ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

スイスフランが通貨安戦争から脱落。
SNBが守り続けてきたフロアを撤廃!

2015年01月22日(木)17:59公開 (2015年01月22日(木)17:59更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■ECBのQEが予想どおりなら、ユーロは調整入りも

 本日(1月22日)のECB理事会に関してはマーケットへの事前の織り込みがかなり浸透。ECBがマーケットの期待値を超えるQEを発表し、サプライズを起こせれば別ですが、期待値どおりの発表であれば、ユーロ/米ドルは1.14~1.15ドルを底に、下落相場に対する調整に入る可能性も高まっています。

 もうひとつ、マーケット参加者の一部が懸念しているのが米国の対応。通貨安戦争の中、その対象として通貨高を一手に引き受けているのが米ドル。

 経済が好転している米国は、ある程度、通貨高を受け入れる余地はあるのでしょうが、円とユーロに対しての米ドル高が急速に進行している中、米国から何らかの牽制コメントが出る可能性もあるため、米ドル高があまりにも急速に進行した場合の反落を警戒しています。

米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 原油の急落を背景に資源国通貨である豪ドルやNZドルは依然として上値が重いのでしょうが、今晩(1月22日)のECB理事会がマーケットの期待値どおりの発表で、サプライズを起こせなかった場合のユーロの急反発も想定しておきたいところです。

 2015年のユーロの行方、さらに米ドル全般の行方を握る、本日(1月22日)のECB理事会に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る