ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金4000円がもらえる!

FXニュース
RSS

使いやすい取引環境のトレイダーズ証券【LIGHT FX】 ザイFX!限定キャンペーン実施中!

2017年10月27日(金)のFXニュース(8)

  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時48分
    【市場反応】米Q3GDP速報値、ポジティブサプライズでドル上昇

     米商務省が発表した7−9月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率+3.0%となった。伸びは4−6月期の+3.1%から小幅鈍化したものの予想の+2.6%を上回り、2四半期連続で3%台の成長となった。警戒されていた2つの大型ハリケーンの影響は最小にとどまった。

    7−9月期個人消費は前期比+2.4%。伸びは4−6月期+3.3%から鈍化も予想の+2.1%を上回った。価格指数は前期比+2.2%と、昨年4−6月期以降で最高kとなった。

    ポジティブサプライズを受けて、米10年債利回りは2.46%前後で推移。ドルは上昇した。ドル・円は114円13銭から114円45銭まで上昇し、7月11日以来の高値を更新。ユーロ・ドルは1.1611ドルから1.1588ドルまで下落し、7月20日来の安値を更新した。
    【経済指標】
    ・米・7-9月期GDP速報値:前期比年率+3.0%(予想:+2.6%、4-6月期:+3.1%)
    ・米・7-9月期個人消費:前期比年率+2.4%(予想:+2.1%、4-6月期:+3.3%)

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時34分
    予想より強い米GDP発表後、ドル円は一時114.45円へ上昇

    現在の推移(レンジ)   

    ドル円    114.32円  (114.45 /  113.92) 
    ユーロドル 1.1601ドル (1.1657 /  1.1588) 
    ユーロ円  132.62円   (132.95 /  132.46) 

    ※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時33分
    【NY為替オープニング】米Q3GDP、米国債強気相場転換を証明できるか

    ◎ポイント
    ・米・7-9月期GDP速報値(前期比年率予想:+2.6%、4-6月期:+3.1%)
    ・米・10月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:100.7、速報値
    :101.1)

     27日のニューヨーク外為市場では米7-9月期国内総生産(GDP)速報値や消費者信頼感指数を受けた債券相場動向を睨んだ展開となる。米商務省が発表する7-9月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率で+2.6%と、4-6月期の+3.1%から伸びが鈍化する見込み。2つの大型ハリケーンの影響が成長を抑制したと見られている。ただ、ポジティブサプライズは30年間続いた米国債の強気相場の終焉を確定するさらなる証拠ともなりうる。

    また、欧州通貨安でドルが強い。欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で異例な金融緩和政策据え置きを決定。同時に本年末に期限がくる予定の資産購入プログラムに関しては、現行の月600億ユーロから半分の300億ユーロまで減額し、2018年1月から少なくとも2018年9月まで延長する計画を明らかにした。ドラギ総裁は、資産購入額の減額はテーパリングではなく、緩和策の縮小だと強調。引き続き大規模の緩和政策を維持する方針を再確認した。

    米国債の強気相場が終焉に近づいているとの見方が強まり始めた。米国経済への自信、税制改革でトランプ政権が年内の成立に向けて前進したことを受けて、期待感が広がり、米国債相場は下落基調にある。共和党下院は26日に共和党上院の予算決議案を可決し、税制改革への取り組みが一段と前進。11月1日には税制改革案を発表する計画だ。また、原油高に加えて、次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長で、タカ派のテイラー氏または、イエレンFRB議長よりもハト派色が弱いとされるパウエル理事が有力候補となっていることも背景となる。米国債券の指標銘柄である10年債利回りはこのところ2.4%台で引けている。

    新債券王と称されるダブルラインキャピタルのガンドラッシュ氏は米国債券相場が「重要な岐路」に達したと指摘。ジャナス・ハンダーソン・グループの グロス氏は米10年債利回りが2.4%を上回る持続的な推移は、30年間続いた米国債強気相場の転換を確信させると指摘した。

    ・ドル・円は、200日移動平均水準の111円74銭を上回っている限り上昇基調。
    ・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1245ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。

    ドル・円114円20銭、ユーロ・ドル1.1620ドル、ユーロ・円132円50銭、ポンド1.3090ドル、ドル・スイスは1.0020フランで寄り付いた

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時30分
    【速報】米・7-9月期GDP速報値は予想を上回り+3.0%

     日本時間27日午後9時30分に発表された米・7-9月期GDP速報値は予想を上回り、前期比年率+3.0%となった。

    【経済指標】
    ・米・7-9月期GDP速報値:前期比年率+3.0%(予想:+2.6%、4-6月期:+3.1%)

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時30分
    米・3Q-実質GDP・速報値

    米・3Q-実質GDP・速報値(前期比/年率)

    前回:+3.1% 予想:+2.6% 結果:+3.0%

  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時20分
    【まもなく】米・7-9月期GDP速報値の発表です(日本時間21:30)

     日本時間27日午後9時30分に米・7-9月期GDP速報値が発表されます。

    ・米・7-9月期GDP速報値
    ・予想:前期比年率+2.6%
    ・4-6月期:+3.1%

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時16分
    113円92銭から114円19銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]


     27日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円92銭から114円19銭で推移した。米国の7-9月期GDP速報値の発表待ちムードのなか、取引手控えで全体的に小動きになった。

     ユーロ・ドルは1.1620ドルから1.1639ドルで推移し、ユーロ・円は132円46銭から132円81銭で推移した。

     ポンド・ドルは1.3070ドルから1.3106ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9982フランから1.0038フランまで上昇した。1.0000回復で買い戻しが強まった。

    [経済指標]
    ・特になし

    [金融政策]
    ・ロシア中銀が政策金利を0.25ポイント引き下げ8.25%に決定

    [要人発言]
    ・欧州中央銀行(ECB)専門家予測調査
    「インフレ率予測、2022年を1.9%に上方修正(前回1.8%)、18年と19年は据え置き」
    「成長率予測、2018年と19年を0.1ポイント上方修正し、1.9%と1.7%に」
    「失業率、2018年と19年を0.2ポイント下方修正し、8.6%と8.2%に」

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時16分
    【ディーラー発】ドル買いやや優勢(欧州午後)

    米税制改革を巡る楽観的な見方や、次期FRB議長人事への期待感が漂う中、ドル買いがやや優勢。ドル円は再び114円20銭付近まで反発し、ユーロドルが1.1602付近まで続落するなど、米・GDPの発表を控え持ち高調整のドル買いも進行。一方、ポンドは英債利回りの低下幅縮小に伴い、対ドルで1.3105付近まで値を戻し、対円で149円54銭付近まで水準を切り上げている。21時16分現在、ドル円114.191-201、ユーロ円132.532-552、ユーロドル1.16061-069で推移している。

     

     

     

     

  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時13分
    【NY市場の経済指標とイベ ント】:10月27日

    [欧米市場の為替相場動向]

    10月27日(金)(注:数値は市場コンセンサス、前回数値)
    ・21:30 米・7-9月期GDP速報値(前期比年率予想:+2.6%、4-6月期:+3.1%)
    ・23:00 米・10月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:100.7、速報値
    :101.1)

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2017年10月27日(金)21時10分
    NY勢参入しドルが強含み、ユーロドルは下値を広げる

     NY勢はドル買いから入り、ユーロドルは1.1604ドルまで、ドル/スイスフラン(CHF)が1.0038CHFまでドル高・ユーロ安、CHF安となった。ドル円も114円前半でじり高、ポンドドルは1.30ドル後半で上値が重い。米10年債利回りは2.45%後半での推移。

  • FXニュース:2017年10月27日(金)20時25分
    113円92銭から114円14銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     27日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円92銭から114円14銭で推移している。米国の7-9月期GDP速報値の発表待ちムードのなか、取引手控えで全体的に小動きになっているもよう。

     ユーロ・ドルは1.1620ドルから1.1639ドルで推移し、ユーロ・円は132円46銭から132円81銭で推移している。

     ポンド・ドルは1.3070ドルから1.3106ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9982フランから1.0024フランまで上昇している。1.0000回復で買い戻しが強まったとみられる。

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2017年10月27日(金)20時25分
    ユーロドルさえず7/20以来安値、緩和的ECB金融政策が重し

     ユーロドルは7月20日以来の安値1.1611ドルまで下落幅をじりじり広げた。ECBの緩和的な金融政策継続を背景に、ユーロは重い動きを継続。足元では、スイスフランの対ドルでの下落に連れ安となっている面もある。ユーロ円は132.46円を下値としたさえない推移が続いている。

  • FXニュース:2017年10月27日(金)20時15分
    ユーロドルじり安、一時1.1613ドル

    現在の推移(レンジ)  

    ユーロドル 1.1614ドル (1.1657/ 1.1613)
    ユーロ円 132.54円 (132.95/ 132.46)

    ※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。

  • FXニュース:2017年10月27日(金)19時46分
    東京為替サマリー(27日)

    東京午前=ユーロ主導のドル高継続、ドル円は114円前半

     東京午前の為替相場では海外市場の流れを引き継ぎ、ユーロ主導のドル高地合いが継続。ユーロは昨日にドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁のハト派寄りの会見を受けて急落し、東京タイムでも軟調な動き。ユーロドルは7月21日の安値となる1.1625ドルまで下押し、ユーロ円は132円後半で上値の重い動きとなった。また、ポンドドルは1.3113ドルまで下押し、予想比上振れの英7-9月期GDPを受けての上昇幅を吐き出したほか、ポンド円も149円後半でやや売りが先行した。

     日経平均が前日比200円超の上昇で22000円台に迫ったことや、時間外の米10年債利回りが昨日来の高い水準となる2.46%台での動きになっていることも支えに、ドル円は114円前半で小じっかり。ただ、ユーロ円の重い動きにも上値を圧迫され114.26円を頭に伸び悩んだ。9月全国消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比)は前月と変わらずの+0.7%となり、市場の反応は鈍い。

     資源国通貨も対ドルで売りが優勢で、豪ドル/ドルは0.7630ドルまで弱含んだ。豪7-9月期生産者物価指数は前年比+1.6%となり、前月の+1.7%から低下した。NZドル/ドルは0.6818ドルまで下押し、5月11日の安値に並ぶ、ドル/加ドルは7月12日以来の加ドル安水準となる1.2874加ドルまで上昇した。対円では小動きも上値は重く、豪ドル円は87円前半、NZドル円は78円前後、加ドル円は88円後半で推移。

    東京午後=ドル高一服、ドル円は114円前半でもみ合い  

     東京午後の為替相場ではドル高が一服するも、ドルが主要通貨に対し高値圏で推移。最近のドル高はドルが買われているのではなく、ドル以外の主要通貨に売り材料が多いのが要因。安倍与党の圧勝で「アベノミクス」、日銀の緩和策が継続する観測が強まったことが円売り材料で、英国の欧州連合(EU)離脱交渉の難航がポンドの上値を圧迫し、連立政権への懸念がオセアニア通貨の軟調地合いにつながっている。また、ドラギ総裁のハト派寄りの会見がユーロの重しとなり、加ドルも年内3回目の利上げ期待が後退したことで売りが優勢となっている。

     ドル円は午前の114.26円を高値に114円前半でもみ合い。日経平均は一時約21年ぶりとなる22000円台を回復するなど堅調地合いを維持したが、円相場の反応は鈍く、ユーロ円は132円後半、ポンド円は149円後半、豪ドル円は87円前半、NZドル円は78円前後、加ドル円は88円後半で小動き。北朝鮮情勢への警戒感も引き続きドル円・クロス円の上値を圧迫する要因として意識されている。

     ドル買いは一服するも、ユーロドルは1.16ドル前半、ポンドドルは1.31ドル前半で戻りの鈍い動きとなり、NZドル/ドルは0.6818ドルを安値に下げ渋った。オーストラリア最高裁は二重国籍が問題となったジョイス副首相に議員資格がないと決定し、豪政権が議会で過半数を割り込むことへの懸念が強まり、豪ドル/ドルは一時0.7626ドルまで弱含んだ。

  • FXニュース:2017年10月27日(金)19時40分
    来週のドル・円「やや強含みか、米FOMCで12月追加利上げを見極めへ」

    [ドル・円]

     来週のドル・円はやや強含みとなりそうだ。欧州中銀(ECB)は金融正常化を慎重に進める姿勢を示したことから、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融正常化の進展を期待した値動きが見込まれる。

     10月31日-11月1日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)では12月追加利上げを見極める展開となりそうだ。足元の経済指標は堅調な内容のものが多い。一部の金融当局者は早期の追加利上げに慎重だが、FOMC声明で年3回の引き締めスタンスが堅持されればドル買いは強まろう。

     また、近く決定する次期FRB議長人事については、スタンフォード大学のテイラー教授に対する共和党有力議員からの支持が広がっているもよう。タカ派寄りの議長就任の思惑は米長期金利を押し上げ、ドル上昇を促すだろう。

     一方、10月22日の衆院選で自民・公明の与党は大勝し、安倍政権が再始動する。日本銀行による金融緩和政策の継続が見込まれるなか、10月30-31日の金融政策決定会合で日銀は現行の金融政策を維持する見通し。想定通りならドル高・円安の基調は変わらないと予想される。

     ただ、トランプ政策の柱である税制改革について、なお党内調整を必要としており、調整に手間取った場合はドル買いを弱める要因となりそうだ。また、北朝鮮は太平洋上で水爆実験を実施する姿勢をみせており、地政学リスク増大の懸念は消えていないことから、リスク選好的な円売りが一段と広がるとは言い切れない状況か。

    【米連邦公開市場委員会(FOMC)】(10月31日-11月1日開催予定)
     FRBは日本時間11月2日午前3時に声明を発表し、同3時30分からイエレン議長が記者会見を行なう。政策金利は1.00-1.25%に据え置きの公算。FOMC内では慎重論もあるが、イエレンFRB議長が強気なスタンスを堅持すれば、年内追加利上げへの期待からドル買いに振れやすいだろう。

    【米・10月雇用統計】(11月3日発表予定)
     11月3日発表の米10月雇用統計では、失業率は4.2%(前回4.2%)、非農業部門雇用者数は前月比+31万人(-3.3万人)、平均時給は前年比+2.7%(同+2.9%)と予想されている。非農業部門雇用者数はハリケーンの影響が消えることから大幅な増加が予想されるが、平均時給が伸び悩んだ場合、リスク選好的なドル買いはやや抑制される可能性がある。

    ・予想レンジ:113円00銭−116円00銭


    ・10月30日-11月3日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

    ○(米)9月PCEコア指数 10月30日(月)午後9時30分発表予定
    予想は前月比+1.3%
     参考となる8月実績は、前年比+1.3%でインフレ鈍化の傾向は変わっていない。9月については帰属家賃、診療費、衣料費などがやや上昇したとみられており、8月実績を上回る可能性がある。ただし、インフレ鈍化のトレンドが変わったと判断できるほどの変化ではないとみられる。

    ○(日)日本銀行金融政策決定会合 10月31日(火)政策決定会合の終了時刻は未定
    ・予想は、金融政策の現状維持
     金融政策(長短金利操作付き量的・質的金融緩和の枠組みによる金融調節方針)は今回も賛成多数で維持される見込み。黒田日銀総裁は、物価安定に向けたモメンタムを維持するため、必要に応じてさらなる緩和を行う可能性があることを否定していない。安倍政権続投で黒田総裁は再任される可能性もあることから、金融政策の枠組みを変更することは当面ないと予想される。


    ○(米)連邦公開市場委員会(FOMC)会合 11月1日(水)(日本時間2日午前3時結果判明)
    ・予想は政策金利の据え置き
     政策金利は現状維持の公算。今回公表されるFOMC声明でも「経済状況はFF金利の緩やかな引き上げを正当化する形で進むと予測する」との見解が盛り込まれると予想されるが、低水準のインフレが続いていることから「インフレ目標との比較で、インフレ率の実際の進捗と予想される進展を注視する」との文言が変更される可能性がある。12月に追加利上げが実施される可能性は高いものの、声明文では12月の追加利上げについて特に言及しない可能性がある。

    ○(米)10月雇用統計 11月3日(金)午後9時30分発表予定
    ・予想は、非農業部門雇用者数が前月比+31万人、失業率は4.2%
     参考となる9月実績は、非農業部門雇用者数は前月比-3.3万人。ハリケーンがテキサス、フロリダ両州の雇用に影響を与えたとみられている。10月については採用活動再開によって雇用者数は大幅に増加する見込み。失業率は横ばいか。労働参加率は上昇するが、雇用者数も増加すると予想されている。

    ○(米)9月貿易収支 11月3日(金)午後9時30分発表予定
    ・予想は-435億ドル
     参考となる8月実績は-424億ドルで赤字額は7月実績を下回った。財・サービスの輸出が増加したことが要因。9月についてはハリケーンの影響で輸入額が増加するとの見方が多いことから、貿易赤字額はやや増加する可能性がある。

    ○主な経済指標の発表予定は、10月30日(月):(米)9月個人所得・支出、10月31日
    (火):(日)9月失業率・有効求人倍率、(日)9月鉱工業生産、(米)10月シカゴPMI、(米)10月CB消費者信頼感指数、11月1日(水):(米)10月ADP雇用統計、(米)10月ISM製造業景況指数、11月3日(金):(米)10月ISM非製造業景況指数(総合)

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2810人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110177人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2022年05月26日(木)の最新のFXニュース

「最新のFXニュース」をもっと見る>>

2022年
01月   02月   03月   04月   05月  
2021年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2020年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)