ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

DMM.com証券[DMM FX]ではザイFX!限定4,000円が1取引でもらえる!

FXニュース
RSS

【人気急上昇中】取引コストは業界最安水準!みんなのFX

2020年03月05日(木)のFXニュース(3)

  • FXニュース:2020年03月05日(木)08時00分
    東京為替見通し=ドル円、NY株高で底堅い展開もFRB追加利下げ観測で上値は限定的か

     4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米大統領選の民主党候補指名争いで中道派のバイデン前副大統領が躍進したこと、2月ADP全米雇用報告や2月米ISM非製造業指数が予想を上回ったことなどで米国株が上昇したことで堅調に推移した。ユーロドルは欧州委員会がフランスとイタリアのリセッションリスクを指摘したことで1.1096ドルまで下落した。

     本日の東京市場のドル円は、ダウ平均が1173.45ドル(+4.53%)上昇したことを受けて底堅い展開が予想されるものの、米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利下げ観測から上値は限定的か。
     NY株式市場は、米大統領選の民主党候補指名争いで中道派のバイデン前副大統領が躍進したこと、2月のISM非製造業景況指数(57.3)やADP全米雇用報告(+18.3万人)などを好感して上昇しており、シカゴ日経平均先物も大阪比で260円上昇していることで、ドル円は底堅い展開が予想される。しかしながら、3月17-18のFOMCでは、0.25%程度の追加利下げ観測が高まっていることで、ドル円の上値は限定的だと思われる。3月12日の欧州中央銀行(ECB)理事会では、政策金利(-0.50%)が0.10%引き下げられる可能性が高まっていることで、ユーロ売り・円買い圧力がドル円の上値を抑える要因となっている。2日に豪準備銀行(RBA)が政策金利を0.25%引き下げ、昨日はカナダ銀行(BOC)が政策金利を0.50%引き下げており、豪ドル円や加ドル円の売り圧力もドル円の上値を抑える要因となっている。
     ドル円のテクニカル分析では、3月2日の陽線(終値108.33円)は2月28日の陰線の実体部の中心値(108.82円)に届かず、昨日の陽線(終値107.53円)も3日の陰線の実体部の中心値(107.73円)に届いていないことで、売りの急所とされる「差し込み線」となっている。また、2月20日の高値112.23円から陰線新安値6手を数えたことで、下落トレンドが確認され、酒田五法では「新値八手十手は酒田の骨子」程度の下値模索が予想される。
     昨日のドル円の安値は106.85円、日経平均株価の安値は20862.05円だったが、年金筋からの買いの噂で107円と21000円が防戦された。日経平均株価は2日の安値20834.29円、昨日安値20862.05円など、攻防の分岐点と見なされている株価純資産倍率(PBR)の20600円処が下値目処となっている。
     ドル円の売り買い要因は以下の通りとなる。
    ■ドル買い・円売り
    ・米系ヘッジファンドによる四半期末に向けた日本株売り・円売り
    ・東京オリンピック中止リスクのヘッジ(日本株売り・円売り)
    ■ドル売り・円買い
    ・3月期末決算に向けたレパトリエーション(国外滞留資金の本国環流)
    ・新型コロナウイルス感染拡大懸念に対するリスク回避の円買い
    ・主要国政策金利引き下げを受けた外貨売り・円買い

  • FXニュース:2020年03月05日(木)08時07分
    米2月雇用統計、労働市場ひっ迫でも3月FOMCの利下げは織り込み済み

     米国労働省はワシントンで6日に最新2月雇用統計を発表する。市場エコノミストは平均予想で、失業率が3.6%と1月と同様50年来の低水準を維持し、非農業部門雇用者数は前月比+17.5万人と、1月の+20.6万人から伸びが鈍化すると見ている。

    先行指標の中で、米労働省が発表する雇用統計と最も相関性が強いとされる民間部門の雇用者数を示すADP雇用統計の2月分は前月比+18.3万人と、予想を上回った。1月分は+29.1万人から+20.9万人へ下方修正された。

    エコノミストは製造業の低迷などから、雇用ペースの鈍化を予想している。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)が4日に公表した米地区連銀経済報告(ベージュブック)の中で、企業は労働市場のひっ迫で、雇用を確保するのが困難になっていることを主張。雇用のペースの減速は企業が雇用を差し控えているためというよりも、適切な労働者が見つからないためである可能性もある。

    全般的に労働市場で雇用が引き続き順調に拡大している兆候が見られる可能性がある。しかし、現時点で新型肺炎が経済に与える影響は未知。ベージュブックでは生産、製造業がサプライチェーンの混乱に懸念を示していることが明らかになったほか、観光などにも悪影響を与えている兆候が指摘されている。ブラード・セントルイス連銀総裁は、「2月の雇用統計に新型肺炎の影響があらわれるとは思わない」との見方を示した。雇用統計の結果にかかわらず、市場は3月17日‐18日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)で連邦準備制度理事会(FRB)が0.25%ポイントまたは、0.5%ポイントの追加利下げに踏み切るとの見通しを修正する可能性は少ない。

    ■2月雇用統計の先行指標

    ・ISM非製造業景況指数:雇用雇用:53.1(12月54.8、6カ月平均53.7)

    ・ISM製造業景況指数:雇用46.6(12月45.2)

    ・米・2月ADP雇用統計:前月比+18.3万人(予想:+17.0万人、1月:+20.9万人←+29.1万人)


    ・NY連銀製造業景況指数:
    雇用(現状):6.6(1月9.0、6カ月平均8.1)
    週平均就業時間:−1.0(1月1.3、6カ月平均2.2)

    6か月先
    雇用:15.01(1月12.1、6カ月平均13)
    週平均就業時間:+8.3(1月8.9、6カ月平均+5.0)

    ・フィラデルフィア連銀製造業景況指数
    雇用(現状):+9.8(1月+19.3、6カ月平均+18.4)
    週平均就業時間:+10.3(1月+5.2、6か月平均+8.8)

    6か月先
    雇用:24.3(12月27.4、6か月平均25.5)
    週平均就業時間:13.2(12月17.5、6か月平均12.3)

    ・消費者信頼感指数(%)

    雇用現況(%)
    十分:44.6(1月47.2、前年45.7)
    不十分:40.6(1月40.9、42.6)
    困難:14.8(1月11.9、11.7)

    6カ月後の予想
    雇用
    増加:16.2(1月16.5、前年19)
    減少:11.1(1月12.9、12.3)
    不変:72.7(1月70.6、68.7)

    所得
    増加:22(1月21.6、20.6)
    減少:6.7(8.0、8.3)
    不変:71.3(70.4、71.1)

    ・失業保険申請件数
        件数 前週比 4週平均 継続受給者数     
    02/22/20| 219,000|   8,000| 209,750 |   n/a    
    02/15/20| 211,000|   5,000| 209,250 |  1,724,000
    02/08/20| 206,000|   3,000| 212,250 |  1,733,000
    02/01/20| 203,000| -14,000| 212,000 |  1,701,000
    01/25/20| 217,000|  -6,000| 214,750 |  1,759,000
    01/18/20| 223,000|  18,000| 216,250 |  1,703,000
    01/11/20| 205,000|  -9,000| 216,500 |  1,747,000
    01/04/20| 214,000|  -9,000| 224,000 |  1,768,000

    ■市場予想
    失業率:3.6%(1月3.6%)
    非農業部門雇用者数:前月比+17.5万人(1月+22.5万人)
    民間部門雇用者数:前月比+16万人(1月+20.6万人)
    平均時給:予想:前月比+0.3%、前年比+3.0%(1月+0.2%、+3.1%)

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)08時11分
    NY金先物は米国株高を意識して上げ渋る

    COMEX金4月限終値:1643.00 ↓1.40

     4日のNY金先物4月限は上げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、前営業日比-1.40ドルの1オンス=1643.00ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1632.60ドル−1654.30ドル。時間外取引のアジア市場では1654.30ドルまで買われた後に1632.60ドルまで下落。その後、1650.60ドルまで戻したが、通常取引開始後は株高を意識して1640ドルを挟んだ水準で推移し、上げ渋った。


    ・NY原油先物:弱含み、米国株大幅高も48ドル台前半で上げ渋る

    NYMEX原油4月限終値:46.78 ↓0.40

     4日のNY原油先物4月限は弱含み。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は、前営業日比-0.40ドルの1バレル=46.78ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは、46.65ドル−48.41ドル。4日の通常取引開始後に48.41ドルまで買われたが、その後は上げ渋り。米国株式は大幅高となったものの、原油先物は47ドルを挟んだ水準でのもみ合いが続いた。米エネルギー情報局(EIA)が4日発表した石油在庫統計によると、原油在庫は市場予想を下回る増加にとどまり、ガソリン在庫は予想以上に減少したが、買いは続かなかった。

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)08時01分
    NY市場動向(取引終了):ダウ1173.45ドル高(速報)、原油先物0.02ドル高

    【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *ダウ30種平均 27090.86 +1173.45   +4.53% 27102.34 26286.31   30   29
    *ナスダック   9018.09 +334.00   +3.85%  9019.96  8757.66 2007  586
    *S&P500      3130.12 +126.75   +4.22%  3130.97  3034.38  479   25
    *SOX指数     1789.57  +84.31   +4.94%
    *225先物       21400 大証比 +270   +1.28%

    【 為替 】               前日比       高値    安値
    *ドル・円     107.50   +0.37   +0.35%   107.69   106.85
    *ユーロ・ドル   1.1132 -0.0041   -0.37%   1.1187   1.1096
    *ユーロ・円    119.66   -0.03   -0.03%   120.13   119.04
    *ドル指数      97.39   +0.24   +0.25%   97.59   97.12

    【 債券 】           前日比       高値    安値
    * 2年債利回り    0.67   -0.03      0.70    0.61
    *10年債利回り    1.04   +0.04      1.05    0.93
    *30年債利回り    1.69   +0.08      1.69    1.56
    *日米金利差     1.17   +0.17

    【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
    *原油先物      47.20   +0.02   +0.04%   48.41   46.65
    *金先物       1637.4   -7.0   -0.43%   1654.3   1632.6
    *銅先物       258.7   +1.4   +0.54%   260.0   257.0
    *CRB商品指数   164.67   -0.26   -0.16%   166.39   164.32

    【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *英FT100     6815.59  +97.39   +1.45%  6856.27  6700.23   69   30
    *独DAX     12127.69 +142.30   +1.19% 12199.82 11929.24   22   8
    *仏CAC40     5464.89  +71.72   +1.33%  5493.25  5357.35   27   12

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)07時59分
    世界各国通貨に対する円:対ドル0.35%安、対ユーロ横ばい

                      現在値    前日比       %   前日終値
    *ドル・円           107.51円   +0.38円    +0.35%   107.13円
    *ユーロ・円         119.69円   +0.00円    +0.00%   119.69円
    *ポンド・円         138.33円   +1.10円    +0.80%   137.22円
    *スイス・円         112.34円   +0.31円    +0.27%   112.03円
    *豪ドル・円          71.19円   +0.67円    +0.95%   70.52円
    *NZドル・円         67.67円   +0.45円    +0.66%   67.22円
    *カナダ・円          80.24円   +0.15円    +0.19%   80.09円
    *南アランド・円        7.04円   +0.08円    +1.19%    6.95円
    *メキシコペソ・円       5.50円   -0.00円    -0.07%    5.51円
    *トルコリラ・円       17.69円   +0.15円    +0.88%   17.54円
    *韓国ウォン・円        9.07円   +0.05円    +0.54%    9.02円
    *台湾ドル・円         3.59円   +0.02円    +0.61%    3.57円
    *シンガポールドル・円   77.65円   +0.48円    +0.62%   77.17円
    *香港ドル・円         13.83円   +0.05円    +0.34%   13.79円
    *ロシアルーブル・円     1.62円   +0.00円    +0.23%    1.62円
    *ブラジルレアル・円     23.45円   -0.29円    -1.23%   23.74円
    *タイバーツ・円        3.43円   +0.02円    +0.54%    3.41円
                  年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
    *ドル・円            -1.01%   112.40円   104.46円   108.61円
    *ユーロ・円           -1.71%   126.81円   115.87円   121.77円
    *ポンド・円           -3.99%   148.88円   126.55円   144.07円
    *スイス・円           +0.02%   114.39円   106.74円   112.31円
    *豪ドル・円           -6.62%   80.72円   69.33円   76.24円
    *NZドル・円         -7.49%   76.78円   66.31円   73.15円
    *カナダ・円           -4.05%   84.75円   78.51円   83.63円
    *南アランド・円        -9.24%    8.05円    6.78円    7.75円
    *メキシコペソ・円       -4.10%    6.01円    5.19円    5.74円
    *トルコリラ・円        -2.99%   20.76円   16.51円   18.24円
    *韓国ウォン・円        -3.50%    9.91円    8.59円    9.40円
    *台湾ドル・円         -0.88%    3.71円    3.33円    3.62円
    *シンガポールドル・円    -3.84%   82.87円   75.04円   80.75円
    *香港ドル・円         -0.84%   14.42円   13.32円   13.95円
    *ロシアルーブル・円     -7.41%    1.80円    1.58円    1.75円
    *ブラジルレアル・円     -13.11%   29.60円   23.42円   26.98円
    *タイバーツ・円        -6.15%    3.73円    3.40円    3.65円

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)07時25分
    NYマーケットダイジェスト・4日 株急騰・金利上昇・ユーロ安

    (4日終値)
    ドル・円相場:1ドル=107.53円(前営業日比△0.40円)
    ユーロ・円相場:1ユーロ=119.75円(△0.06円)
    ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1136ドル(▲0.0037ドル)
    ダウ工業株30種平均:27090.86ドル(△1173.45ドル)
    ナスダック総合株価指数:9018.09(△334.00)
    10年物米国債利回り:1.05%(△0.05%)
    WTI原油先物4月限:1バレル=46.78ドル(▲0.40ドル)
    金先物4月限:1トロイオンス=1643.0ドル(▲1.4ドル)

    ※△はプラス、▲はマイナスを表す。

    (主な米経済指標)       <発表値>  <前回発表値>
    2月ADP全米雇用報告        18.3万人  20.9万人・改
    2月米ISM非製造業指数        57.3      55.5

    ※改は改定値、▲はマイナスを表す。

    (各市場の動き)
    ・ドル円は反発したものの、NY市場に限れば大きな方向感は出なかった。米大統領選の民主党候補指名争いで、中道派のバイデン前副大統領が躍進すると米国株が急伸し円売り・ドル買いを誘った。2月ADP全米雇用報告や2月米ISM非製造業指数が予想を上回ったことも相場の支援材料となった。半面、ユーロ円やカナダドル円など一部クロス円の下落につれた売りが出てドル円の上値を抑えた。「FRBが17−18日のFOMCで追加緩和を決断する」との観測が浮上していることもドルの重し。

    ・ユーロドルは5日ぶりに反落。欧州時間発表の2月仏・独・ユーロ圏サービス部門PMI改定値が予想を下回ったことで全般ユーロ売りが先行。EUの欧州委員会がフランスとイタリアのリセッションリスクを指摘したこともユーロ売り・ドル買いを促し、23時30分過ぎに一時1.1096ドルと日通し安値を付けた。ただ、200日移動平均線が位置する1.1099ドル前後がサポートとして働くと下げ渋った。
     なお、前日の米緊急利下げを受けてECBも臨時会合を開催したものの、利下げなど金融政策については協議されなかったとみられる。ユーロ圏短期金融市場では12日のECB理事会で0.10%の利下げが織り込まれている。

    ・ユーロ円は小反発。予想を下回る欧州PMI改定値を受けて円買い・ユーロ売りが先行。欧州委員会が仏伊のリセッションリスクを指摘したことも嫌気されて一時119.04円と日通し安値を付けた。ただ、売り一巡後はユーロドルと同様に買い戻しが入り持ち直した。
     なお、ユーロ圏各国の財務相はこの日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて電話協議し、「財政措置を含むさらなる政策をとる準備はできている」との声明を発表した。

    ・カナダドルは軟調だった。BOCはこの日、政策金利を0.50%引き下げて1.25%にすることを決めたと発表。市場では0.25%の利下げを予想する向きが多かっただけに、マーケットはカナダドル売りで反応した。米ドルカナダドルは一時1.3431カナダドル、カナダドル円は79.89円付近までカナダドル安に振れた。なお、BOCは声明で「世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、必要なら追加利下げを行う用意がある」と表明した。

    ・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反発。米大統領選の民主党候補指名争いで、中道派のバイデン前副大統領が躍進したことを好感した買いが膨らんだ。2月ADP全米雇用報告や2月米ISM非製造業指数が予想を上回ったことも買い安心感につながった。個別ではユナイテッドヘルスやアメリカン・エキスプレスなどの上昇が目立ち、ダウ平均を構成する全30銘柄が上げた。
     ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も大幅反発した。

    ・米国債券相場で長期ゾーンは反落。2月ADP全米雇用報告や2月米ISM非製造業指数が予想を上回ったことを受けて債券売りが出たほか、米国株の急騰が相場の重しとなった。

    ・原油先物相場は3日ぶりに反落。5-6日に予定されているOPEC加盟国とロシアなど非加盟産油国の会合で追加減産が決定されるとの見方を背景にこの日も買いが先行した。また、EIAの在庫統計で、原油在庫は78.4万バレルの積み増しと、市場予想を下回ったことも買いを後押ししたが、新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大による景気後退への懸念が根強く、徐々に売りに押されて前日比で反落して取引を終えた。

    ・金先物相場は3日ぶりに小反落。米株が大幅反発するなど、新型肺炎の経済的影響を背景としたリスクオフの動きが緩み、金の買いが一服した。ただ、3日に緊急利下げに踏み切ったFRBが17−18日の会合で追加利下げを行うとの見方も強い中、下値は限られた。

  • FXニュース:2020年03月05日(木)07時06分
    ニューヨーク外国為替市場概況・4日 ドル円、反発

     4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は反発。終値は107.53円と前営業日NY終値(107.13円)と比べて40銭程度のドル高水準だった。ただ、NY市場に限れば大きな方向感は出なかった。米大統領選の民主党候補指名争いで、中道派のバイデン前副大統領が躍進すると米国株が急伸し円売り・ドル買いを誘った。2月ADP全米雇用報告や2月米ISM非製造業指数が予想を上回ったことも相場の支援材料となった。半面、ユーロ円やカナダドル円など一部クロス円の下落につれた売りが出てドル円の上値を抑えた。「米連邦準備理事会(FRB)が17−18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加緩和を決断する」との観測が浮上していることもドルの重し。

     ユーロドルは5営業日ぶりに反落。終値は1.1136ドルと前営業日NY終値(1.1173ドル)と比べて0.0037ドル程度のユーロ安水準だった。欧州時間発表の2月仏・独・ユーロ圏サービス部門PMI改定値が予想を下回ったことで全般ユーロ売りが先行。欧州連合(EU)の欧州委員会がフランスとイタリアのリセッションリスクを指摘したこともユーロ売り・ドル買いを促し、23時30分過ぎに一時1.1096ドルと日通し安値を付けた。ただ、200日移動平均線が位置する1.1099ドル前後がサポートとして働くと下げ渋った。
     なお、前日の米緊急利下げを受けて欧州中央銀行(ECB)も臨時会合を開催。利下げなど金融政策については協議されなかったとみられる。ユーロ圏短期金融市場では12日のECB理事会で0.10%の利下げが織り込まれている。

     ユーロ円は小反発。終値は119.75円と前営業日NY終値(119.69円)と比べて6銭程度のユーロ高水準。予想を下回る欧州PMI改定値を受けて円買い・ユーロ売りが先行。欧州委員会が仏伊のリセッションリスクを指摘したことも嫌気されて一時119.04円と日通し安値を付けた。ただ、売り一巡後はユーロドルと同様に買い戻しが入り持ち直した。
     なお、ユーロ圏各国の財務相はこの日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて電話協議し、「財政措置を含むさらなる政策をとる準備はできている」との声明を発表した。

     カナダドルは軟調だった。カナダ銀行(BOC、中央銀行)はこの日、政策金利を0.50%引き下げて1.25%にすることを決めたと発表。市場では0.25%の利下げを予想する向きが多かっただけに、マーケットはカナダドル売りで反応した。米ドルカナダドルは一時1.3431カナダドル、カナダドル円は79.89円付近までカナダドル安に振れた。なお、BOCは声明で「世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、必要なら追加利下げを行う用意がある」と表明した。

    本日の参考レンジ
    ドル円:106.85円 - 107.69円
    ユーロドル:1.1096ドル - 1.1187ドル
    ユーロ円:119.04円 - 120.13円

  • FXニュース:2020年03月05日(木)06時40分
    本日のスケジュール

    <国内>
    08:50 対外・対内証券投資(先週)
    10:30 鈴木日銀審議委員が福島県金融経済懇談会であいさつ


    <海外>
    09:30 豪・貿易収支(1月) 48.00億豪ドル 52.23億豪ドル
    21:00 ブ・PPI 製造業(1月)  0.8%
    22:30 米・新規失業保険申請件数(先週)  21.9万件
    22:30 米・労働生産性(10-12月) 1.3% 1.4%
    24:00 米・製造業受注(1月) -0.4% 1.8%

      英・カーニーイングランド銀行(英中央銀行)総裁が講演
      オーストリア・石油輸出国機構(OPEC)臨時総会
      経済協力開発機構(OECD)が経済見通しを公表
      米・ダラス連銀総裁が講演
      米・ニューヨーク連銀総裁が講演


    ---------------------------------------------------------------------
    注:数値は市場コンセンサス、前回数値

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)06時22分
    大証ナイト終値21400円、通常取引終値比270円高

    大証ナイト終値21400円、通常取引終値比270円高

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)06時05分
    【ディーラー発】円売り進行(NY午後)

    NYダウが前日比1200ドル近くまで騰勢を強めたことを受け、リスク選好の円売りが進行。ドル円は米債利回りの上昇も支えとなり107円52銭付近まで反発。クロス円もユーロ円が119円74銭付近まで、豪ドル円が71円22銭付近まで買い戻されたほか、ポンド円は138円35銭付近まで水準を切り上げ本日高値を更新。また、序盤に強まったカナダドル売りは一巡しドルカナダが1.3388付近まで失速、カナダ円は80円26銭付近まで持ち直す状況となっている。6時05分現在、ドル円107.481-491、ユーロ円119.695-715、ユーロドル1.11365-373で推移している。

  • FXニュース:2020年03月05日(木)06時06分
    NY外為:リスク警戒感後退、ダウ1000ドル超高、スーパーチューズデーの結果を好感

     NY外為市場では引けにかけた株高に連れて、リスク選好の動きが強まった。ダウ平均株価は1000ドル超高。米10年債利回りも1%を回復した。

    ドル・円は107円45−50銭までじり高。ユーロ・円は119円00銭から119円66銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.1140ドルから1.1133ドルへ軟化。

    3日に行われた「スーパーチュースデー」、米大統領選の民主党候補指名予備選で今までリードしていた超左派、反ビジネス派サンダース氏を追い越し、穏健派とされるバイデン氏が第1位に躍り出た。

    国家の歳出を拡大、増税が警戒されてた国民皆保険制度の導入や、学費を無料にするなどの同氏の政策が実行される可能性が後退したことが投資家に安心感を与えた。

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)05時54分
    3月4日のNY為替・原油概況

     4日のニューヨーク外為市場でドル・円は107円59銭まで上昇後、107円15銭まで下落して引けた。

    米2月ADP雇用統計や2月ISM非製造業景況指数が予想を上回りドル売りが後退。
    さらに、米大統領選の民主党候補指名予備選で穏健派とされるバイデン氏が予想外に健闘し超左派で反ビジネス派として知られるサンダース氏の攻勢を抑制したことや、米連邦準備制度理事会(FRB)に続いてカナダ中銀も積極的な利下げに踏み切るなど、中銀や政府の景気刺激策が新型肺炎による成長への悪影響を抑えるとの期待も広がり、リスク選好の円売りが再燃した。

    ただ、米10年債利回りが引き続き低下したため上値が抑制された。

    ユーロ・ドルは、1.1096ドルまで下落後、1.1145ドルまで上昇して引けた。

    欧州中央銀行(ECB)も追加緩和に踏み切るとの思惑を受けたユーロ売りに押された。

    ユーロ・円は119円73銭から119円04銭まで下落した。

    ポンド・ドルは1.2797ドルから1.2872ドルまで上昇した。

    ドル・スイスは0.9583フランから0.9551フランまで下落した。

     4日のNY原油先物は反落。米週次統計で、原油在庫が予想を下回ったため買い優勢で始まったが、ロシアが追加減産に難色を示しているとの報道で、売りに転じた。
    [経済指標]
    ・米・2月ISM非製造業景況指数:57.3(予想:54.8、1月:55.5)
    ・米・2月サービス業PMI改定値:49.4(予想:49.4、速報値:49.4)
    ・米・2月総合PMI速報値:49.6(速報値:49.6)
    ・米・2月ADP雇用統計:前月比+18.3万人(予想:+17.0万人、1月:+20.9万人←+29.1万人)

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)04時55分
    ドル円、上値重い ダウは一時910ドル超上昇

     ドル円は上値が重い。ダウ平均は一時910ドル超上昇したものの、ドル円への影響は限定的だった。4時54分時点では107.31円付近で推移している。
     なお、米連邦準備理事会(FRB)は3日に緊急利下げに踏み切ったものの、2週間後の17−18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加緩和を決断するとの観測が浮上している。

  • FXニュース:2020年03月05日(木)04時28分
    NY市場動向(午後2時台):ダウ780ドル高、原油先物0.16ドル安

    【 米国株式 】         前日比    高値   安値  ↑ / ↓
    *ダウ30種平均 26714.94 +797.53 +3.08% 26775.40 26286.31  30  29
    *ナスダック   8901.40 +217.31 +2.50% 8933.66 8757.66 1780 701
    *S&P500     3088.65 +85.28 +2.84% 3093.92 3034.38 448  57
    *SOX指数     1762.60 +57.34 +3.36%  
    *225先物    21320 大証比 +190 +0.90%  
       
    【 為替 】           前日比    高値   安値 
    *ドル・円     107.39  +0.26 +0.24%  107.67  107.15 
    *ユーロ・ドル  1.1134 -0.0039 -0.35%  1.1173  1.1096 
    *ユーロ・円   119.57  -0.12 -0.10%  120.08  119.03 
    *ドル指数     97.37  +0.22 +0.23%   97.59   97.12 
       
    【 債券 】         前日比       高値   安値 
    * 2年債利回り   0.64  -0.06        0.00   0.00 
    *10年債利回り   0.99  -0.01        0.00   0.00 
    *30年債利回り   1.63  +0.01        0.00   0.00 
    *日米金利差    1.12  +0.01   
       
    【 商品/先物 】        前日比    高値   安値 
    *原油先物     47.02  -0.16 -0.34%   48.41   46.65 
    *金先物      1638.40 -6.00 -0.37%  1654.30 1632.60 
       
    【 欧州株式 】         前日比    高値   安値  ↑ / ↓
    *英FT100    6815.59 +97.39 +1.45% 6856.27 6700.23  69  30
    *独DAX    12127.69 +142.30 +1.19% 12199.82 11929.24  22   8
    *仏CAC40    5464.89 +71.72 +1.33% 5493.25 5357.35  27  12

    Powered by フィスコ
  • FXニュース:2020年03月05日(木)04時11分
    ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ドル円 伸び悩む

     4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は伸び悩む。4時時点では107.46円と2時時点(107.34円)と比べて12銭程度のドル高水準。ダウ平均が850ドル超高まで上げ幅を拡大し、米10年債利回りも0.99%台まで低下幅を縮小する動きとなり、ドル円は底堅い動きも107円半ばで伸び悩んだ。
     4時に公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、新型ウイルスはいくつかのサプライチェーンに影響を与えていると指摘するも、米経済活動は緩慢なペースで拡大しているとの見解が示された。

     ユーロドルはもみ合い。4時時点では1.1131ドルと2時時点(1.1129ドル)と比べて0.0002ドル程度のユーロ高水準。1時ごろにつけた1.1145ドルを戻り高値に1.1130ドル前後で動意が鈍い。欧州連合(EU)の欧州委員会がフランスとイタリアのリセッションリスクを指摘したことや、来週に欧州中央銀行(ECB)理事会を控えていることで、徐々に上値も重くなっている。

     ユーロ円は小動き。4時時点で119.61円と2時時点(119.46円)と比べて15銭程度のユーロ高水準。米株高を受けたリスクオンの円売りは強まらず、119円半ばで小動き。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:106.85円 - 107.69円
    ユーロドル:1.1096ドル - 1.1187ドル
    ユーロ円:119.04円 - 120.13円

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2417人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106420人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2021年06月12日(土)の最新のFXニュース

「最新のFXニュース」をもっと見る>>

2021年
01月   02月   03月   04月   05月   06月  
2020年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ