ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

為替相場にトランプ・ラリー再来!?米ドル続伸
のサイン点灯、米国株もまだ崩壊しない!

2017年06月16日(金)17:15公開 (2017年06月16日(金)17:15更新)
陳満咲杜

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米利上げで「バイ・ザ・ファクト」、米ドル下落トレンド終焉か

 このところ、米経済指標が示す景気状況はまだら模様だが、今週(6月12日~)のFOMC(米連邦公開市場委員会)直前に発表された指標は予想を下回る内容だった。

 しかし、これは「塞翁が馬」で、結果的に米ドルの反転をもたらしたとみる。

前回の本コラムの指摘どおり、3月利上げ後の米ドルのパフォーマンスが典型的な「セル・ザ・ファクト」だったから、今回は直前まで米ドルが下落していたことが逆に「バイ・ザ・ファクト」をもたらし、米ドルの反転を促したわけだ。

【参考記事】
過去2回の米利上げ後は米ドル安に…。でも今回は違うとみる! それはなぜか?(2017年6月9日、陳満咲杜)

 ドルインデックスから考えてみると、一昨日(6月14日)の安値トライは2017年年初来の安値更新を果たしたものの、高く大引けして、同日の安値更新が「ダマシ」である可能性を示唆した。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

 昨日(6月15日)大きく反騰し、6月9日(金)高値のブレイクをもって一昨日(6月14日)のチャートの意味合いを明確化した。

 すなわち、一昨日(6月14日)のチャートは「フェイクセットアップ」のサインを点灯、ショート筋が「わな」に引っ掛かったことで、一転して上昇方向へ「セットアップ」されたわけで、これから続伸する公算が高い。

 反騰トレンドの継続は、5月30日(火)高値のブレイクがあれば、一段と強まる見通しで、同高値はベア(下落)トレンドの終焉を意味する「転換点」として位置づけられる。

■米ドル/円は6月2日高値111.70円のブレイクをめざすだろう

 同じように、米利上げ直前の安値更新が米ドル/円でも見られたが、昨日(6月15日)の大幅反騰をもって同安値が「ダマシ」であったことを示し、また、6月9日(金)高値のブレイクをもって、昨日(6月15日)のチャートが「フェイクセットアップ」のサインだったとして認定された。

 このサインは、5月高値を起点とした調整子波の終焉を告げる重要なサインであり、これから6月2日(金)高値のブレイクをめざすだろう。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:FXブロードネット)

 同高値を「転換点」と見なし、ブレイクがあれば、4月安値を起点とする上昇波に復帰するわけで、5月高値114.36円の再打診につながる見通しだ。

 ちなみに、6月2日(金)高値111.70円のブレイクがあれば、米ドル/円日足におけるGMMAチャートが再び「トビウオ」(短期移動平均線グループと長期移動平均線グループのゴールデンクロス)のサインを点灯する見込みであるから、米ドルのブル(上昇)基調は一段と証左されるだろう。

 ドルインデックスと米ドル/円の値動きから考えると…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る