ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

ジョージ・ソロスも懸念する中国の変化。
中国経済は次第に減速を強める可能性が
高い。豪ドルは軟調に推移か

2021年08月19日(木)09:00公開 (2021年08月19日(木)09:00更新)
志摩力男

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

中国の経済指標は振るわず…。デルタ株によるコロナ再感染を懸念

 (8月に発表された)中国7月小売売上高は、市場予想がプラス10.9%のところプラス8.5%(6月は12.1%)と振るいませんでした。7月鉱工業生産も、市場予想がプラス7.9%のところプラス6.4%(6月はプラス8.3%)と減速していました。

中国経済の減速が徐々に明らかになっています。この要因としては、デルタ株によるコロナ再感染により、さまざまな行動制限がなされていることや、河南省で発生した洪水被害等の影響があるでしょう。

 特に、7月南京市から広がった、新型コロナウイルスのデルタ株は、感染力が非常に強いため、懸念されます。中国製ワクチンはデルタ株に対する有効性はあまり高くないとされているので、行動制限に頼らざるをえません。

【参考記事】
忍び寄る、デルタ変異株による新しい危機。デルタ株が猛威を振るうと、米国株は上昇するのか?(8月4日、志摩力男)

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

志摩力男のグローバルFXトレード!

中国経済の変化に、ジョージ・ソロスも懸念

 ただ、こうした表向きの理由以外、もっと根本的な理由があるように見えます。

 スタートは、2020年11月、アリババグループ創業者、ジャック・マー氏が一時的に姿を消したところからです。その後、アリババのアントグループが新規株式公開を突然中止しました。

 2021年6月には、ニューヨークで株式公開した直後の滴滴出行を懲戒処分にし、滴滴出行株は大暴落しました。そして、学習塾において利益追求することを禁じ、米国資本の学習塾3社が事実上追放されました。

以前、当コラムにおいて、習近平氏は鄧小平時代を否定し、毛沢東の時代に戻そうとしていると書きましたが、同じことを多くの人が懸念しています。その中のひとりに、ジョージ・ソロス氏がいます。

【参考記事】
中国当局が社会主義的な締付けを強化。中国株・香港株は急落するも、2015年チャイナショックとの大きな違いとは……!?(7月28日、志摩力男)

 ブルームバーグニュースによると、ソロス・ファンド・マネージメントは4-6月期に米上場の中国企業へのエクスポージャーを減らしたと報じられています。この結果、最近の米上場中国企業の株価下落による損失を部分的に回避しました。

中国投資からの時宜を得た退却、ソロス・ファンドだけではなかった

出所:Bloomberg

 また、ソロス氏は、習近平氏が最近独裁性を強めていることを懸念し、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に記事を投稿しています。

 この中でソロス氏は、習近平氏の父である習仲勲氏と鄧小平氏の確執について述べています

 文化大革命のとき、鄧小平氏の策略により習仲勲氏は政治局から追放され、習近平氏は田舎の非常に厳しい環境で生活せざるを得ず、まともな教育を受けることができませんでした。そのため、習近平氏の鄧小平氏に対する恨みはまことに深く、鄧小平氏の功績を消し去ることを目標に動いている……ということです。

(※「文化大革命」とは、毛沢東主席が主導した、1966年から1976年まで続き、1977年に終結宣言が出されるまで全中国社会を揺り動かした政治的・社会的動乱のこと)

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいた実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

志摩力男のグローバルFXトレード!

中国経済は大きな転換点を迎えているのか。商品・豪ドルの動きには注意

 資本主義的要素を導入し、中国経済を発展させた鄧小平氏の功績が大きいことは、誰もが知っていることです。

 しかし、その成功がどうして生まれたのか、それを習近平氏はわかっていないとしたら、危険なことです。中国から起業家精神がなくなれば、これまで中国経済の高成長を支えてきた原動力が失われるでしょう。

 中国経済は大きな転換点を迎えているのかもしれません。今後、中国経済は次第に減速を強める可能性が高い。そして、それは十分マーケットに織り込まれているとは思われません。

 今後も、コモディティ(商品)価格や、豪ドルの動きには注意でしょう。軟調な展開を予想します。

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足

(出所:TradingView


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」で最新動画「月刊!志摩力男」の10月号「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか?」を公開(2022年9月27日)しました!ぜひ、ご覧ください。

(出所:志摩力男Youtubeチャンネル「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか? 【月刊!志摩力男10月号】」より)

 有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども企画していく予定なので、「志摩力男のグローバルFXトレード!」の登録をよろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る