ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

年内緩和継続へ。FOMCサプライズなしか。
突如株価が急落し円高が進んだ理由は?

2013年10月24日(木)16:29公開 (2013年10月24日(木)16:29更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■10月23日に起こった株価急落と円高の原因は?

 その一方、短期的には少し動きが出てきています。昨日10月23日(水)の金融市場では、これまでの流れが一転して主要国の株が急落し、為替市場でも円高が進みました。ただし、米ドル安の傾向はそのままです。

 このきっかけとなったのが、中国の短期金利の動向です。

 中国では、先日発表された7-9月期のGDPが年率で7.8%と予想を上回ったことやインフレ傾向が続いていることを踏まえて、金融政策をやや引き締め方向に向けることを金融当局が示唆しています。

 こうした意向を受けて10月23日(水)の中国市場では、代表的な短期金利である7日物のレポレートが0.47%上昇し、4.05%となりました。4%という金利水準を考えれば1日で0.5%近く上昇するというのは、かなりの変動であったため、これを嫌気して株が下落。その結果、連鎖反応的に円高になった、という動きでした。

日経平均株価 日足

(出所:株マップ.com

世界の通貨VS円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

■中国短期金利動向は落ち着いて、当面はレンジ相場に

 かなりの変動幅であったとはいえ、中国の短期金利の動きでこれだけ、世界の金融市場に影響が出てしまうというのは、もちろん中国への関心が高いということもあるとは思いますが、それまで、株高が進んでいたこともあって、ややポジション調整の理由付けに使われた、という面が否めません。

 基本的に金融市場そのものが方向感を見出せていないことの証左でしょう。中国の短期金利の動向も落ち着いてくる公算が高く、今後のトレンドを形成するような材料ではありません。

 やはり当面は、レンジ相場が続くという見方を維持しておいたほうが良さそうです。

 先週(10月14日~)から、日本では臨時国会が開会しています。安倍総理はこの国会を成長戦略国会と位置づけていますが、法案の内容を見ると、抽象的な内容となっているものが多く、一段の株高を誘発するような内容は見受けられません。その評価は、2014年に持ち越されることになりそうです。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 田向宏行
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る