ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

ロシアへの経済制裁で、欧州や米国が被る
損失は小さくない。3月の米国の利上げ幅は
0.25%で、バランスシートの拡大を決定!?

2022年03月03日(木)10:11公開 (2022年03月03日(木)10:11更新)
志摩力男

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

欧米はロシアにかなり厳しい経済制裁打ち出す。ルーブル下落からロシア経済破綻に追い込めるのか

 聡明なプーチン氏であれば、ウクライナへの軍事侵攻といった、自らの墓穴を掘りかねない、馬鹿げたリスクを取るはずはない――、と思っていたのですが、プーチン氏は軍事侵攻を決断しました。

 ウクライナ軍は士気が高く、今のところプーチン氏が思い描いた短期終結には至っていません。しかし、作戦が上手くいかないとなれば、プーチン氏はより強力な武器を使い出すでしょう。そうなると、ウクライナ側の被害はますます甚大なものになりかねません。なんとか、早く終結してもらいたいものです。

 武器を使った戦争の一方、実際の戦いに参加していない我々も「経済」戦争に参加しています。当初、欧米側の制裁はやや弱腰でしたが、世論に押されたか、最終的に打ち出した制裁はかなり厳しいものになりました。

 主な制裁は下記の3点。

(1)SWIFT(スイフト)(※)からのロシア主要銀行排除
(2)ロシア中央銀行資産を凍結、取引禁止
(3)プーチン氏始め、主要閣僚、オリガルヒ(新興財閥)に対する制裁

(※編集部注:SWIFT(国際銀行間通信協会)とは、国境を越えた迅速な送金・決済を可能にし、国際貿易を円滑に行うためのシステムのこと。事実上の送金の国際標準で、SWIFTから排除されれば国際送金ができなくなる)

 この制裁の目標は、ルーブルを下落させロシア経済を破綻に追い込むことです。よく、ここまで決断できたなと思います。なぜなら、ロシア経済が破綻もしくはそれに近づけば、当然、我々側の経済もさまざまな損失を被ります。本当によく決断できたなと思います。

ロシアへの経済制裁の目標はルーブルを下落させ、ロシア経済を破綻に追い込むこと。ただ、それにより我々側の経済も損失を被ることになる (C)adobestock

ロシアへの経済制裁の目標はルーブルを下落させ、ロシア経済を破綻に追い込むこと。ただ、それにより我々側の経済も損失を被ることになる (C)adobestock

 これに関しては、ホワイトハウスが制裁の背景を報道機関に説明した内容があります。大変、興味深いものです。

【参考コンテンツ】
Background Press Call by a Senior Administration Official on Imposing Additional Severe Costs on Russia

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 最初の10日間は無料解約可能です。

志摩力男のグローバルFXトレード!

SWIFTから追い出したくらいではロシアはギブアップしない。ただ、ロシア中銀の資産凍結はキツい!

 ロシア経済は制裁が効き難いといわれています。エネルギー、食糧の自給ができ、外貨準備が潤沢で、貿易黒字、しかも財政収支も黒字です。SWIFTから追い出したぐらいであれば、それはそれで大変ですが、それでロシアがギブアップしたりはしないでしょう。

しかし、中央銀行資産を凍結するというのは、初めて聞きました。これはキツい。これによりロシア中銀は為替市場で介入することはできなくなります。

 ロシア中銀の資産構成をみると、ユーロ32.3%、ゴールド(金)21.7%、米ドル16.4%、中国人民元13.1%、日本円10%となっています。米ドルの比率を16.4%まで下げたので、米国に差し押さえられても大丈夫と考えていたでしょう。ところが、ゴールド21.7%、中国人民元13.1%、合計約35%以外は使えなくなりました。しかも、ゴールドも中国人民元も簡単に米ドルに交換はできません。使い勝手が非常に悪い。

 今のところ、思惑通りルーブルは下落しています。主要な外貨準備が差し押さえられているので、ロシアは外貨がどうしても必要です。エネルギー供給を突然絞ったりして、欧州に損害を与えることは可能ですが、外貨が必要なのでそんなことをする余裕はないでしょう。

米ドル/ルーブル 日足
米ドル/ルーブル 日足

(出所:TradingView

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! ※最初の10日間は無料解約可能です。

志摩力男のグローバルFXトレード!

ロシア制裁による欧米側の損失も小さくない。中央銀行は流動性の供給を迫られる可能性も

 一方、これは「経済」戦争といいましたが、欧米側が被る損失も小さくありません。まず、考えられるのは、さまざまな取引が続行できなくなることから、企業倒産が進み、その結果、貸し付けが焦げ付いたり、不良債権が増えたりと、ロシアと取引の深い銀行は損失を被ることになります。

 ロシアでのビジネスの多い欧米側の金融機関ですが、

ウニクレディト(イタリア) ロシア関連債権137億ユーロ
ソシエテ・ジェネラル(フランス)143億ユーロ 
ライファイゼン銀行(オーストリア)143億ユーロ

出所:EBA(European Bank Authority)

 全体で660億ユーロ(8兆5000億円)と推測されています。

 ライファイゼン銀行が、規模の割には多くの債権を持っています(資産の9.3%)が、ソシエテ・ジェネラルは1.7%、ウニクレディトは1.3%と、十分にマネージできるレベルです(株価は結構下がっていますが…)。

 米銀ではシティグループが55億ドル(Citiグループ全体の0.3%)となっています。

 しかし、こうした金額以外にもさまざまなリスクはあります。リーマンショックのときは、突然すべてが止まったので、スワップやオプション等のカウンターパーティー(※)が突然消えて、大変なことになりました。

(※編集部注:「カウンターパーティー」とは、外国為替取引やデリバティブ取引における、相手先の金融機関のこと)

 おそらく、中央銀行は資金逼迫が起きないように、流動性の供給を迫られる可能性があります。これから引き締めようという時に、資金を出さないといけないという矛盾した行動を強いられます。

 よって、3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)はおそらく0.25%利上げでしょうし、QT(量的引き締め)を始める前に、意外にも資金供給からバランスシートの拡大を迫られるかもしれません。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」で最新動画「月刊!志摩力男」の9月号を公開(2022年8月30日)しました!

 ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長の講演内容について、志摩産は「インフレへの宣戦布告」と指摘しています。これを受けて、9月FOMCの利上げ幅はどうなるのか?そして、米ドル/円の動きは…!? 続きは動画をご視聴ください。

(出所:志摩力男Youtubeチャンネル「パウエルFRB議長の講演はインフレへの宣戦布告! 9月FOMCの注目ポイントは? 米ドル円の動きをどう見るか?【月刊!志摩力男9月号】」より)

 有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども企画していく予定なので、「志摩力男のグローバルFXトレード!」の登録をよろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る