ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米ドル/円は下窓を開けてスタート。「岸田政権が2%物価
目標柔軟化」報道が手掛かりも、ムリしてトレードする
時期ではない。気になる中国、旧正月に100万人が死亡!?

2022年12月19日(月)12:05公開 (2022年12月19日(月)12:05更新)
西原宏一&大橋ひろこ

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

パウエルFRB議長は来年の利下げを否定したが、市場が利下げにフォーカスすれば、米ドル安がテーマとなりそう

先週(12月12日~)のFOMC(米連邦公開市場委員会)はどう見ましたか?

予想どおりの0.5%利上げで、大きなサプライズはなかったのではないかと思います。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円の135円以下を押し目買い! 1米ドル=135円以下は売られすぎ圏内で、140円方向への踏み上げを想定。注目のNZドル/円は、95円に向けた上昇を継続!(12月15日、西原宏一)

先週は英国やスイスなどの金融政策発表もありましたが、いずれもサプライズはありませんでした。


ただ、FOMCやECB(欧州中央銀行)の政策をタカ派的と解釈したのか、株式市場は下げています。


S&P500は、史上最高値から引いたレジスタンスラインできれいに反落。


上値も下値も拡大して下げるトランペット型の下落ですから、次の下値は深くなるのかもしれません。

S&P500 週足
S&P500 週足チャート

(出所:TradingView)

注目したいのは、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が2023年中の利下げを否定したこと


一方で、金利先物市場は来年(2023年)の利下げをまだ織り込んだままで、対立した構図となりました。


FRBだけでなく、RBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])も来年の利下げがないことを示唆しています。


米国にせよニュージーランドにせよ、来年の利下げを予想していた銀行は少なくなかっただけに、肩透かしを食らった格好です。

利下げがいつになるにせよ、今のターミナルレートだとFRBの利上げは、あと0.75%。


2月に0.5%、3月に0.25%なのか、0.25%をあと3回やるのかはともかく、終わりは見えています。


市場のフォーカスが利下げに移行すれば、米ドル安がテーマとなってきますね。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円の戻り売りを継続。米利上げは後2回!? 米ドル高には戻らず、上値が重いレンジ相場へ。上限は137円台、下限は134円程度か、もう少し下もありそう(12月15日、今井雅人)

「岸田政権が2%物価目標柔軟化」報道で、米ドル/円や日経平均は下窓を開けてスタート

米ドル/円の上値は重いですし、そこへきて週末には、岸田政権が政府・日銀の共同声明、政策協定を見直す、という話が報じられ、今朝(12月19日朝)の米ドル/円や日経平均は下窓を開けて始まりました。

米ドル/円 15分足
米ドル/円 15分足チャート

(出所:TradingView)

日経平均 5分足
日経平均 5分足チャート

(出所:TradingView)

「2%物価目標の柔軟化」と報じられています。


まだ詳細はわかりませんが、「アベノミクスの終わり」であり、株安・円高材料であることは確かですね。

火曜日(12月20日)には日銀の政策決定会合が控えています。


政策協定を見直すといっても、来年4月に次期日銀総裁が就任してからの話であって、黒田さんは当然否定するでしょうが、市場は先行して織り込んでいく可能性もあります。

今週の市場はクリスマスでお休みモード。来週火曜日から実質的な2023年相場の始まり

とはいえ、今週はクリスマス週。市場はお休みモードですね。

日銀会合が年内最期のイベントとなり、欧米勢が帰ってくる来週(12月26日~)から実質的に2023年が始まる、というイメージですね。


ただ来週、12月26日(月)は米国や英国、ドイツが休場。12月27日(火)からが本格的なスタートとなりそうです。

原油市場では、米エネルギー省がこれまで放出していた戦略備蓄を補充するため、まずは300万バレル購入すると発表しました。


これまでも、72ドル以下では購入するとしていましたが、前倒しで購入を始めることになります。原油価格を下支えする材料となるかもしれません。

中国、「ウィンター・ウェーブ」で100万人が死亡!?

気になるのは中国


抗議活動もあり、ゼロコロナ政策を想定よりも早く解除しましたが、フィナンシャル・タイムズは、中国で人の移動が活発化する旧正月の「ウィンター・ウェーブ」により、100万人が死亡するとの予測モデルを記事にしています。懸念が高まるかもしれません。


中国在住の友人に話を聞くと、コロナを恐れて外出を控える人も多いと聞きます。来年に向けての不安材料のひとつですね。

今週の戦略はどう考えますか?

ムリしてトレードする時期ではありません


政府・日銀の政策協定の話で、市場が動くようなら短期でトレードするかもしれませんが、来週まで持ち越すようなポジションは今のところ想定していません

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView)

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る