ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

トリシェコードが利上げ示唆でも、ユーロの
上値は限定的か? 1.41ドル割れへ急落も

2011年07月07日(木)15:29公開 (2011年07月07日(木)15:29更新)
西原宏一

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■ギリシャ問題先送りでユーロ/スイスが急反発した

 先週末はユーロ/スイスフランが急反発しました。ギリシャ問題の一時停戦で、多くの市場参加者がrisk offに備えてロング(買い持ち)にしていたスイスフランを売り返す動きが活発化したのです。

 加えて、オプションも含めてショート(売り持ち)にしていたユーロを買い戻す動きも加速し、ユーロ/スイスフランは1.1807フランから、わずか1週間強で550ポイントも急反発しています。

 そして、週明けの7月4日(月)には、一時1.2357フランまで急騰しました。

ユーロ/スイスフラン 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 4時間足

 連れて、ユーロ/米ドルは1.4577ドル、ユーロ/円は117.77円まで反発しました。

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

ユーロ/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 4時間足

 ギリシャ問題は再び先送りされました。

 マーケットは安ど感とともに、今週の週初までは「株は回復、ユーロ/スイスフランは反発、豪ドル/円は堅調」というように、risk onというか、soft patch(*)という状態となりました。

(*soft patch:経済成長が一時的に鈍化したり、足踏み状態になっていることを表す比喩的な表現のこと)

格付け機関による格下げが欧州周辺国を追い込んでいる!?

 しかし、7月5日(火)のNY市場で次のような報道が流れると、マーケットに再び不安感が漂い始めました。

 それは、7月6日(水)の日本時間早朝に伝えられた「ムーディーズがポルトガルの格付けをBaa1からBa2に引き下げ~見通しはネガティブ」というものです。

 ギリシャ問題は一服したものの、そのソブリンリスク(国家に対する信用リスク)はポルトガルに伝染し、戻り基調にあったユーロ/スイスフラン、ユーロ/米ドル、ユーロ/円の流れを一変させました。

 今回の格下げの理由は、「ポルトガルは市場からの資金調達が徐々に難しくなっている」とのことでした。

 ただ、そもそも格付け会社による格下げが、これらの国の市場からの資金調達を難しくしている面もあり、レーティングエイジェンシーによる格下げが欧州周辺国を追い込んでいるとも言えます。

 なにか矛盾していますね……。

ユーロ/スイスしだいでユーロ安に拍車がかかる可能性も

 ともあれ、7月6日(水)の欧米市場では、欧州周辺国のスプレッド(金利上乗せ幅)が拡大しています。特に、ポルトガル、アイルランドのスプレッド拡大が顕著になっています。

 マーケットはリスクオフの流れとなり、再び資金はスイスフランに集中しています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る