ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル/円は9月22日前後まで調整されやすいが、7月高値
139.39円付近はサポートになりやすい。今は米ドル高の
調整局面で、9月の日銀会合が終われば再び円安に

2022年09月13日(火)08:29公開 (2022年09月13日(火)08:29更新)
バカラ村

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

ECB理事会は0.75%の利上げ。ユーロ/米ドルは上昇したが下降トレンドは継続したまま

 9月8日(木)のECB(欧州中央銀行)理事会では、0.75%の利上げとなりました。

 ユーロ圏はインフレ率も高いですが、景況感も悪く、ラガルド総裁がどちらに軸足を置くのか注目していましたが、インフレへの対応に軸足を置いた形です。

 さらに次回のECB理事会でも、複数の金融機関は0.75%の利上げを予想しており、その影響もあってユーロ/米ドルは1.0198ドルまで上昇しました。

 1.02ドル付近は今年(2022年)2月から続く下降トレンドラインの位置にあたります。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 このトレンドラインで上値が止まっていることもあり、まだ下降トレンドは継続している形のままです。

 ただ、ドルストレート(※)の多くが米ドル高の調整の動きとなっていることから、ユーロ/米ドルの下降トレンドラインは上に抜ける可能性が高まっています。

(※編集部注:「ドルストレート」とは、米ドルが絡んだ通貨ペアのこと)

 もっとも1.03台ミドルの超長期のレジスタンスラインを超えるまでは、まだ大底を付けたとは言えないと考えています。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信!メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

バカラ村のFXトレード日報!

米CPIの結果は非常に重要。米ドルの動きも左右されることになる

 米ドル/円は9月7日(水)に144.99円まで上昇しました。

 あまりにも急激に円安が進んだこともあり、9日(金)には岸田首相と黒田日銀総裁が会談を行いました。

 黒田総裁は

「急激な為替レートの変動は好ましくない」

「1日に2円も3円も動くのは急激な変化だ」

 と発言したこともあり、米ドル/円は141.50円付近まで調整する動きとなりました。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 今週(9月12日~)は13日(火)に米国のCPIの発表があります。

 パウエル議長はインフレ対策に軸足を置いていることや、金融政策をデータ次第としていることもあって、CPIの数字は非常に重要となります。

【参考記事】
ユーロ/米ドルは、0.96ドル台まで下降チャネル下限が低下。1.03ドル台半ばの超長期レジスタンスラインを超えるまで、為替市場全体で米ドル高の傾向は続く!(9月6日、バカラ村)

 今回のCPIの市場予想は前年同月比でプラス8.1%となっています。

 前回がプラス8.5%だったため、鈍化している予想となっています。

 9月21日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、この記事の執筆時点では、0.75%の利上げ確率が90%、0.50%の利上げ確率が10%となっています。

 CPIの数字を受けて、この利上げ確率も変わってくることになり、米ドルの動きもそれに左右されるため、非常に重要な経済指標となります。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信!メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

バカラ村のFXトレード日報!

米ドル/円は139.39円がサポートラインに。日銀金融政策決定会合まで調整局面は続くか

 米ドル/円は144.99円まで上昇しましたが、テクニカル分析からはこの水準は今年3月からの上昇チャネルの上限に位置しています。

 トレンドが強いときはチャートポイントを一気に突き抜けることも多いですが、現在は上昇チャネルの上限に止められたこともあり、いったんは調整局面に入ったように考えています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 9月21日(水)にはFOMC、9月22日(木)は日銀金融政策決定会合もあるため、それまでは調整局面になるように思います。

 もし日銀金融政策決定会合での金融政策の修正の思惑が出てくるようであれば、その調整は9月22日(木)までは続くと思います。

 もしそうなると、米ドル/円は下がりやすくなりますが、ただ黒田総裁が金融政策を転換させるとは考えにくいため、日銀会合が終われば再度円安になりやすいように思います。

 どのような材料が出てくるかまだわかりませんが、チャートからは米ドル/円は9月22日前後あたりまで調整されやすい局面に見えます。

 下値メドとして意識されやすい水準としては、7月の高値が139.39円にあるため、その水準ではサポートされやすいように思います。

 現在は、米ドルの調整局面という認識でいます。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る