ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

米国は金融制裁の多用で米ドルの覇権を自ら
毀損。金価格は資産シフトで堅調な推移が
続くが、原油の高値は続かない可能性が高い

2022年03月09日(水)18:29公開 (2022年03月09日(水)18:29更新)
志摩力男

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

ロシア制裁でもっとも強力なロシア中銀の資産凍結。ただ、それはしないと誰もが考えていた…

 今回、欧米が取ったロシア制裁措置の中でもっとも強力なのは、ロシア中央銀行の資産を凍結したことです。

【参考記事】
ロシアへの経済制裁で、欧州や米国が被る損失は小さくない。3月の米国の利上げ幅は0.25%で、バランスシートの拡大を決定!?(3月3日、志摩力男)

 通常、中央銀行の外貨資産は、対象通貨の国の中央銀行にアカウントがあり、そこを通じて国債等を売買します。よって、その中央銀行に預けてある資産を凍結するということは、技術的には可能ですが、そんなことはしないと誰もが考えていたので、驚きでした。

 ロシアは米国の影響を排除するために、この数年、外貨準備を米ドルからユーロ、そして金(ゴールド)、中国人民元へとシフトしていきましたが、フランスやドイツ、そしてスイスも米国に追随したため、ユーロ資産へのシフトも無駄に終わりました。

 しかし、外貨準備をいくら積み上げても無駄、しかも接収される可能性もあるとなれば、欧米の意向に沿わない国々は外貨準備を米ドルやユーロ以外で持つことになるでしょう。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 最初の10日間は無料解約可能です。

志摩力男のグローバルFXトレード!

米国は近年、金融制裁を多用しすぎている。米ドルの代替は「金」、そして「暗号資産」も候補になるか

米国は近年、金融制裁を多用しすぎているのではないかと思います。多少行使することは問題ないでしょうが、あまり乱用すると誰も米ドルを使わなくなるので、米ドル覇権を自ら棄損しているようなものです。

 価値貯蔵手段としての「米ドル」に意味がないとしたら、何が代わりとなるのでしょうか。

 消去法になりますが、もっとも有力な候補はやはり「金」なのでしょう。そして、今後は「暗号資産」なのかもしれません。

米ドル以外に価値貯蔵手段としてもっとも有力なのは、やはり「金」なのだろう(C)adobestock

米ドル以外に価値貯蔵手段としてもっとも有力なのは、やはり「金」なのだろう(C)adobestock

 金はインフレに強い資産とみなされていますが、同時に金利がつかないので、米国の金融政策が引き締め方向にあるときは下落しやすい傾向があります。金への評価は、時代によって違い、著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、金利がつかない金への投資は馬鹿げていると公言しています。

 しかし、ここに「米国の政治的影響力が及ばない」資産という新しい価値が備わったことで、金が上昇する余地が生まれてきたと思います。金は、2020年夏の高値2089ドルを突破しようとしています。これを越えると、さらなる上昇余地が生じるでしょう。

金先物 週足
金先物 週足

(出所:TradingView

今回の戦争は、戦後の国際秩序を壊そうとするロシアと、それに制裁を加える欧米の経済戦争でもある

 ウクライナとロシアの戦争ですが、当初はウクライナ軍がかなり善戦していると見られていました。しかし、ロシア軍の攻撃が激しさを増してきたことで、戦況的にはウクライナ軍は苦しくなってきています。

 この戦争はウクライナにおける軍事的戦争でもありますが、戦後の国際秩序を壊そうとするロシアを制裁する欧米とロシアの経済戦争でもあります。経済制裁は時間がかかります。しかし、プーチン氏が存在する限り、欧州の人たちが心安らかに過ごせる日は来ないこともわかりました。今回の経済制裁は徹底的にやるでしょう。

 ロシアは資源に依存している国です。対米ドルでのGDP推移を見ると、原油価格と連動しています。

ロシアGDP(対米ドル)&WTI原油先物 週足
ロシアGDP(対米ドル)&WTI原油先物 週足

(出所:TradingView

 2014年にクリミアを接収し、欧米からの経済制裁で経済が悪化したといわれています。もちろんその効果は大きいでしょうが、米国のシェールオイル生産が軌道に乗り、石油がダブついたために価格が急落、その結果もあり、ロシア経済は疲弊しました。

【参考記事】
ウクライナ情勢緊迫化で流れはリスクオフ。週明けは円高方向に下窓を開けてスタート(2014年3月3日公開)

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! ※最初の10日間は無料解約可能です。

志摩力男のグローバルFXトレード!

120ドルを上回る原油価格では世界景気は冷え込む。米国はなりふり構わず、原油価格を下げる方向に持っていくのか

 今回、プーチン氏が暴挙に走ったのは、原油価格が今後高値で安定するという確信もあったと思います。

 ロシア産原油を禁輸すると米国は決定し、英国も追随しますが、産油国と非産油国で同じ対応はできません。特に欧州は天然ガスの供給をロシアから他にシフトするには時間がかかります。

 米国はイラン核協議を進め、イラン産原油を市場に投入しようとしています。また、ベネズエラとも関係改善を進めています。そのなりふり構わないやり方はどうかと思いますが、おそらく原油価格を下げる方向に持っていくのでしょう。120ドルを上回るような原油価格だと、そのうち世界景気も冷え込みます。

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足

(出所:TradingView

 いましばらく原油は高いと思いますが、高値は続かない可能性が高い。その一方、金は米国の意向に沿わない国の中銀による米ドルからのシフトで堅調が続くのかもしれません。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」で最新動画「月刊!志摩力男」の9月号を公開(2022年8月30日)しました!

 ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長の講演内容について、志摩産は「インフレへの宣戦布告」と指摘しています。これを受けて、9月FOMCの利上げ幅はどうなるのか?そして、米ドル/円の動きは…!? 続きは動画をご視聴ください。

(出所:志摩力男Youtubeチャンネル「パウエルFRB議長の講演はインフレへの宣戦布告! 9月FOMCの注目ポイントは? 米ドル円の動きをどう見るか?【月刊!志摩力男9月号】」より)

 有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども企画していく予定なので、「志摩力男のグローバルFXトレード!」の登録をよろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る