ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で4000円もらえる

  • 2018年12月20日(木)07時50分
    今後はパウエルプット期待できず

     米連邦準備制度理事会FRBは連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り政策金利を0.25%ポイント引き上げた。

    同時に発表されたスタッフ予測では2019年の国内総生産(GDP)やインフレ見通しが引き下げられた。また、2019年の利上げ見通しも従来の3回から2回に引き下げられたほか、長期の見通しも従来の3.0%から2.8%へ引き下げられた。その後に行われた会見で、パウエル議長は、「9月会合以降、逆流が出現」「利上げペースに多くの不透明感がある」と指摘。また、インフレが予想を下回ると指摘したほか、インフレ基調で、「FOMCが今後の政策で辛抱強くなることが可能」とするなど、ハト派色も多く見られた。

    しかし、声明では市場が期待していたほどハト派色が見られなかった。文言の削除も予想されていた「さらなる暫定的な利上げが必要」との文言は、「いくらかさらなる暫定的な利上げが必要」と修正して維持された。バランスリスクも「リスクは広範に均衡」を維持。ただ、「景気見通しで、世界経済や金融、資産の展開を監視していく」と加えた。

    パウエル議長は会合後の会見で、「経済の健全性が本日の利上げを正当化する」とし、勢いは弱まるものの、FRBの見通しで2019年の経済は依然強く、段階的な利上げを続ける方針を示した。最近の金融市場のひっ迫や世界経済の成長に関する懸念を認識しているとしながらも、利上げ軌道を修正するほどパニック状況になく、市場には金融支援がもはや必要ではないと、市場説得に努めた。今後の株式市場はパウエルプットが期待できない。市場も金融支援なく、拡大できる底堅さが必要となる。

    ■FOMC声明キーポイント

    1)政策金利を 2.25%-2.50% に引き上げるか、2.00%-2.25%に据え置きか
    政策金利を 2.25%-2.50% に引き上げ

    2)「段階的な利上げ」

    経済活動の持続的な拡大と、強い労働状況、インフレが中期的目標の2%に近い状況から「さらなる段階的な利上げを予想」⇒「いくつかのさらなる利上げがふさわしいと判断」に修正。一部では文言の削除が予想されていた。

    3)リスクバランス
    「リスクは広範に均衡」と維持。しかし、「見通しで、世界経済や金融、資産の展開を監視する」と加えた。

    4) 経済判断の引き下げ

    「経済活動は強いペースで拡大」との判断を維持。一部では、「強いペース」から「緩やかなペース」への引き下げなどが予想されていた。

    5)反対票
    利上げは全会一致。

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)07時49分
    世界各国通貨に対する円:対ドル0.03%安、対ユーロ0.17%安

                      現在値    前日比       %   前日終値
    *ドル・円           112.55円   +0.03円    +0.03%   112.52円
    *ユーロ・円         128.06円   +0.22円    +0.17%   127.84円
    *ポンド・円         142.00円   -0.22円    -0.15%   142.22円
    *スイス・円         113.17円   -0.22円    -0.20%   113.40円
    *豪ドル・円          79.98円   -0.82円    -1.01%   80.80円
    *NZドル・円         76.44円   -0.60円    -0.78%   77.03円
    *カナダ・円          83.42円   -0.14円    -0.17%   83.56円
    *南アランド・円        7.82円   -0.02円    -0.28%    7.84円
    *メキシコペソ・円       5.59円   -0.01円    -0.13%    5.60円
    *トルコリラ・円       21.27円   +0.23円    +1.10%   21.04円
    *韓国ウォン・円        9.97円   -0.02円    -0.15%    9.98円
    *台湾ドル・円         3.65円   +0.01円    +0.16%    3.65円
    *シンガポールドル・円   81.99円   -0.12円    -0.15%   82.11円
    *香港ドル・円         14.38円   -0.01円    -0.07%   14.39円
    *ロシアルーブル・円     1.67円   -0.00円    -0.11%    1.67円
    *ブラジルレアル・円     28.89円   +0.10円    +0.34%   28.79円
    *タイバーツ・円        3.44円   -0.00円    -0.06%    3.44円
                  年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
    *ドル・円            -0.12%   114.55円   104.56円   112.69円
    *ユーロ・円           -5.34%   137.50円   124.62円   135.28円
    *ポンド・円           -6.72%   156.61円   139.90円   152.23円
    *スイス・円           -2.17%   118.56円   108.52円   115.68円
    *豪ドル・円           -9.14%   89.09円   78.57円   88.03円
    *NZドル・円         -4.38%   81.57円   72.26円   79.94円
    *カナダ・円           -6.96%   91.58円   80.55円   89.66円
    *南アランド・円       -13.40%    9.29円    7.08円    9.03円
    *メキシコペソ・円       -2.30%    6.16円    5.27円    5.73円
    *トルコリラ・円       -28.30%   30.31円   15.46円   29.66円
    *韓国ウォン・円        -5.65%   10.68円    9.63円   10.56円
    *台湾ドル・円         -3.59%    3.84円    3.57円    3.79円
    *シンガポールドル・円    -2.74%   85.50円   79.19円   84.30円
    *香港ドル・円         -0.13%   14.61円   13.33円   14.40円
    *ロシアルーブル・円     -14.69%    1.99円    1.57円    1.95円
    *ブラジルレアル・円     -15.09%   35.13円   26.39円   34.02円
    *タイバーツ・円        -0.66%    3.54円    3.30円    3.46円

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)07時33分
    NY金先物は小幅続伸、通常取引ではユーロ高を意識した買いが入る

    COMEX金2月限終値:1256.40 ↑2.80

     19日のNY金先物2月限は小幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.80ドルの1オンス=1256.40ドルで通常取引を終了した。ただし、時間外取引では一時1262.20ドルまで買われたものの、米追加利上げ決定後に1245.40ドルまで反落した。通常取引ではユーロ高を意識した買いが入ったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果判明後にユーロは反落したことから、安全逃避的な金買いは縮小した。


    ・NY原油先物:反発、供給過剰への懸念和らぐ

    NYMEX原油1月限終値:47.20 ↑0.96

     19日のNY原油先物1月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+0.96ドルの47.20ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時48.00ドルまで買われた。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は「石油輸出国機構(OPEC)やその他の主要産油国は来年も減産を続ける」との見方を示したことが好感されたようだ。原油在庫の減少幅は予想を下回ったが、特に嫌気されなかったようだ。

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)06時37分
    【ディーラー発】ドル買い戻し優勢(NY午後)

    FOMCでは市場予想通り政策金利の利上げが決定、来年の利上げ見通しも3回から2回へ下方修正されたものの、思惑的な売りが先行していたドルは買い戻しが優勢に。ユーロドルは1.1364付近まで、ポンドドルが1.2607付近まで反落したほか、豪ドルドルも0.7086付近まで下値を拡大。また、クロス円ではユーロ円が一時127円54銭付近まで、ポンド円が141円58銭付近まで値を崩す場面が見られた。一方、ドル円は112円66銭付近まで上値を伸ばし本日高値を更新。6時37分現在、ドル円112.459-469、ユーロ円127.973-993、ユーロドル1.13797-805で推移している。

  • 2018年12月20日(木)06時30分
    本日のスケジュール

    <国内>
    08:50 対外・対内証券投資(先週)
    13:30 全産業活動指数(10月) 2.0% -0.9%
    15:30 黒田日銀総裁が会見
    16:00 コンビニエンスストア売上高(11月)  -1.5%

      日銀政策委員会・金融政策決定会合(2日目、終了後直ちに結果発表) -0.10% -0.10%
      AmidAホールディングスが東証マザーズに新規上場(公開価格:1460円)
      Amaziaが東証マザーズに新規上場(公開価格:1320円)


    <海外>
    06:45 NZ・貿易収支(11月) -8.80億NZドル -12.95億NZドル
    06:45 NZ・GDP速報(7-9月) 2.7% 2.8%
    09:30 豪・失業率(11月) 5.0% 5.0%
    19:00 ブ・週次景気動向調査
    19:00 ブ・FGV建設コスト(12月)  0.26%
    21:00 英・イングランド銀行(英中央銀行)が政策金利発表 0.75% 0.75%
    22:30 米・フィラデルフィア連銀製造業景況指数(12月) 15.0 12.9
    22:30 米・新規失業保険申請件数(先週)  20.6万件
    24:00 米・景気先行指数(11月) 0% 0.1%

      インドネシア・中央銀行が政策金利発表 6.00% 6.00%


    ----------------------------------------------------------------
    注:数値は市場コンセンサス、前回数値

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)06時19分
    NY原油先物は反発、供給過剰への懸念和らぐ

    NYMEX原油1月限終値:47.20 +0.96

     19日のNY原油先物1月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+0.96ドルの47.20ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時48.00ドルまで買われた。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は「石油輸出国機構(OPEC)やその他の主要産油国は来年も減産を続ける」との見方を示したことが好感されたようだ。原油在庫の減少幅は予想を下回ったが、特に嫌気されなかったようだ。

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)06時09分
    小幅続伸、通常取引ではユーロ高を意識した買いが入る

    COMEX金2月限終値:1256.40 ↑2.80

     19日のNY金先物2月限は小幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.80ドルの1オンス=1256.40ドルで通常取引を終了した。ただし、時間外取引では一時1262.20ドルまで買われたものの、米追加利上げ決定後に1245.40ドルまで反落した。通常取引ではユーロ高を意識した買いが入ったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果判明後にユーロは反落したことから、安全逃避的な金買いは縮小した。

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)05時59分
    12月19日のNY為替・原油概況

     
     19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円09銭まで下落後、112円64銭まで上昇し、112円60銭て引けた。

    米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを実行するも、来年の利上げペースが引き下げられるなどのハト派的な利上げを織り込むドル売りが優勢となったのち、市場が期待したほどFOMCがハト派色を強めなかったため、ドル買いが再燃。

    ユーロ・ドルは、1.1439ドルまで上昇後、1.1365ドルまで下落して1.1380ドルで引けた。

    欧州委がイタリア制裁を見送ったことを好感し、いったんユーロ買いが強まったが、FOMCの利上げを受けドル買いが再燃。

    ユーロ・円は、128円38銭から127円55銭まで下落した。

    ポンド・ドルは、1.2607ドルから1.2675ドルのレンジ内で上下に振れた。

    ドル・スイスは、0.9907フランから0.9953フランまで上昇した。


     19日のNY原油は反発。米週次統計で、原油在庫の減少したことが買い材料となった。

    [経済指標]
    ・米・11月中古住宅販売件数:532万戸(予想:520万戸、10月:522万戸)
    ・米・7-9月期経常収支:-1248億ドル(予想:-1250億ドル、4-6月期:-1012億ドル←-1015億ドル)


    【金融政策】
    ・米連邦公開市場委員会(FOMC)
    ・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25ポイント引き上げ2.25
    -2.50%とすることを決定

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)05時32分
    大証ナイト終値20600円、通常取引終値比320円安

    大証ナイト終値20600円、通常取引終値比320円安

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)05時00分
    全般ドル高も、株安でドル円は112円前半に押し戻し

     米連邦公開市場委員会(FOMC)結果を受けての金融市場全般の動きはまちまち。米10年債利回りは2.77%台に低下し、米株は下げに転じている。為替市場ではドル買いが優勢となっているが、ダウ平均が300ドル安まで下落するなど米株が下げに転じたことで、ドル円は112.63円を頭に112.30円近辺に押し戻された。
     また、ユーロドルは1.1370ドル近辺、ポンドドルは1.2620ドル近辺で上値が重く、豪ドル/ドルは0.7110ドル、NZドル/ドルは0.6799ドルまで安値を更新した。

  • 2018年12月20日(木)04時40分
    ドル円、112.63円まで高値更新

     FOMC結果公表後に全般ドル買いが優勢となる中、112円前半で小幅の上下にとどまっていたドル円は112.63円までわずかながら高値を更新した。また、ユーロドルは1.1380ドル近辺、ポンドドルは1.26ドル前半で上値が重く、豪ドル/ドルは0.7125ドル、NZドル/ドルは0.6810ドルまで安値を更新した。
     米10年債利回りはFOMC後に2.78%台に低下したが、2.80%台にやや水準を持ち直している。

  • 2018年12月20日(木)04時29分
    ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ドル円、112円前半で小動き

     19日のニューヨーク外国為替市場でドル円はこう着相場が継続。4時時点では112.20円と2時時点(112.15円)と比べて5銭程度のドル高水準。112.09円を安値に112円前半で米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちとなった。FOMCの結果を受けてやや上下するも112円前半での小動きにとどまった。
     米連邦準備制度理事会(FRB)は市場予想通りに利上げに踏み切ったが、2019年利上げ見通しを前回の3回から2回に引き下げ、2020年は1回の利上げ見通しを維持した。GDP成長率については18年を3.0%、19年を2.3%とわずかに引き下げた。

     ユーロドルはFOMC後に売られる。4時時点では1.1427ドルと2時時点(1.1422ドル)と比べて0.0005ドル程度のユーロ高水準。1.1439ドルを高値に1.14ドル前半でもみ合いとなっていたが、FOMC後に売りが優勢。米長期債利回りは低下したものの、全般ドル買いが優勢となり、1.13ドル後半に押し戻された。

     ユーロ円は4時時点で128.30円と2時時点(128.10円)と比べて20銭程度のユーロ高水準。FOMCの結果公表後にユーロドルの下落につられ、128円前後に水準を切り下げた。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:112.09円 - 112.60円
    ユーロドル:1.1360ドル - 1.1439ドル
    ユーロ円:127.71円 - 128.38円

  • 2018年12月20日(木)04時24分
    ユーロドルは軟調 米長期金利は低下 FOMC結果公表後

     ユーロドルは軟調。米連邦準備理事会(FRB)は今日まで開いたFOMCで市場の予想通り今年4回目の利上げを決めた。声明では「いくぶん(some)さらなる緩やかなFF金利の目標誘導レンジの引き上げが、経済活動の持続的な拡大、力強い労働市場の状況、中期的に委員会の対称的な目標である2%に近いインフレ率と整合すると判断」などと指摘した。四半期に一度の経済・金利見通しによると、2019年の想定利上げ回数は従来の3回から2回に下方修正、20年は1回を維持した。GDP成長率については18年を3.0%、19年を2.3%に引き下げた。
     FOMC結果公表後に米10年債利回りは2.7816%前後まで低下した。また、ユーロドルは1.1380ドル付近まで下押しするなど、各市場まちまちの動きとなっている。4時30分開始のパウエルFRB議長の定例記者会見待ちの様相だ。

  • 2018年12月20日(木)04時23分
    【市場反応】FOMC、本年4回目の利上げ決定、声明ハト派色強めずドル上昇

    米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の大方の予想通り政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25ポイント引き上げ2.25-2.50%とすることを決定した。

    声明ではいくらかさらなる緩やかな利上げが正当化すると判断するとした。また、リスクも概ね均衡しているとしながらも世界のイベントを監視していくと加えた。2019年の平均利上げ見通しは従来の3回から2回に引き下げられた。

    市場が期待していたほど、声明はハト派色を強めなかったため失望感から株式相場は下落。米10年債利回りは2.83%まで上昇後、2.78%まで低下した。

    300ドル近く上昇していたダウ平均株価は一時下落に転じた。ドル・円は112円09銭から112円44銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1439ドルから1.1384ドルまで下落した。
    【金融政策】
    ・米連邦公開市場委員会(FOMC)
    ・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25ポイント引き上げ2.25
    -2.50%とすることを決定

    Powered by フィスコ
  • 2018年12月20日(木)04時20分
    【市場反応】FOMC、本年4回目の利上げ決定、声明ハト派色強めず、ドル上昇

    米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の大方の予想通り政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25ポイント引き上げ2.25-2.50%とすることを決定した。本年4回目の利上げ。

    声明ではいくらかさらなる緩やかな利上げが正当化すると判断したとした。また、リスクも概ね均衡しているとしながらも世界のイベントを監視していくと加えた。2019年の平均利上げ見通しは従来の3回から2回に引き下げられた。

    市場が期待していたほど、声明はハト派色を強めなかったため失望感から株式相場は下落。米10年債利回りは2.83%まで上昇後、2.78%まで低下した。

    300ドル近く上昇していたダウ平均株価は一時下落に転じた。ドル・円は112円09銭から112円44銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1439ドルから1.1384ドルまで下落した。
    【金融政策】
    ・米連邦公開市場委員会(FOMC)
    ・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25ポイント引き上げ2.25
    -2.50%とすることを決定

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 95539人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年10月15日(火)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で4000円キャッシュバック!

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

ビットコイン/円+4230.00905769.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-43.60008311.0000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-44.00007532.1000

XBTEUR
Powered by kraken

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月14日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月11日更新

米中部分合意へ? トランプ大統領が米中貿易摩擦のヤバさに気づいた!?








元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果