ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

【2024年初開催!】FXトレーダー・志摩力男がマーケット解説&視聴者の質問にすべて答える1時間!2月28日(水)20時~ライブ配信開始!
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXとは?FX初心者のための基礎知識入門

GDP(国内総生産)とは?
名目GDPと実質GDPの違い、指標の見方や注目される
理由、米国GDPの詳細や発表時刻も解説

2023年12月15日(金)16:30公開 (2023年12月15日(金)16:30更新)
ザイFX!編集部

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

※重要な経済指標の結果がほぼリアルタイムで配信されるツールが無料で使える、おすすめのFX口座を紹介!
【※関連記事はこちら!】
経済指標の速報を、ほぼリアルタイムで知る方法! FX口座を開設すれば、誰でも無料で利用できるのが魅力! 「ロイター経済指標速報」を実際に使ってみた!

GDP(国内総生産)とは?

「GDP」とは、国内で一定期間に生み出されたモノ・サービス・財などの付加価値の合計金額を表した、その国の経済規模を表すデータです。「Gross Domestic Product」の頭文字をとった略称で、日本語では「国内総生産」と呼びます。経済の成長度合いや景気の動向を総合的に把握できることから、先行きの中長期的な景気の見通しを判断するうえでも重要なデータとされます。
【※関連記事はこちら!】
主要各国のGDP成長率の推移をグラフでチェック!

 付加価値とは、消費者が支払った最終的な価格(値段)から、原材料や生産にかかったコストを差し引いたもの。一般的には金額ベースより、「前期比(%)」や「前期比年率(%)」の数値が注目されます。

 前期比とは、前期(前の四半期)から付加価値の合計額にどれだけの増減があったかを表したもので、前期比と同じ増減率が1年間続いたと仮定した場合に、年間でどれぐらいになるかを推計したのが前期比年率です。多くの国で四半期ごとのデータが発表されますが、カナダのように四半期ごとのデータのほかに、前月比のGDPを毎月発表している国もあります。

GDPがプラスの推移を維持していれば景気が拡大、マイナスが続いていれば景気後退の局面にあると判断します。経済学的にはGDPが2四半期連続でマイナスになると、リセッション(景気後退)に入ったと定義するのが一般的です。

名目GDPと実質GDPの違い

 GDPには、「名目GDP」「実質GDP」の2種類があります。付加価値を単純に合計したのが名目GDPで、名目GDPから物価の影響を除いたものが実質GDPです。

 たとえば、前期の付加価値の合計金額が100億ドルで、今期が102億ドルなら、今期の名目GDPは前期比+2%です。ただし、前期から物価が2%上昇していた場合、今期の実質GDPはゼロ%となり、経済の規模そのものは前期と同じということになります。実際の計算では、物価の影響を除くときは後述する「GDPデフレーター」という指標を使います。

 通常は、FX会社の速報系ニュースなどが結果をヘッドラインでも伝える「実質GDP」のほうが、より注目されます

 経済のニュースなど目にすることがある「経済成長率」や「成長率」というのは、一般的には実質GDPの伸び率のことを指し、この数値が上昇しているか低下しているかで、経済が拡大しているか縮小しているかを判断します。

GDPデフレーターとは

「GDPデフレーター」とは、物価がどれだけ変動したかを示すデフレーター(価格指数)の1つです。GDPデフレーターがプラスなら物価が上昇、マイナスなら物価が下落していたと判断できます。

 物価の推移を表す経済指標としては消費者物価指数が有名ですが、GDPの統計で物価変動の影響を加味するときは、GDPデフレーターを使います。実質GDPは、名目GDPをGDPデフレーターで割って求めます。

 通常、GDPと同時にGDPデフレーターの結果も発表されるので、物価の変動を知るデータとしてあわせてチェックしておきたい指標です。

米国のGDP

「米国のGDP」は、米商務省経済分析局(BEA)が発表します。発表時刻は、米国がサマータイム(夏時間)中は日本時間午後9時30分、標準時間(冬時間)中は日本時間午後10時30分です。

 以下は、米GDP(米国のGDP)の、前期比年率の直近の推移です。

 米国では、四半期最終月の翌月末に「速報値」、その翌月末に詳細な材料も含めて推計した「改定値」、さらにその翌月末に「確報値」が発表されます。それ以外にも、毎年7月に過去3年分の改定がおこなわれます。

もっとも注目されるのは速報値ですが、改定値や確報値も大幅な変更があった場合は、為替レートを動かす材料になることがあります。
【※関連記事はこちら!】
主要各国のGDP成長率の推移をグラフでチェック!

■米GDP(米国のGDP)の概要
指標名 GDP(Gross Domestic Product)
発表元 米商務省経済分析局(BEA)
発表日 速報値…1・4・7・10月の各月末
改定値…2・5・8・11月の各月末
確報値…3・6・9・12月の各月末
発表時刻 米サマータイム(夏時間)…日本時間午後9時30分
米標準時間(冬時間)…日本時間午後10時30分

 米国ではそのほか、GDPと同時に発表される「個人消費」のデータも高い注目を集めます。これは、個人が購入した財やサービスの付加価値の合計金額を表したもので、個人消費はGDPの構成比率の7割近くを占めるため、米国の景気の先行きを予測するうえで有効だと考えられています。

※重要な経済指標の結果がほぼリアルタイムで配信されるツールが無料で使える、おすすめのFX口座を紹介!
【※関連記事はこちら!】
経済指標の速報を、ほぼリアルタイムで知る方法! FX口座を開設すれば、誰でも無料で利用できるのが魅力! 「ロイター経済指標速報」を実際に使ってみた!
■ザイFX!読者が選んだFX口座はココだ!(総合ランキング・トップ3)
【総合1位】GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページ
GMOクリック証券「FXネオ」
人気の理由人気の理由 取引ツールの使いやすさ、狭いスプレッドと高水準のスワップポイントで、あらゆるトレーダーにおすすめ!
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページ
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
人気の理由人気の理由 業界屈指の豊富で質の高い情報コンテンツと上位水準のスペックで、総合的に満足度の高いFX口座!
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】楽天証券「楽天FX」⇒詳細ページ
楽天証券「楽天FX」
人気の理由人気の理由 狭いスプレッドと、機能性の高い取引ツールが使える、取引環境の良さで人気のFX口座!
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら

【※総合ランキング4位~10位、取引コスト(スプレッド)、スワップポイント、初心者におすすめなど、主要項目別のランキングはこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX初心者のための基礎知識入門目次

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

100万口座達成!

GMOクリック証券[FXネオ]

最短即日取引可能なGMOクリック証券!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
経済指標速報記事 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る