ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

ザイFX!で2018年を振り返ろう!(1)
米ドル一強! その時トルコショックが起きた

2018年12月21日(金)東京時間 15:22

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■乱高下したNYダウ、米ドル/円と連動しない時期も

 一方で、米ドル/円と株式相場は「リスクオン」「リスクオフ」の関係から連動しやすいものとしてなじみがありますが、2018年は連動する時期としない時期がハッキリ別れました

米ドル/円&NYダウ 日足
米ドル/円&NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

 2018年の米ドル/円とNYダウのチャートを並べてみると、NYダウは年初から急伸して当時の史上最高値を更新しましたが、米ドル/円は逆行して下落しました。

2月にはVIX指数の大暴騰などを背景にNYダウが史上最大の下落幅を記録し、このころから米ドル/円との連動性が高まってきます。

【参考記事】
NYダウ、史上最大の暴落にVIX指数の影。ビットコインも真っ青。2日で96%下落って!?

 10月3日にはNYダウが26828.39ドルと終値で史上最高値を再び更新。米ドル/円も10月4日に114.55円と2017年11月以来の高値をつけました。

 その後、米ドル/円は113円を挟んだ動きとなりましたが、NYダウは乱高下しながら大きく下げる展開に。11月6日(火)の米中間選挙を前に株を手仕舞う動きが強まりました。

 注目の米中間選挙は上院が共和党、下院が民主党の勝利で終わりました。これは市場のコンセンサスどおりだったのですが、米中間選挙を無事通過しても、株安には歯止めがかかりませんでした。年末にかけて株安の流れは強くなり、売りが売りを呼ぶ形となっています。

 その背景には、7月から9月にかけて米国が中国製品に対する制裁関税を第1弾から第3弾まで発動したことや、米金利の上昇が続いたことの悪影響が株式市場に出始めたとの見方があります。また、これまで長い間、株が上がりすぎだったことの反動もあるかもしれないですね。

 2019年は米ドル/円と株式相場の連動性が復活するのか、それとも米ドル/円とドルインデックスとの連動が続くのか注目ですね。

■ユーロや英ポンドに対しても米ドル高が加速

 先ほど、2018年は「米ドル高」が進んだ1年だったと書きましたが、米ドルはユーロや英ポンドに対しても上昇しました。

 以下のチャートはユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルと、高安を逆に表示したドルインデックスを並べたものです。

ユーロ/米ドル&ドルインデックス 日足
ユーロ/米ドル&ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

英ポンド/米ドル&ドルインデックス 日足
英ポンド/米ドル&ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

 2つのチャートから、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルもドルインデックスとほぼ連動していることがわかりますね。

 ICEのドルインデックスにおけるユーロの組み入れ比率は57.6%とあって、ユーロ/米ドルとドルインデックスの連動性は高いと考えられますが、実際にそのようになっています。

 一方、ドルインデックスにおける英ポンドの組み入れ比率は11.9%と、円の組み入れ比率である13.6%より低いですが、英ポンド/米ドルとドルインデックスの連動性は米ドル/円より高く見えますね。

【参考記事】
米ドル全体に賭けろ! FX界の日経平均=ドルインデックスを取引する方法があった!

 結局、米ドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドルの3通貨ペアと、上昇したドルインデックスの連動性が高かったということは、この3通貨ペアは2018年の1年間、米ドル高主導で動いたと言えるのかもしれません。

■米ドル高の裏側に欧州の政局不安

 2018年は米ドル高が主導した1年だったとは言っても、米国以外の地域で何も起こらなかったわけではありません。

 2018年にユーロ圏で起こった主な出来事として、まず挙げられるのがイタリアの政局混迷です。3月に行われたイタリア総選挙ではどの党も過半数に達せず、再選挙の可能性が浮上するなど6月まで組閣が難航しました。

【参考記事】
イタリア政局の不透明感でユーロ急落! リスクオフ要因多数!? 地政学的リスク警戒(5月17日、西原宏一)
政局混迷でユーロ/米ドルは6週連続陰線! サウジ増産示唆で原油急落! 影響は…!? (5月28日、西原宏一&大橋ひろこ)

 また、6月のECB(欧州中央銀行)理事会でドラギECB総裁が金利について「現在の水準に少なくとも2019年夏までとどまる」と発言。ECBの利上げ期待が後退しました。

【参考記事】
ECBの利上げ期待剥落でユーロ急落! 米中貿易摩擦の激化は米ドル安要因に?(6月18日、西原宏一&大橋ひろこ)

 さらに、8月からはイタリアの2019年予算案が話題に。イタリア予算案がEU(欧州連合)財政規律から大幅に逸脱しているとして、欧州委員会が史上初めて予算案を差し戻したり、イタリアが予算案の修正に応じない姿勢を示したこともありました。

【参考記事】
イタリア予算案リスクは織り込み済みでも、ユーロ/米ドルに1.11ドル台ヘの下落余地!(11月13日、バカラ村)

 2018年に欧州で起こったこれらの出来事はユーロ売りを誘い、全体的な米ドル高の進行とともにユーロ/米ドルを押し下げました。ユーロ/米ドルは2月の高値1.2555ドルから11月の安値1.1216ドルまで10.7%ほどの下落となりました。

■2018年もブレグジットに揺れた英ポンド

 一方、英ポンドについて2018年序盤に話題となったのが、武田薬品によるアイルランド製薬大手シャイアーの買収でした。

 2018年3月後半から「武田薬品がシャイアー買収を検討」と報じられたほか、買収額の引き上げが続いたことで、英ポンド/米ドルは4月に1.4377ドルとブレグジット(英国のEU離脱)決定前の2016年6月以来の高値をつけました。

 ですが、2019年3月にブレグジットを控えていることもあり、英ポンドの買いは続きませんでした。2018年7月からは「合意なき離脱(何の取り決めもないまま英国がEUを離脱すること)」が取り沙汰され始めます。

【参考記事】
日本のBrexit報道は正確ではない!? ソフト・ハード・合意なき離脱の違いとは?(9月12日、松崎美子)
合意なき離脱ならポンドは10~20%下落も。2度目の国民投票は? “クーデター”の噂も!?(9月17日、松崎美子)

 結局、ブレグジットの最終合意を取り付けるEU首脳会談は10月から11月に延期され、11月末にEU緊急首脳会議で英国が提案したEU離脱案が正式に決定されました。

 そして、12月11日(火)の英議会採決でEU離脱案が可決されれば、ブレグジットの枠組みが最終決定する予定でしたが、否決の可能性が高まったため、メイ英首相が採決を延期。2019年1月中旬に改めて採決が実施される予定となっています。

【参考記事】
メイ首相ピンチ! 次は野党から不信任動議!? 混迷のEU離脱交渉。英ポンドさらに下落か(12月13日、今井雅人)

メイ英首相写真

2018年12月11日(火)の英議会採決でEU離脱案が可決されれば、ブレグジットの枠組みが最終決定する予定だったが、メイ英首相は採決を延期。2019年1月中旬に改めて採決を行うと表明した (C)WPA Pool/Getty Images

 結局、ブレグジットを巡る先行き不透明感は年末になっても拭えず、全体的な米ドル高も進んだことで、英ポンド/米ドルは12月に1.2478ドルまで下落しました。4月の高値からの下げ幅は13.2%ほどとなりました。

 2018年は、政局不安のつきまとった欧州通貨から資金が流出し…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2402人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 96406人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[トライオートFX](11月20日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)+ヒロセ通商オリジナル2020年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](12月1日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで5万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(入金で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月29日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.17108.59

USDJPY

ユーロ/米ドル+0.00061.1025

EURUSD

南アランド/円+0.037.34

ZARJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 11月14日更新

米連続利下げ終了で株高も息切れ? ドル/円はレンジ。108円台前半で買いか



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

11月11日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果