国内暗号資産取引アプリダウンロード数1位のコインチェック!

資本金わずか1000万円。金融庁登録がある
仮想通貨交換業者は100%安全なのか?

2018年02月13日(火)00:18公開 [2018年02月13日(火)00:18更新] 井口稔[ザイFX!編集長] バックナンバー一覧へ>>

数百円から取引できる!トレイダーズ証券みんなのコイン登場!

■第2弾ではDMM系のDMM Bitcoinが金融庁へ登録

 さて次に、金融庁への仮想通貨交換業者登録第2弾だが、これが発表されたのは2017年12月1日のことだった。このときは下表のとおり、4社が新たに登録された。

仮想通貨交換業者一覧
(2017年12月1日登録)
登録番号 仮想通貨
交換業者名
資本金
関東財務局長
第00010号
株式会社
DMM Bitcon
12億9000万円
関東財務局長
第00011号
株式会社ビット
アルゴ取引所東京
1000万円
関東財務局長
第00012号
エフ・ティ・ティ
株式会社
1000万円
近畿財務局長
第00003号
株式会社Xtheta 6000万円

※資本金は各社公式サイトなどをザイFX!編集部が調査してまとめた

※資本準備金を含む場合もあります

 さらに、2017年12月26日にはもう1社が登録された。これが第3弾ということになる。

仮想通貨交換業者一覧
(2017年12月26日登録)
登録番号 仮想通貨
交換業者名
資本金
関東財務局長
第00013号
株式会社BIT
OCEAN
1000万円

※資本金は各社公式サイトなどをザイFX!編集部が調査してまとめた

※資本準備金を含む場合もあります

 この第2弾、第3弾の会社のうち、DMM Bitcoinは登録時には東京ビットコイン取引所という社名だったものが、その後、変更されたもの。DMM BitcoinDMM.com証券と同じDMM.comグループが運営する仮想通貨交換業者であり、資本金も12億9000万円と10億円を超えている。

【参考記事】
DMM Bitcoinを徹底調査! アルトコインが豊富なFX(レバレッジ取引)のスプレッドは?

 そのイメージキャラクターはDMM.com証券と同じくローラだ。DMM Bitcoinの公式サイトではローラが金ピカに輝いて存在感を示しており、メジャーな仮想通貨交換業者がまた新たに登場したという感がある。

DMM Bitcoinのウェブサイト
DMM Bitcoinのウェブサイト

■資本金がわずか1000万円という会社が3社

 だが、2017年12月に金融庁登録を果たした会社のうち、DMM Bitcoin以外の4社はどうだろうか。

 これら4社は資本金がいずれも1億円に満たない。さらに、わずか1000万円という会社が3社もある。

 改正資金決済法(通称:仮想通貨法)では金融庁登録にあたって、資本金は1000万円以上あればよいことになっており、1000万円でも適法ではあるのだが、多額の顧客資産を預かる可能性がある仮想通貨交換業者としてはこの資本金の額では心許ないのではないだろうか。

 なお、2017年2月12日現在、この4社のうち、ビットアルゴ取引所東京とXthetaは営業を休止している模様だ。また、エフ・ティ・ティは仮想通貨販売所を運営する以外に、FXの情報商材を販売している会社のようだ。そして、BIT OCEANは公式サイトと思われるところへ行ってみると、ほとんどの内容が英語で書かれている。

 これらのことを読者のみなさんはどう思われるだろうか?

 個々の会社の内情というものは、そう簡単にはわからない。金融庁はどのような方針で登録を認めているのか、細かいところもわからない。

 ただ、金融庁に登録していればまあまあ安全と言えるかも…と筆者としては考えたかったのだが、今はそうとも言い切れず、やはり「金融庁登録は最低条件」ぐらいに考えるしかないということを改めて感じている。

■みなし仮想通貨交換業者がどこなのか公表されていなかった

 最後にコインチェックと同様のみなし仮想通貨交換業者について触れておこう。

 おさらいしておくと、みなし仮想通貨交換業者とは改正資金決済法施行以前から、仮想通貨交換業を行っていた業者であり、同法施行から6カ月以内に登録を申請したが、まだ登録が完了しておらず、といって登録を拒否もされていない状況にある業者のことだ。

 そのような状況であるならば、金融庁登録が完了していなくても、今のところは仮想通貨交換業の営業をしていてOKということなのだ。

 といっても、金融庁は最近になるまでどの会社がみなし仮想通貨交換業者に該当するのかということを公表していなかった(※)。ということは、金融庁登録をしていない会社が仮想通貨交換業の営業をしていた場合、ユーザーとしてはそれが違法営業なのか、合法営業なのか、判断することが実質できない状態にあったということになる。

(※コインチェックのように、現在はみなし仮想通貨交換業者として営業している、ということを自分で発表している会社はあった。ただ、金融庁サイドからの公式な発表はこれまでなかった)

 この微妙な状況はコインチェック事件が勃発して、しばらく経ってから解消された。それは2018年2月2日に金融庁から発表された「コインチェック株式会社に対する立入検査の着手及び仮想通貨交換業者に対する報告徴求命令の発出について」というリリースによってだった。

 これはコインチェックへ立入検査することなどを知らせるリリースだったのだが、それ以外に報告徴求命令を仮想通貨交換業者に対して行ったことも書かれており、そこにみなし仮想通貨交換業者の社名が列挙されていたのだ。

 このような変則的な発表の仕方により、みなし仮想通貨交換業者がどこなのかが、金融庁から公式に明らかになったのだった。

■家入一真氏率いるCAMPFIREもみなし仮想通貨交換業者

 現在、みなし仮想通貨交換業者は全16社あり、その一覧は下表のとおりだ。

<みなし仮想通貨交換業者>
仮想通貨
交換業者名
資本金
コインチェック
株式会社
9200万円
みんなのビットコイン
株式会社
3000万円
Payward Japan株式会社 3000万円
バイクリメンツ株式会社 3000万円
株式会社CAMPFIRE 11億6000万円
東京ゲートウェイ 
株式会社
不明
(ウェブサイトに記載なし)
株式会社LastRoots 6000万円
(クラウドファンディングで6.3億円調達)
株式会社deBit 2000万円
株式会社エターナルリンク 7500万円
FSHO 株式会社 3000万円
株式会社来夢 1000万円
ビットステーション
株式会社
不明
(ウェブサイトに記載なし)
ブルードリームジャパン
株式会社
1500万円
株式会社
ミスターエクスチェンジ
1000万円
株式会社BMEX 1000万円
株式会社bitExpress  4000万円

※資本金は各社公式サイトなどをザイFX!編集部が調査してまとめた

※資本準備金を含む場合もあります

 全16社のうち、資本金が1億円以上あることがハッキリしているのはCAMPFIREのみ。残りの15社はコインチェックを含め、資本金が1億円未満か不明の会社ばかりだ。

CAMPFIREはpaperboy&co.(現GMOペパボ)の創業者である家入一真(いえいりかずま)氏が代表を務めるクラウドファンディングの会社であり、テックビューロが提供するCOMSAを利用したICOを実施するという話が一時、流れていたが、それはのちに否定された。

 また、CAMPFIREは「FIREX」という仮想通貨取引所を運営していたが、それは現在、休止中となっている。

【参考記事】
「ICO」とは? 「IPO」と何がどう違うの?テックビューロ発、「COMSA」のしくみは?

 これ以外にみんなのビットコインは、みんなのFXでおなじみのトレイダーズ証券の系列会社だ。

 また、Payward Japanは米国の大手仮想通貨取引所・krakenを運営する会社の日本法人。krakenはCMEのビットコイン先物が参考基準レートを算出するために使っている4つの仮想通貨取引所の1つであり、欧米ではメジャーな存在だ。ザイFX!に掲載しているビットコインのチャートはこのkrakenが提供しているレートから生成している。

【参考記事】
ビットコイン/円がついに200万円突破!! CMEビットコイン先物は日本で取引できる!?

■「ナゾ」と感じられるみなし仮想通貨交換業者が多い

 このようにみなし仮想通貨交換業者の中には筆者も「知っている顔」が含まれてはいるものの、「ナゾ」と感じられる会社が多いのも事実(あくまで個人の感想にすぎないが…)。

みなし仮想通貨交換業者には三重県、愛知県、岐阜県、福岡県、沖縄県など首都圏以外に位置する会社が結構あるのも目を引いた(別に仮想通貨交換業者が首都圏に位置しなければならないという法律があるわけではないが…)。

独自の仮想通貨を発行しているとする会社が散見されるのも気になる話だった。

 そんな中から1つだけご紹介しよう。先ほどの一覧表にある来夢という会社は資本金1000万円。公式サイトを見ると、「株式会社来夢は三重県鈴鹿市の輸入商社です」と書かれており、豊かな自然を感じさせる写真が画面いっぱいに拡がる。

株式会社来夢 公式サイト
株式会社来夢 公式サイト

みなし仮想通貨交換業者の1つ、株式会社来夢の公式サイト。どこが仮想通貨に関係あるのだろう?と感じてしまう画面だが…。

 来夢は「ワンタッチテント、書画カメラ、LEDライト等ユニークな商品」を扱っているという。

 仮想通貨とは何の関係もない会社に見えるが、仮想通貨に関する事業もやっており、それは「フィジカル・ビットコインのOEM、製造、販売からビジネス応用に関するコンサルティング」とのことだ。

 フィジカル・ビットコインとは、ビットコインを現実に手に触れることができるコインにしたもののようだ。コールドウォレットの一種と言っても良さそうなのだが、ここでは詳細は差し控える。

このような会社がみなし仮想通貨交換業者の1つということであり、現時点では、仮想通貨交換業の営業を行っていれば、それは合法ということになるのだ。

■金融庁が“ずるずる営業”をもう続けさせないとの方針に…

 なお、金融庁登録の本来の期限とされていた2017年9月30日からもう4カ月以上が経過している。なのに、みなし仮想通貨交換業者はまだたくさんあり、ずるずると営業可能な状態に置かれたままだ。みなし営業が可能な期間に今のところ制限は実質ないようだ。そんな中で、今回のコインチェック事件は起きた。

 金融庁としても、このまま“無期限みなし営業”をずるずる続けさせていいのか、疑問を感じたのか、2月10日には金融庁が「『みなし業者』が営業できる期間を限定する方向で検討している」との報道が共同通信から流れた。その報道によると、「一定期間を経ても安全管理体制が不十分で基準を満たさない場合は登録を拒否する方針」とのことだ。

 また、同じく2月10日には、金融庁が無登録のまま仮想通貨交換業を続けている業者へ対し警告を出す方針、ということを日経新聞の電子版が伝えている。今回警告を出す予定なのはマカオに本社があるブロックチェーンラボラトリーという会社だという。同社は金融庁無登録のまま、日本で営業活動を行っているとのことだ。

 ちょっと緩い感じで進んできたのでは?と思われる金融庁の仮想通貨交換業者対応も、コインチェック事件を受けて、厳しさを増しつつあるということが感じられる昨今だ。

 以上、仮想通貨交換業者およびみなし仮想通貨交換業者についてお伝えしてきた。

ザイFX!としては、金融庁へ正式に登録された仮想通貨交換業者でない業者で仮想通貨の取引をすることはおすすめできない。

さらにいえば、金融庁に登録されていれば100%安心というわけでもないと考える。それぞれの会社が信用できるかどうかは、総合的にさまざまな情報を元にして個々に頭を悩ませて考えるしかないのだ。

(ザイFX!編集長・井口稔 編集協力/ザイFX!編集部・庄司正高)

前のページへ
この記事を各ソーシャルメディアで共有する
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在のいいね数 2811人ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロワー数 110754人ザイFX!のtwitterをフォローする

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

みんなのコイン
ビットコイン・仮想通貨の取引所&販売所を紹介!くわしくはこちら

人気記事アクセスランキング

  1. 12月15日(金)12:47更新【超初級】 ビットコイン・仮想通貨入門(5)マイニングとはいったい何をしているのか?(上岡由布子[ザイFX!編集部])
  2. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引所/販売所を比較! おすすめは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 01月17日(水)18:33更新【ビットフライヤー】ってどう? 口座開設方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説(向井友代[ザイFX!副編集長])
  4. 03月19日(火)15:45更新【コインチェック】ってどう? 口座開設方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説(向井友代[ザイFX!副編集長])
  5. 02月20日(火)17:52更新ビットコイン/仮想通貨の確定申告総まとめ。税金はいくら? 簡単に計算できるツールは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  1. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引所/販売所を比較! おすすめは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 02月07日(月)13:45更新紹介コードは「BIGBOSS」 ビットポイントの新CMに新庄剛志さんが登場! 簡単確実に6000円相当がもらえちゃう大盤振る舞いキャンペーン実施中!(山口学[ザイFX!スタッフライター])
  3. 11月30日(木)19:23更新【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(0)大物2人がツイッター上でにわかに激突!(井口稔[ザイFX!編集長])
  4. 01月17日(水)18:33更新【ビットフライヤー】ってどう? 口座開設方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説(向井友代[ザイFX!副編集長])
  5. 03月26日(土)08:30更新トレイダーズ証券[LIGHT FX コイン]ってどう?メリットやデメリットを含む特徴を紹介!(ザイFX!編集部ほか)
  1. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引所/販売所を比較! おすすめは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 05月12日(木)17:05更新【上場後の値動き追記】 GMOコインによる国内2例目のIEO募集は5月18日(水)まで。国内初のIEOでは、上場後30分で販売価格の11倍、1カ月で24倍以上の暴騰!(ザイFX!編集部ほか)
  3. 12月28日(木)12:00更新仮想通貨初心者でも1分でわかる「ビットコイン」の基礎知識!(堀之内智[ザイFX!編集部])
  4. 11月18日(水)16:15更新暗号資産CFDとは? 仮想通貨FXとは何が違う?レバレッジは? 手数料は? 税金は?(ザイFX!編集部ほか)
  5. 02月07日(月)13:45更新紹介コードは「BIGBOSS」 ビットポイントの新CMに新庄剛志さんが登場! 簡単確実に6000円相当がもらえちゃう大盤振る舞いキャンペーン実施中!(山口学[ザイFX!スタッフライター])
  1. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引所/販売所を比較! おすすめは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 11月18日(水)16:15更新暗号資産CFDとは? 仮想通貨FXとは何が違う?レバレッジは? 手数料は? 税金は?(ザイFX!編集部ほか)
  3. 07月18日(水)16:05更新ホリエモン仮想通貨祭(2) 1800倍以上に爆騰したイーサリアムが取り出せなくなった!?(井口稔[ザイFX!編集長])
  4. 05月12日(木)17:05更新【上場後の値動き追記】 GMOコインによる国内2例目のIEO募集は5月18日(水)まで。国内初のIEOでは、上場後30分で販売価格の11倍、1カ月で24倍以上の暴騰!(ザイFX!編集部ほか)
  5. 02月07日(月)13:45更新紹介コードは「BIGBOSS」 ビットポイントの新CMに新庄剛志さんが登場! 簡単確実に6000円相当がもらえちゃう大盤振る舞いキャンペーン実施中!(山口学[ザイFX!スタッフライター])

さらに人気記事アクセスランキングを見る>>

ザイFX!トップに戻る ザイFX!×MT4トップに戻る
↑ページの先頭へ戻る