ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米大統領選でバイデン氏勝利・上下両院も
民主党優勢なら、ユーロ/ドルは1.24ドルへ!?

2020年10月27日(火)11:59公開 (2020年10月27日(火)11:59更新)
バカラ村

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■迫る米大統領選! 参加者の多くは様子見姿勢

 市場の注目は、ブレグジット(英国のEU離脱)交渉と米大統領選です。ブレグジット交渉は、まだ時間がかかる可能性がありますが、米大統領選は来週、11月3日(火)となります。

【参考記事】
米大統領選とは? 制度のしくみや特徴、米ドルなどの為替相場や株価への影響を解説
ブレグジット=英国のEU離脱とは? 欧州連合離脱の経緯、離脱までの過程を解説

 米大統領選は、バイデン氏が支持率では優勢となっていることもあり、米長期金利は0.87%台まで上昇。為替市場では、米ドル安に推移しました。

米長期金利(10年物国債利回り) 4時間足
米長期金利(10年物国債利回り) 4時間足チャート

(出所:TradingView

ドルインデックス 4時間足
ドルインデックス 4時間足チャート

(出所:TradingView

支持率ではバイデン氏が優勢ですが、まだ、トランプ大統領が勝利する可能性も十分にあります。

 市場予想がはっきりしていれば、織り込む動きも想定されますが、現時点でも、どちらが勝利しても不思議ではなく、さらに、4年前がサプライズだったこともあって、今回は、様子見姿勢のままの参加者も多くいます。

 そのため、米大統領選までは動きにくい状態が続くのではないかと思います。

【参考記事】
米大統領選、あまり予想に執着しないで! そのときの動きについていくトレードを(10月20日、バカラ村)

■大方の予想どおりなら、ユーロ/米ドルは1.24ドルトライも

市場予想で多いのは、バイデン氏が勝利し、上下両院の議席も民主党が過半数となることです(※)。

(編集部注:11月3日(火)は、米大統領選と同時に上院選も実施される。そこで民主党が過半数の議席を獲得すれば、すでに過半数の議席を有している下院とあわせて、上下両院で民主党が優勢になる)

 これになると、バイデン氏は政策を実行に移しやすくなるため、大規模な財政出動も出てきます。

【参考記事】
米大統領選挙後のマーケットの動きを予想。カギとなる財政支出は、上院選の結果次第か(10月14日、志摩力男)
米大統領選、トリプルブルーなら増税を掲げるバイデン氏勝利でも株高・円安に!(10月8日、西原宏一)

ジョー・バイデン民主党候補

バイデン氏が勝利し、上下両院で民主党が過半数の議席を占めれば、大規模な財政出動も出てくるとバカラ村氏は指摘 (C)Scott Olson/Getty Images News

 そのため、長期金利は上昇し、為替市場は長期的には米ドル安になる、という予想が多くあります。

 私としては、この場合は、ユーロ/米ドルの買いが良いのではないかと考えています。

 ユーロ/米ドルは現在、1.20ドルで上値を止められていますが、そのときは、2018年2月の高値水準となる1.24ドルをトライしにいく動きも、期待できるのではないかと思います。

【参考記事】
米大統領選挙後も、ドル安継続の可能性。ユーロ/米ドルは中期的に1.30ドル予測も(10月22日、西原宏一)

ユーロ/米ドル 週足
ユーロ/米ドル 週足チャート

(出所:TradingView

■トランプ大統領勝利なら、リスク選好の株高・米ドル安か

 バイデン氏が勝利しても、上院で共和党が過半数の議席を維持して「ねじれ国会」になったときは、政策が通りにくいこともあり、リスク選好にはなりにくいように思います。

 そして、トランプ大統領が勝利した場合は、リスク選好になりやすいように思います。

 季節性でも、年末に向けてリスク選好になりやすい時期でもあるため、株式市場は強く、為替市場は米ドル安になりやすいのではないかと考えています。

【参考記事】
米ドル/円は戻り売り。11月から年末にかけて、リスク選好の米ドル安に期待!(9月15日、バカラ村)

■負けを認めない場合も想定しておきたい

 ただ、注意する点としては、僅差でトランプ大統領が負けたときは、訴訟にまで発展する可能性があり、しばらくは、不安定な推移となりやすくなります。

ドナルド・トランプ大統領

もしトランプ大統領が僅差で負けたときは、訴訟にまで発展する可能性があり、しばらく不安定な推移になりやすくなるとバカラ村氏は指摘する (C) Chip Somodevilla/Getty Images News

 今は、ペロシ下院議長(民主党)と、ムニューシン財務長官の間で、追加経済対策の協議が続いていますが、折り合いはつかず、米大統領選後に合意すると考えられます。

【参考記事】
米大統領選前の追加経済対策とりまとめは難しいか。為替市場は、神経質な展開続く(10月15日、西原宏一)

 合意すれば、米国株は上昇することになるのですが、米大統領選で負けた方が認めない状態が続けば、追加の経済対策の合意がさらに延びる可能性があるため、新型コロナウイルスの影響を受けた企業や個人にお金が回らず、リスク回避となって、円高になるのではないかと思います。

世界の通貨VS円 週足
世界の通貨VS円 週足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 週足

 今回は、新型コロナウイルスの影響で郵便投票も増えているため、その可能性も十分にあるかと考えています。

【参考記事】
米大統領選、郵便投票の影響で大混乱に!? 討論会はバイデン氏がうまく立ち回ったか(9月30日、志摩力男)

■動いている方向へ、ついて行くのが良い

 基本的には、様子見している人が多いことから、結果がはっきりすれば不透明感がなくなり、トレンドが出る可能性があると考えています。

 予想と違う方向へ推移したとしても、その動いている方向へついて行くのが良いと思います。

 4年前は、トランプ大統領が勝つとリスク回避になるという予想が多かったですが、そのとおりの動きにならなかったこともあって、今回も、あまり予想に執着せずに、動いた方向へ乗る方が良いと思います。

【参考記事】
米大統領選、あまり予想に執着しないで! そのときの動きについていくトレードを(10月20日、バカラ村)

 ただ、米大統領選で、負けた方が負けを認めないような状況が続くようであれば、トレンドは期待できないのではないかと思いますので、今回の米大統領選は、難しいと考えています。

※次回のコラムは、11月2日(月)の公開予定となります。

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング ザイ投資戦略メルマガ トルコリラスワップポイントランキング
人気FX会社ランキング ザイ投資戦略メルマガ トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る