ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

YJFX![外貨ex]は取引でPayPayか現金がもらえる!【増額中】ザイFX!限定で4000円もらえるキャンペーン中!

ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
バックナンバー

“スワップ11倍デー”にザイFX!編集長が
4億5000万円分のポジションを建てた結果!?

2019年05月15日(水)20:55公開 [2019年05月15日(水)20:55更新]

GMOクリック証券は取引高9年連続世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■異変!? マイナス額が大きすぎるのでは…

 しかし、話はそこまで簡単には終わらなかった。

 筆者の手元に残っている2019年4月25日(木)の午前6時を少し過ぎた段階での外為オンライン[外為オンラインFX]SBI FXトレードの口座状況のキャプチャを見てみよう。

外為オンライン[外為オンラインFX]では口座の評価損益がプラス42万7000円となっていた。

筆者の外為オンライン[外為オンラインFX]の口座状況(4月25日(木)午前6時過ぎ)
筆者の外為オンライン[外為オンラインFX]の口座状況(4月25日(木)午前6時6分頃)

 一方のSBI FXトレードではマイナス51万4000円となっていた。10万円弱もSBI FXトレードのマイナス額が大きいのだ。10万円弱は大きすぎると直感的に思った。

筆者のSBI FXトレードの口座状況(4月25日(木)午前6時過ぎ)
筆者のSBI FXトレードの口座状況(4月25日(木)午前6時11分頃)

 どうなっているのだろうか?

 ここで前回の記事で引用した元為替ディーラーの「たかはと」さんのつぶやきを今一度、引用しておこう。

【前回の記事】
平成最後の祭り、“スワップ11倍デー”にザイFX!編集長が含み損50万円突破!?

 「たかはと」さんのつぶやいているとおり、スワップ付与日数が異なる2社で為替レートが異なるという恐ろしい事態も考えられる。外為オンライン[外為オンラインFX]SBI FXトレードの為替レートはどうなっているだろうか?

 筆者が取っておいたキャプチャは外為オンライン[外為オンラインFX]が午前6時6分頃のもの、SBI FXトレードが午前6時11分頃のものと5分ほど異なってしまっている(いろいろバタバタしていて、気づいたらこれしか残っていなかった)。

外為オンラインとSBI FXトレードの為替レート(4月25日(木)午前6時過ぎ)
筆者の外為オンライン[外為オンラインFX]とSBI FXトレードの口座状況(4月25日(木)午前6時過ぎ

 5分ほど違う時刻のものではあるが、米ドル/円のレートは外為オンライン[外為オンラインFX]が112.11円-112.12円で、SBI FXトレードが112.0976円-112.1254円。大差はない。また、筆者が観察していた限りでも2社の米ドル/円レートに大きな差はないと思えた。

 そこで筆者は単純なことなのだが、あることに気づいたのだった。

外為オンライン[外為オンラインFX]の評価損益にはスワップ分のマイナスが含まれているのに、SBI FXトレードの評価損益にはスワップ分のプラスが含まれていないのだ。同じ「評価損益」という言葉でも両口座には違いがあるのだった。

 ちょっと焦った筆者だったが、これがわかって胸をなで下ろした。

■日本時間早朝のスプレッド拡大でちょっと発見

 ただ、それでもまだSBI FXトレードのマイナス額が大きすぎる感じがする。どうもそれはスプレッド拡大の影響があるようだった。

外為オンライン[外為オンラインFX]のスプレッドは1銭。通常時と変わりはない。けれど、SBI FXトレードは50万通貨の取引なら通常時、0.29銭のはずのスプレッドが2.78銭まで拡大していたのである。

SBI FXトレードの取引画面(4月25日(木)午前6時11分頃)
SBI FXトレードの取引画面(4月25日(木)午前6時11分頃

 午前6時過ぎという日本時間早朝においては、業界最先端を走る1社というイメージがあるSBI FXトレードよりも、裁量トレード口座としては古風な趣さえ感じられる外為オンライン[外為オンラインFX]のスプレッドの方が狭いのだ。これもちょっとしたオドロキの発見だった。

 けれど、ここで筆者は羊飼いさんからもらったコメントを思い出していた。羊飼いさんは、スワップポイント付与後の方がスプレッドが通常時の状態に戻りにくく、それは8時まで続くかもしれないと指摘していたのだ前回の記事参照)

【前回の記事】
平成最後の祭り、“スワップ11倍デー”にザイFX!編集長が含み損50万円突破!?

羊飼いさんからのコメント2(再掲載)
羊飼いさんからのコメント2(再掲載)

 実際、筆者がFX取引高7年連続世界一の業界大手、GMOクリック証券[FXネオ]の状況を見に行ってみると、そちらも米ドル/円のスプレッドは2.4銭などに拡大していた。SBI FXトレードのスプレッドだけが拡大していたわけではないのだった。

GMOクリック証券[FXネオ]の取引画面(4月25日(木)午前6時15分頃)
GMOクリック証券[FXネオ]の取引画面(4月25日(木)午前6時15分頃

 スワップポイント付与後にスプレッドが拡大するのは通例のことであり、いずれまた戻るのであれば心配することはないだろう。このときは羊飼いさんにあらかじめ話を聞いておいて良かったと筆者は思ったのだった。

 ここまで来れば、あとはスプレッドが元に戻るのを待ってから、売り買い両建てのポジションをおおよそ同じタイミングで解消すればいいだけだ。

 そして、このようなことを確認した上で、午前6時25分に筆者は自分のツイッターで「含み損が50万円突破!」と速報して、正直、ちょっと楽しんでいた。その裏では逆方向のポジションでちゃんとヘッジしてある含み損50万円突破だったのだ。

■100万円以上のスワップポイントをゲットした有名トレーダーも

 そんなことをしていた4月25日(木)の早朝、バイナリーオプションをメインで取引している億トレーダーの「ふさふさ」さんが以下のようなツイートをしていた。

「ふさふさ」さんは1000万通貨の米ドル/円買いポジションを建て、11日分で103万4000円ものスワップポイントをもらったようだった。筆者と同じ「売り買い両建て」でやっているようなので、これ以外にコストが発生し、“純利益”はもう少し少ないはずだが、それにしても大きな利益だ。

 「ふさふさ」さんのツイートには、メチャクチャ取引量の多い有名億トレーダーのAkiさんから、こんなリプライも…

 また、筆者も「ふさふさ」さんのツイートにリプライしてみたところ、「ふさふさ」さんからは「怖かったです:;(∩´?`∩);:」との感想が…。

 本記事シリーズで何度か書いてきたとおり、「売り買い両建てスワップタダ取りトレード」は為替変動リスクは基本的にはゼロなのだが、ものすごい相場急変があって片側のポジションだけ強制ロスカットになってしまう事態になることだけは怖い。「ふさふさ」さんはそれを乗り越え、トレードを成功させたのだった。

■秒速トレードなら買ってすぐ売る手法で儲かった可能性あり!?

 ここで、筆者は実行していないが、スワップ11倍付与の直前に米ドル/円を買って、直後に売る手法はどうだったのか、検証してみよう。

 午前6時近辺に、外為オンライン[外為オンラインFX]は10分間、SBI FXトレードは30分間のメンテナンス時間がある。したがって、買ってすぐ売るやり方には適していない。

 そこで月曜から金曜までメンテナンス時間がなく、ノンストップで走り続けるGMOクリック証券[FXネオ]の米ドル/円がどうなったか、見てみることにする。

 以下のとおり、GMOクリック証券[FXネオ]のスワップポイントは今のような夏時間であれば、午前6時00分に付与されることになっている。

GMOクリック証券[FXネオ]のスワップポイント反映時刻のルール
GMOクリック証券[FXネオ]のスワップポイント反映時刻のルール

 都合により、GMOクリック証券[FXネオ]の当時の米ドル/円チャートは10分足のものしか取れていなかったので、以下に掲載するのは10分足のチャートだ。

午前6時ちょうどのローソク足は大きめの陰線となっており、この瞬間に下がったことはわかる。

米ドル/円 10分足
米ドル/円 10分足

(出所:GMOクリック証券[FXネオ]

 これ以上、細かいことはわかるだろうか? GMOクリック証券[FXネオ]はすばらしいことに2007年以降の1分足のヒストリカルデータすべてをマイページからダウンロードすることが可能だ。

【参考記事】
為替の過去データをFXトレードに活用! ティックや1分足データはどこで入手できる?

 余談になるが、以下の記事もこのGMOクリック証券[FXネオ]のヒストリカルデータを利用して書かれている。

【参考記事】
「仲値トレード」って本当に儲かるの?(1) 実は巷で言われているような法則はない!?
「仲値トレード」って本当に儲かるの?(2) 相場観一切無視で勝率7割超の手法発見!?

GMOクリック証券[FXネオ]のヒストリカルデータを見ると、2019年4月25日(木)午前5時59分の1分足の終値でASKは112.205円となっていた。ASKはユーザー側から見て買うことのできるレートのことだ。実際上、こんなにギリギリにトレードできるかは置いておくと、理論的にはスワップ11倍付与直前に買うことのできたレートは112.205円ということになる。

 そして、2019年4月25日(木)午前6時00分の始値でBIDは112.181円となっていた。BIDはユーザー側から見て売ることのできるレートだ。秒速で買ってすぐ売るトレードがもしもできるのであれば、理論的には

 112.205-112.181円=0.024円

 となって0.024円、つまり、2.4銭損しただけということになる。1万通貨なら240円の損失だ。

 その一方、GMOクリック証券[FXネオ]では米ドル/円1万通貨の買いでこのとき、11日分のスワップポイント、869円がもらえたので、差し引き1万通貨当たり629円の利益が出たことになる。

■買ってすぐ売る手法はやはり難しそう?

 ただし、GMOクリック証券[FXネオ]で2019年4月25日(木)午前6時00分の1分足で終値のBIDは112.118円まで下がっている。1分近くかけてここまで下がったのか、ものの1秒足らずで下がったのかはわからない。この112.118円で売ったとすれば、

 112.205-112.118円=0.087円

 となって0.087円、つまり8.7銭損することになる。1万通貨なら870円の損失だ。これはこのとき付与された11日分のスワップポイント、869円とほぼ同じ金額になってしまう。

 そして、スワップポイントが本当に付与されたか、瞬時に確認するのは大変かもしれない。

GMOクリック証券[FXネオ]のスワップポイントは取引画面内の「FXトレード日記」欄に表示されるのだが、そこを何度もリロードするのか、GMOクリック証券[FXネオ]の取引画面内の時刻が午前6時00分になるのを凝視しておくのか、はたまた精密な電子時計でも用意しておくのか──いずれにしてもスワップ付与の直前に買って、直後に売る手法はGMOクリック証券[FXネオ]を検証した限りでは結構難しそうに思えた(その後、午前9時台になると、米ドル/円レートは11日分のスワップポイント付与前の水準を回復はしていたが…)

 なお、トルコリラ/円などの状況も含め、“スワップ11倍デー”の朝の模様は以下の記事でもまとめている。こちらもご参考に。トルコリラ/円は11日分のスワップポイント付与後にずいぶん派手に下落していた。

【参考記事】
トルコリラのスワップは付与直後の下落で帳消しに!? 「スワップ11倍デー」の結末は?

トルコリラ/円 1分足
トルコリラ/円 1分足

(出所:Bloomberg)

 また、4月25日(木)の早朝に羊飼いさんは以下のようなツイートをしていた。昔からの事情をよ~く知っている羊飼い先生による「FXの歴史」の授業が展開されていたのだった。

■4時間のトレードで約15万円の利益を上げた

前回の記事を含め、ここまで書いてくるのにかなり長くなってしまったが、とうとう“スワップ11倍デートレード”のゴールが見えてきた。拡大していたSBI FXトレードのスプレッドは午前7時台後半になると、段々通常時のものに戻っていった。羊飼いさんの情報のとおりだった。

【前回の記事】
平成最後の祭り、“スワップ11倍デー”にザイFX!編集長が含み損50万円突破!?

 そこで、筆者は午前7時30分頃から午前7時50分頃にかけて、「50万通貨×4セットの売り買い両建てポジション」を1つずつ解消していったのだった。

 今回も一定の緊張感を持って、少しでも利益が多くなるよう、外為オンライン[外為オンラインFX]SBI FXトレードのレートを見比べながら発注ボタンを押した(実際に少しでも利益が多くなったかどうかは定かではないが…)

 以下は今回の米ドル/円売り買い両建てトレードのSBI FXトレードでの約定取引明細(本物)だ。

筆者のSBI FXトレードでの約定取引明細(今回の米ドル/円取引に関するもの)
筆者のSBI FXトレードでの約定取引明細(今回の米ドル/円取引に関するもの

SBI FXトレードのスマホアプリの約定取引明細は表示件数に限りがあるため、画像をつなげて一覧にしている

 そして、以下は今回の米ドル/円売り買い両建てトレードの外為オンライン[外為オンラインFX]での約定取引明細(本物)。

筆者の外為オンラインでの約定取引明細(今回の米ドル/円取引に関するもの、クリックで拡大)
筆者の外為オンラインでの約定取引明細(今回の米ドル/円取引に関するもの、クリックで拡大)

外為オンライン[外為オンラインFX]の約定取引明細は横幅が長く、そのまま掲載すると数字が小さくて見づらくなってしまう。そのため、取引証拠金など一部の項目をカットして画像をつなげ、横幅を短くして見やすくしている

 以上のスワップポイントの損益と為替差損益を表にまとめると以下のようになる。

FX会社
[口座名]
スワップポイント
損益
為替差損益
SBI FXトレード +20万6800円 -53万9050円
外為オンライン
[外為オンラインFX]
-2万3000円 +50万5000円
  合計 +14万9750円

 すべてを合計すると、資金は14万9750円増えていたのだった。

 先に書いたとおり、純粋にスワップポイントの合計だけなら18万3800円の利益だったはずだが、それより3万4050円少ない利益となった。スプレッド分の取引コストだけ利益が減ったわけだ。

 今回のトレードの最初の新規約定は2019年4月25日(木)午前3時50分、最後の決済約定は同午前7時50分。“スワップ11倍デー”の日本時間早朝に、合計4億5000万円分のポジションを建て、ピッタリ4時間かかって行ったトレードの、これが結果だった。

 こうして“スワップ11倍デー”に照準を合わせた筆者の「異業者売り買い両建てスワップタダ取りトレード」は成功に終わったのである。

 しかし、トレードというものは…いや、そもそもたいていの物事はいい気になっていると、往々にしてしっぺ返しをくらったりするものだ。調子に乗った筆者は第2弾、“スワップ9倍デートレード”をこのあとやってみたのだが……。そこには筆者を奈落の底へ突き落とすような出来事が待っていたのだった。

「“スワップ9倍デー”後にFX会社によって為替レートが違う異変!? 正しいのはどっち?」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集長・井口稔 編集協力/ザイFX!編集部・藤本康文)

ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2825人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106907人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ