ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

【元ミス慶応 葉那子が本気で挑む「FX道!」】
ひろぴーの実践トレード塾 第3講(3) FXトレードの売買サインを見つけ出そう!

2013年08月26日(月)12:47公開 (2022年06月20日(月)17:07更新)
ザイFX!編集部

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

「ひろぴーの実践トレード塾 第3講(2)根拠の弱いトレードは失敗につながる…」からつづく)

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 さて、今回から、新たなテクニカル分析、フィボナッチ・エクスパンションが登場します。

今回からまた新たなテクニカルのオペンキョーです

元のトレンドに戻った時にどこまで伸びるのか?

フィボナッチ・エクスパンションとは、トレンド発生中の調整の戻り、もしくは押しから、再び元のトレンドへ戻った時に、どこまで伸びていくかを測るテクニカル指標です。

 たとえば、下のチャートのように、AからBへ下落した後、調整でCまで上昇し、再び下落に転じたとします。

 そして、どこまで下落するかという目安を測る時に使用するのが、フィボナッチ・エクスパンションです。

フィボナッチ・エクスパンション100%は、ABの下落と同じだけ分だけ下落したポイントという意味になります。

フィボナッチ・エクスパンションで一般的によく使われる数値は、61.8%100%161.8%ですが、ひろぴーさんは、この他にも127.2%や200%も使用するそうです。

エントリーと利益確定の目安を探す

 そして、ひろぴーさんが教えてくださったフィボナッチ・エクスパンションの使用方法は2種類あり、1つは、エントリーポイント、もう1つは利益確定の目安となるポイントを探ります。

 まず1つ目のエントリーポイントですが、これまで当連載で取り上げてきた、フィボナッチ・リトレースメントといっしょに使用していきます。

 以前ご紹介したコンフルエンスでは、2つのフィボナッチ・リトレースメントが重なるラインを探してきましたが、今回は、フィボナッチ・リトレースメントと、フィボナッチ・エクスパンションが重なる、アグリーメントを探します

 実践トレード塾、第1回目からの記事も併せてチェックしてみてください。

【参考記事】
ひろぴーの実践トレード塾(1) 出社前の30分で分析&注文を入れよう!
ひろぴーの実践トレード塾(2) ディナポリ分析でスラストを探せ!
ひろぴーの実践トレード塾(3) 移動平均線と水平線の使い方を知ろう!
ひろぴーの実践トレード塾(4) RCIを効果的に使う方法とは?
ひろぴーの実践トレード塾(5) フィボナッチ+4つのポイントで精度UP!
ひろぴーの実践トレード塾 第2講(1) 負けトレード検証から見えた成功への道
ひろぴーの実践トレード塾 第2講(2) 成功トレードにも反省の種がいっぱい
ひろぴーの実践トレード塾 第2講(3) ディナポリ上級編「コンフルエンス」に挑戦
ひろぴーの実践トレード塾 第2講(4) トレード失敗を減らす精度を高めるワザ
ひろぴーの実践トレード塾 第3講(1) 10月の本命相場に向けて大反省会!
ひろぴーの実践トレード塾 第3講(2)根拠の弱いトレードは失敗につながる…

 実践編の前の、ひろぴーさん1回目の取材記事はこちらです。

【参考記事】
ひろぴーのスイングトレード講座(1) 27歳の兼業トレーダーが勝てる理由
ひろぴーのスイングトレード講座(2) トレードの土台となる3つの要素とは?
ひろぴーのスイングトレード講座(3) 世界中のトレーダー注目のポイントを狙え!
ひろぴーのスイングトレード講座(4) 主婦トレーダーとのタッグで勝率アップ!?
ひろぴーのスイングトレード講座(5) 堅実トレードでも30代中盤で資産1億円に!?

アグリーメントもやはりジョー・ディナポリ氏のテクニカル用語なのですが、基本的に2つのラインが重なるポイントという意味では、コンフルエンスと似た考え方です。

 先に使用したユーロ/円4時間足チャートと同じものを使用して、このアグリーメントをご説明します。

 ABの下落に対する戻しのBCに対してフィボナッチ・リトレースメントを引きます。

その78.6%と、フィボナッチ・エクスパンションの61.8%が重なるゾーンアグリーメントと言い、ここがロングエントリーのポイントになります。

 2つのフィボナッチ・リトレースメントが重なるコンフルエンスと似ていますよね?

 「トレンドは出ているのに、なかなかコンフルエンスが見つからない、という時は、エクスパンションを引いてみると、このアグリーメントがあるかもしれません」とひろぴーさん。

大事なところなので写真撮っておきます

 出現確率はあまり高くはありませんが、フィボナッチの応用編として覚えておくといいですね。

 次回は、フィボナッチ・エクスパンションを使った利益確定ポイントの探し方と、秋の相場に向けて習得したい分割決済の方法をご紹介します。

「ひろぴーの実践トレード塾 第3講(4) 3回に分けて利益確定する時の目安は?」へつづく)


【葉那子のトレード報告:2013年8月19日(月)~8月23日(金)】

0勝1敗1分

負けトレード:英ポンド/豪ドル -32.7pips(-289円)

引き分けトレード:NZドル/米ドル +0.5pips(+4円)

合計収支:-285円

口座残高:8万9023円

 下の画像は私が実際に取引に使っているヒロセ通商[LION FX]の約定履歴です。

売買履歴(クリックで拡大)


  先週は、NZドル/米ドルで戻り売りをしたのですが、+30pipsまで含み益が出た時点でストップを建値に移動したのですが、ストップにかかった後、大きく下落するという悔しい結果となりました。

 また、英ポンド/豪ドルは4時間足の23.6%と、1時間の38.2%のコンフルエンスでロングエントリーしたものの、こちらは損切り。

 先週は米ドル/円も動き出してきたので、今週は円絡みの通貨ペアも注目したいと思います

(取材・文/葉那子 撮影/和田佳久)

【2023年2月6日時点】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆松井証券「MATSUI FX」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
※スプレッドは成行(ストリーミング)注文に適用される水準。それ以外の注文方法では、通貨ペアによってはスプレッドの水準は異なる
【松井証券「MATSUI FX」の関連記事】
■松井証券「MATSUI FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券「MATSUI FX」▼
松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら

◆マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア
※1万通貨までの注文量に適用されるスプレッド。ユーロ/米ドルは、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の関連記事】
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」▼
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の公式サイトはこちら

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア 1通貨
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1000通貨
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを 解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比 較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら

◆ゴールデンウェイ・ジャパン⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.1銭原則固定 0.3銭原則固定 0.2pips原則固定 29ペア 1000通貨
※ユーロ/円は、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【ゴールデンウェイ・ジャパンの関連記事】
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF GX-FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ゴールデンウェイ・ジャパン▼
ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
 ユーロ/米ドル

◆ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 51ペア 1000通貨
※米ドル/円、ユーロ/円は、日本時間10時~翌28時までの時間帯に適用されるスプレッド
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら

◆JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 38ペア 1000通貨
※米ドル/円、ユーロ/円は、日本時間10時~翌28時までの時間帯に適用されるスプレッド
【JFX「MATRIX TRADER」の関連記事】
■「JFX「MATRIX TRADER」」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら

◆外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2023年3月4日までのキャンペーンスプレッド
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る