ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円はピークから10円以上下落!さらなる
下落余地はあるのか?今年最後のイベントとなる
日銀会合でサプライズがあるとすれば…!?

2023年12月15日(金)18:18公開 (2023年12月15日(金)18:18更新)
今井雅人

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 YouTube動画「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」では、今井さんがトレード戦略を中心に為替マーケットのポイントを解説します。メルマガ「ザイFX!FXプレミアム配信with 今井雅人」とも連動しているので、コラムと合わせてご覧いただきトレードの参考にしてください。
【※関連記事はこちら!】
元邦銀チーフディーラー今井雅人のYouTube「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」始動!ザイ投資戦略メルマガ連動のFXトレード戦略を毎週配信!


パウエル議長が利下げに言及!FOMCはまさかのサプライズに

 今週(12月11日~)は、各国中央銀行の政策会合ウィークでした。

 まずは、FOMC(米連邦公開市場委員会)。今年(2023年)最後のFOMCでは、政策金利は据え置きとなりました。事前予想通りであったので、市場もほとんど動かず、これで終わるのかと思っていたところに、パウエルFRB議長から爆弾発言が出ました。

 会合の中で、「利下げのタイミングについての議論があった」と利下げの可能性に言及したのです。これまで、パウエルFRB議長は「利下げの議論をするのは時期尚早である」と何度も発言してきました。それが、初めて利下げについての話を口にしたのです。

 まさにサプライズでした。

 会見では、今後の状況次第では追加利上げもあると保険をかけた発言はしていますが、マーケットは利下げのほうにしか目がいかなくなってくると思います。

 発言を受けて、米国の長期金利はさらに低下し、10年物国債の利回りは4%を割り込んでいます。

米長期金利 日足
米長期金利 日足

(出所:TradingView

 どれぐらいのペースになるかはわかりませんが、今後は米ドルには下落圧力がかかり続けると思います。

 ただ、米ドル/円もピークから10円以上下落しましたので、ここからさらに急落していくという状況ではありません。来週(12月18日~)、日銀が何かの動きを見せない限り141~143円程度に落ち着くのではないでしょうか。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!FXプレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

ECBは政策金利据え置きで利下げ議論もなし。ユーロ/米ドル、ユーロ円は上昇

 次にECB(欧州中央銀行)です。ECBも理事会で政策金利の据え置きを決めました。

 ECBに関しては、FRBよりも早く利下げをするのではないかという観測が出ていたのですが、ラガルドECB総裁が「利下げについて全く議論しなかった」と発言したことに加え、一部通信社が事情に詳しい関係者の話として「ECB当局者は利下げは市場の見込みより遅くなるとの見解でほぼ一致した」と報じたことがサプライズとなって、ユーロに買いが入り、ユーロ/米ドル、ユーロ/円ともに上昇しました。

ラガルド総裁は利下げについてまったく議論しなかったと発言した (C)Visual China Group/Getty Images

ラガルド総裁は利下げについてまったく議論しなかったと発言した (C)Visual China Group/Getty Images

 また、メキシコ中銀は、金利を据え置いた上で「金利はしばらくの間現在の水準に維持する必要がある」と早期利下げ観測を否定する形となっています。その他、SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])やBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])なども会合があり、金利を据え置いていますが、特段サプライズはありませんでした。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!FXプレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

最後のイベントは日銀金融政策決定会合。もしサプライズがあるとすれば?

 以上のことを総合して考えると、今後予想できることは、米ドル/円も当然頭は重くなってくると思いますが、それよりも欧州通貨に対して、米ドル安が進みやすいということだと思います。

 ただ、多くの欧米の投資家は年内の大きな取引は控えていますので、動きとしてはゆっくりとしたものになるでしょう。

 そして、今年(2023年)最後のイベントは来週(12月18日~)の日銀の金融政策決定会合です。

 植田日銀総裁が国会で「年末年始はチャレンジングな状況になる」と発言したことが波紋を広げています。

 マイナス金利を変更するようなことはないと思いますが、ひょっとするとYCC(イールドカーブ・コントロール)の撤廃などが発表される可能性は否定できません。

 もし、そうなれば、当然激しい円買いが想像できます。米ドル/円も140円を割り込む可能性もあると思います。逆に特に政策変更なく終わった場合は、その後はクリスマスまで静かな動きとなってくると思います。日銀の動きに注目をしておきましょう。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較
経済指標速報記事 トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る