ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円のトリッキーな動きの背後にIMM
のポジション動向。まだ円売り余地十分か

2018年07月19日(木)15:55公開 (2018年07月19日(木)15:55更新)
今井雅人

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■今年の米ドルはトリッキーな動き

米ドル/円は今週(7月16日~)、一時113.14円まで米ドル高・円安が進行しました。実に、今年(2018年)の1月以来の水準です。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

今年の米ドルを見ると、非常にトリッキーな動きであったことがわかります。

 まず、年初に112円台でスタートした米ドル/円は、1月8日(月)に113.39円をつけて、前年(2017年)11月につけた114円台をうかがう動きをしていました。背景には、米国の政策金利の上昇がありました。

 しかし、相場はその後、大方の予想に反して、米ドル安・円高に向かい、3月まではほぼ、一方的な動きとなりました。

 そして、3月23日(金)と翌営業日26日(月)の両日に、104.64円の年初来最安値をつけました。

 その後、相場は反転し、ここまで逆に、ほぼ一本調子に米ドル高・円安が進行してきて、113円台回復となっています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

■米政策金利の上昇では理解し難い相場

 今回の米ドル高の背景は、米国の政策金利の上昇ということになっていますが、この流れは年初からありました。

 そして、政策金利に関しては、ほぼ市場の予想どおりに上がってきています。

米政策金利の推移

※FRBのデータを基にザイFX!が作成

 それにも関わらず、年の前半は米ドル安、そして、中盤からは米ドル高という、まったく逆の反応を見せています。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

非常に、理解が難しい相場展開でした。

■IMMのポジション動向と米ドル/円に相関が!

 実は、このことを考えるのに興味深いのは、いつも当コラムで紹介している、IMM(国際通貨先物市場)のポジション動向です。

 IMMのポジションには、「商業ベース」と「非商業ベース」があります。

 商業ベースは、通常の商取引に関連した売買であると考えると、投機目的のポジションは、非商業ベースを見れば良いということになります。

 このIMMのポジションは、毎週金曜日に、その週の火曜日の段階での数値が、週次の結果として発表されています。

 そこで、米ドル/円の非商業ベースのポジションの推移を見てみると、1月9日(火)の段階で円ショート(=売り越し)、つまり、米ドル/円のロング(=買い)ポジションが約12万5000枚と、今年(2018年)最大となっています。

IMM(国際通貨先物市場)における非商業ベースのポジション状況(米ドル/円)2018年~
IMM(国際通貨先物市場)における非商業ベースのポジション状況(米ドル/円)2018年~

※CFTCのデータを基にザイFX!が作成

 これは、米ドル/円が今年(2018年)の年初来高値をつけた1月8日(月)と、ほぼ同時期です。

 そして、その後は、ほぼ毎週、米ドル/円のロングポジション(=円の売り越し)は…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る