ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

豪ドル/円の、戻り売り方針を継続。
リスク回避の方向を想定も、米ドルは
軸にならず、円高だけが進む可能性

2022年01月18日(火)08:51公開 (2022年01月18日(火)08:51更新)
バカラ村

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

FRBメンバー、市場参加者ともにタカ派予想が多い。3月の利上げ幅が0.50%になるとの予想も

 先週(1月10日~)火曜日は、パウエル議長の公聴会がありましたが、思ったよりもタカ派ではなかったことから、米ドル安に。米長期金利も1.80%台まで上昇していましたが、そこから軟調に推移しました。

米長期金利 日足
米長期金利 日足

(出所:TradingView

 12日の水曜日は、米CPI(消費者物価指数)がプラス7.0%と39年ぶりの高水準となり、3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げはほぼ確実な状態になってきています。

 13日の木曜日は、FRB(米準備制度理事会)のブレイナード副議長の公聴会がありましたが、FRBメンバーの中ではもっともハト派な人ですが、インフレへの対応をすることを発言しており、タカ派な内容となっています。

FRBメンバーの中でもっともハト派のブレイナード副議長も、公聴会でインフレへの対応をすることを発言し、タカ派な内容となっている (C)Bloomberg/GettyImages

FRBメンバーの中でもっともハト派のブレイナード副議長も、公聴会でインフレへの対応をすることを発言し、タカ派な内容となっている (C)Bloomberg/GettyImages

 市場参加者の注目はインフレとなっており、FRBの今年(2022年)の利上げ回数は4回との予想が多くなっています。

米国のCPIがかなり高いこともあり、タカ派予想には、3月の利上げ幅が0.50%になるとの予想まであります。

 JPモルガン・チェース銀行のジェイミー・ダイモンCEOも最大7回の利上げを予想しており、FRBメンバーだけでなく、市場参加者もほぼ全員がタカ派予想となっています。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

タカ派予想は多いが、為替市場は米ドル高になっていない

 ただ、為替市場は米ドル高に推移していません。

 1月5日(水)にFOMC議事要旨が公表され、QT(量的引き締め)の議論がされていたことがわかりましたが、米ドル/カナダドルや英ポンド/米ドルなど、米ドルよりもそれらの通貨の方が堅調に推移しています。

【参考記事】
豪ドル/円などのクロス円を、目先は戻り売りで。ただし、いつまでもポジションを持ち続けず、利食いしていく必要があるか(バカラ村)

米ドル/カナダドル 日足
米ドル/カナダドル 日足

(出所:TradingView

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(出所:TradingView

 カナダも英国も金融正常化はFRBよりも早いですが、それが材料であれば、米ドル/円やユーロ/米ドルに関しては、米ドル高に推移してもいいはずですが、米ドル/円は116.34円の高値から113.47円まで下がっており、ユーロ/米ドルも、米CPIの発表までは1.13ドル台を中心とした推移が続いていて、米ドル高になっていたとはいえない動きでした。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

米長期金利は長期的に上昇予想も、為替は米ドルを軸に考えない方が良い動きが続いている

 為替市場は通貨によって個別の動きをしていることが多いといえます。

 ただ米国株が下がった場面に関しては、円高になっているときもあります。

 それ以外の動きとしては、ポジション調整の動きがメインではないかと思います。

 米ドル/円であれば、116.34円まで上昇したときは、市場参加者のほとんどが上昇予想となっており、買いが多くなったことによるポジション調整の下げとなり、ユーロ/米ドルも売り目線が多く、そのショートカバーで1.1482ドルまで上昇したのではないかと思います。

 米長期金利は長期的には上昇すると思いますが、為替市場は米ドルを軸に考えない方がよさそうな動きが続いていることになります。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

FRBのQTが夏ごろに行われる可能性あり。米国株にとっては売られやすい地合いに

 米国株は、1月10日(月)や14日(金)の日足のローソク足は下ヒゲとなっており、底堅い推移となっていますが、ただ上昇トレンドになるわけでもなく、方向性なく推移をしています。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:TradingView

 為替市場もポジション調整が出たあとになるため、動きが出にくいように思います。

 ただ、FRBのQTが夏ごろに行われる可能性があるため、米国株にとっては売られやすい地合いだと思います。

 そうであれば、為替市場もどちらかというとリスク回避の方向で考えるべきではないかと思います。

 通常はリスク回避は円高、米ドル高ですが、米ドルでは考えないため、円高だけで考える方がいいのではないかと思います。

 そのため、前回と同じになりますが、豪ドル/円の戻り売りでいいのではないかと思います。

【参考記事】
豪ドル/円などのクロス円を、目先は戻り売りで。ただし、いつまでもポジションを持ち続けず、利食いしていく必要があるか(1月11日、バカラ村)

 ただ、米国株は底堅い推移もしているため、細かく利食いしていく方がいいのではないか、という考えのままでいます。

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足

(出所:TradingView


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る