは5月4日(水)に1.4940ドルまで上値を伸ばしており、彼らの目標値であった1.5000ドル近くまで上昇したため、いったん調整局面入りしたと考えている模様です。

豪ドル/円は80~83円まで調整すれば、絶好の買い場か

 ただ、中期での豪ドル/米ドルに対しての見方は変えていないようです。

 上記のソロス・ファンドの報道も、「ソロス自身のコメントによって、コモディティや資源国通貨が下落した局面で、再びロングを再構築しようとしているのでは?」との見方です。

 有名な債券ファンドであるPIMCOのユーロと豪ドルに対する見方が紹介されていたので、下に示しておきます。

「債券ファンド最大手、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、ユーロ相場の現状の強さはユーロ圏が混乱状態に陥り得るリスクを適切に反映していないとし、今後ユーロは下落するとの見通しを示した。

 PIMCOの欧州為替責任者、トーマス・クレッシン氏(ミュンヘン在勤)は3日、ロンドンでのインタビューで、同社は高成長を達成し、債務水準が低く、中央銀行が引き締め策を取っているオーストラリアやシンガポール、韓国、スウェーデンなどの国の通貨を購入していることを明らかにした」(出所:5月4日付のBloomberg)

 5月5日(木)の海外市場ではクロス円全般が急落したため、日本のメディアでは取り上げられていませんが、ユーロ/豪ドルも200ポイント近く急落しています。

ユーロ/豪ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/豪ドル 日足

 つまり、豪ドルは対ユーロでは急騰しているのです。

 ただ、短期的にはコモディティ価格が依然軟調であるため、豪ドル/円はまだ反落の可能性が高いです。

豪ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/円 日足

 仮に、豪ドル/円が80~83円レベルまで調整すれば、そこは絶好の買い場となるのではないでしょうか?


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事
CFD口座おすすめ比較 メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る