ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXとは?FX初心者のための基礎知識入門

FXチャート「ローソク足」の、特徴や基本的な見方。
相場の流れの変化やトレンドの転換を暗示している
可能性が高い、「特徴的なローソク足」も詳しく紹介

2023年12月26日(火)13:00公開 (2023年12月26日(火)13:00更新)
ザイFX!編集部

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

※世界中のトレーダーが愛用する高機能チャートツール「TradingView(トレーディングビュー)」を搭載し、有料機能を誰でも無料で使えるおすすめのFX口座を紹介!
【※関連記事はこちら!】
トレーディングビューの有料機能が無料で使える、おすすめのFX会社を公開! 大人気のチャート分析ツールを賢く使える裏ワザを紹介

「ローソク足」の基本と見方

「ローソク足」は日本で誕生し、海外では「キャンドルスティック(Candle stick)」の名称で親しまれているチャートの「足」で、4本値(始値・高値・安値・終値)を使って下の図のように作成します。

当コンテンツの関連記事はこちら!
ローソク足チャートの作成方法

 始値よりも終値の高い足が「陽線(ようせん)」、始値よりも終値の安い足が「陰線(いんせん)」です。始値と終値の間の値幅を表す部分を「実体(じったい)」と呼び、陽線と陰線は実体部分を色分けして区別します。古くは、ローソク足の実体は陽線なら赤、陰線なら黒で塗りつぶされるのが一般的で、海外では陽線は緑、陰線は赤で表現されることが多いですが、現在はさまざまな色分けで区別しています。

 そして、高値と安値は、実体から上下に突き出た「ヒゲ」や「影」と呼ばれる線で表します。上方向に高値まで伸びた線は「上ヒゲ」や「上影」、下方向に安値まで伸びた線は「下ヒゲ」や「下影」といいます。

 ローソク足は、実体部分の色で対象期間中(日足なら1日)に相場が上昇したのか下落したのかがひと目でわかるだけでなく、実体の長いローソク足は相場の足取り(動き)が一方向へきわめて強かった、実体の非常に短いローソク足は買い方と売り方の勢力が拮抗していたなど、相場の強さや弱さの度合いを把握できるという特徴もあります。

 また、上下のヒゲの長さからは、安値から切り返した(反発した)エネルギーや、高値から押し戻された(反落した)エネルギーの強さも推し量ることができます。

 ほかにもローソク足からは、対象となる期間に相場がどのような推移をたどったのか、ある程度は推測することもできます。

ローソク足の価格推移のイメージ

 実際には、どのような価格の推移をたどってローソク足が形成されたのを厳密に把握することはできませんが、日足ならその日の動きを24分割した1時間足(60分足)をチェックするなど、さらに短い時間軸の足で確認していくと、もう少し詳しく価格の推移を知ることもできます。

 このように、ローソク足は単体(1本)で見ても、いろいろな情報を読み取ることができる優れた表記方法です。

当コンテンツの関連記事はこちら!

ローソク足の特徴的な足型

 ローソク足の足型(足の形)の中には、相場の流れの変化やトレンドの転換を暗示しているサインと捉えられることがある「特徴的な足型」がいくつか存在します。チャート上のどの場所に出現するかによって異なる場合もありますが、以下では一般的な捉え方を紹介します。

大陽線・大陰線

 陽線の中でも特に長い実体を伴った足型が「大陽線(だいようせん)」、陰線の中でも特に長い実体を伴った足型が「大陰線(だいいんせん)」です。前後のローソク足と比較して実体が特に長いものを指すのが一般的ですが、始値と終値の価格差が1.5%を上回るものが当てはまると定義されることもあります。

「大陽線」は上昇の勢いが非常に強いことを表す足型で、相場が今後も上昇していく可能性が高いことを暗示していると捉えます。大陽線には「陽の丸坊主」「陽の大引け坊主」「陽の寄付坊主」の、3つの特殊なパターンもあります。

大陽線と特徴的な大陽線の種類

「陽の丸坊主(ようのまるぼうず)」は、始値と安値、高値と終値がそれぞれ同じ価格となった、上下にヒゲがない大陽線です。上昇の勢いが非常に強く、特に相場の安値圏で出現した場合は、下落から上昇へ転換していく可能性が高いと捉えられることが多い足型です。

「陽の大引け坊主(ようのおおびけぼうず)」は、高値と終値が同じ価格となった大陽線です。下がったところでは買われ、切り返して大きく上昇して終わっていることから、相場がさらに上昇する可能性が高いと捉えられることが多い足型です。

「陽の寄付坊主(ようのよりつきぼうず)」は、始値と安値が同じ価格となった大陽線です。基本的には強い相場を暗示していますが、大きく上がったところでは売られて反落していることから、特に相場の高値圏で出現した場合は、上昇から下落へ転換していく可能性が高いと捉えられることが多い足型です。

「大陰線」は非常に強い下落の勢いを表す足型で、相場が今後も下落していく可能性が高いことを暗示していると捉えます。また、大陰線にも「陰の丸坊主」「陰の大引け坊主」「陰の寄付坊主」の、3つの特殊なパターンがあります。

大陰線と特徴的な大陰線の種類

「陰の丸坊主(いんのまるぼうず)」は始値と安値、高値と終値がそれぞれ同じ価格となった、上下にヒゲがない大陰線です。下落の勢いが非常に強く、特に相場の高値圏で出現した場合は、上昇から下落へ転換していく可能性が高いと捉えられることが多い足型です。

「陰の大引け坊主(いんのおおびけぼうず)」は、安値と終値が同じ価格となった大陰線です。上がったところでは売られ、切り返して大きく下落して終わっていることから、相場がさらに下落する可能性が高いと捉えられることが多い足型です。

「陰の寄付坊主(いんのよりつきぼうず)」は、始値と高値が同じ価格となった大陽線です。基本的には弱い相場を暗示していますが、大きく下がったところでは買われて反発していることから、特に相場の安値圏で出現した場合は、下落から上昇へ転換していく可能性が高いと捉えられることが多い足型です。

小陽線・小陰線・極線(コマ足)

 実体の短い陽線が「小陽線(しょうようせん)」、実体の短い陰線が「小陰線(しょういんせん)」です。さらに、特に実体が短い足型はどちらも「極線(きわみせん)」と言います。極線はコマのような形に見えることから、「コマ足」と呼ばれることもあります。

小陽線・小陰線・極線(コマ足)

 上下のヒゲの長さで捉え方が変わる場合もありますが、基本的には買い方と売り方のパワーが拮抗していて、相場の勢いが一時的に均衡状態であることを暗示している足型と捉えます。

 「小陽線」は、一般的に相場がほとんど動かないか小動きにとどまっている状態から少し上昇する、「強保合い」の中で出現することが多いと言われています。強保合いの途中で小陽線が2~3本ほど連続して出現した場合は、上昇の勢いが鈍ってきていて、反落に転じる可能性を警戒すべきサインと捉えます。

 「小陰線」は反対に、一般的に相場がほとんど動かないか小動きにとどまっている状態から少し下落する、「弱保合い」の中で出現することが多いと言われています。弱保合いの途中で小陰線が2~3本ほど連続して出現した場合は、下落の勢いが鈍ってきていて、反発に転じる可能性を警戒すべきサインと捉えます。

 「極線」は、相場が一段と均衡状態にあったことを表す足型です。陽線か陰線かを問わず、極線が何本か連続で出現すると、その後に相場が大きく動き出す可能性を警戒すべきサインと捉えます。

下ヒゲ陽線・下ヒゲ陰線・カラカサ(タクリ線)

 下ヒゲの長い陽線が「下ヒゲ陽線」、下ヒゲの長い陰線が「下ヒゲ陰線」です。実体よりも下ヒゲが長く、上ヒゲはあっても短ければ該当しますが、より有効な形は実体が短く、下ヒゲの長い形です。また、実体が特に短く下ヒゲの長い足型は、「カラカサ」「タクリ線」と呼ばれます。

下ヒゲ陽線・下ヒゲ陰線・カラカサ(タクリ線)・首吊り線

 基本的に、「下ヒゲ陽線」は相場がやや強い、「下ヒゲ陰線」は下落の勢いが衰えてきていることを示す形で、特に相場の安値圏で出現した下ヒゲ陽線と下ヒゲ陰線は、下落の一服か、上昇への転換を暗示している可能性があると捉えます。また、「下ヒゲ陽線」は上昇相場の途中で出現した場合、続伸の可能性が高いと捉えることもあります。

「カラカサ(タクリ線)」は、特に下落相場の途中や、相場の安値圏で出現した場合、今後、相場が上昇に転じていく可能性が高いと捉えます。ただし、相場の高値圏で出現すると、相場が下落に転じる可能性があると捉えます。特に、高値圏で上方に窓を開けて出現したカラカサは「首吊り線」と呼ばれ、下落への転換を強く警戒すべきサインと捉えます。

上ヒゲ陽線・上ヒゲ陰線・トンカチ

 上ヒゲの長い陽線が「上ヒゲ陽線」、上ヒゲの長い陰線が「上ヒゲ陰線」です。実体よりも上ヒゲが長く、下ヒゲはあっても短ければ該当しますが、より有効な形は実体が短く、上ヒゲの長い形です。また、実体が特に短く上ヒゲの長い足型は、「トンカチ」と呼ばれます。

上ヒゲ陽線・上ヒゲ陰線・トンカチ

 基本的に、「上ヒゲ陽線」は相場がやや弱い、「上ヒゲ陰線」は上昇の勢いが衰えてきていることを示す形で、特に相場の高値圏で出現した上ヒゲ陽線と上ヒゲ陰線は、上昇の一服か、下落への転換を暗示している可能性があると捉えます。ただし、相場の安値圏で出現した場合は、上昇に転換していく可能性があると捉えることもあります。

「トンカチ」も相場の高値圏で出現した場合、上昇の一服か、下落への転換を暗示している可能性があると捉えます。ただし、相場の安値圏で出現すると、下落の一服か、上昇に転じる可能性があると捉えます。

寄引同時線

「寄引同時線」は、始値と終値が同じ価格となった足型で、ヒゲの長さで「十字線」「寄せ線」に分類します。買いと売りが極めて拮抗していた形ですが、あとになってチャートを振り返ると、寄引同時線の出現したタイミングが相場の転換点になっていたことも多いという特徴があります。始値と終値がほぼ同じ価格で、ローソク足の実体がほとんどなければ、寄引同時線とみなして差し支えありません。

寄引同時線

「十字線」は上下のヒゲがそれほど長くない足型で、基本的には相場が一時的な均衡状態にあると捉えますが、高値圏で出現した場合は下落、安値圏で出現した場合は上昇へ転換することを暗示している可能性が高いと考えます。また、小動きが続いているときに出現すると、その後、相場がどちらか一方へ流れを加速させることがある、注意したい足型です。

「寄せ線」は「足長十字線」とも呼ばれる上下に長いヒゲを伴った足型で、特に相場の高値圏や安値圏で出現した場合、相場の転換を暗示している可能性が高いと考えます。また、出現後に相場が乱高下(上下に荒っぽく動くこと)することがある足型としても知られています。

 寄引同時線は上下のヒゲの長さの違いによって、さらに以下に分類されます。

特徴的な寄引同時線

「トンボ」は下ヒゲが長く、上ヒゲがない寄引同時線で、相場の安値圏で出現した場合は上昇、高値圏で出現した場合は下落へ転換する可能性を暗示していると捉えます。ただし、実際は上昇相場や下落相場の途中に出現することも多く、必ずしも方向性をはっきり示しているわけではないとも言われます。

「上十字」は長い上ヒゲに短い下ヒゲを伴ったトンボの一種で、相場の高値圏や安値圏で出現した場合、相場の変化を暗示していると捉えます。特に高値圏で出現すると、上昇の勢いが衰え、下落へ転換する可能性が高いと言われています。

「下十字」は長い下ヒゲに短い上ヒゲを伴ったトンボの一種で、こちらも相場の高値圏や安値圏で出現した場合、相場の変化を暗示していると捉えます。特に安値圏で出現すると、下落の勢いが衰え、上昇へ転換する可能性が高いと言われています。

「トウバ」は上ヒゲが長く下ヒゲがない、トンボとは真逆のような形の寄引同時線です。相場の高値圏や安値圏で出現した場合、相場の変化を暗示していると捉えます。特に高値圏で出現したトウバは、上昇が終了し、下落へ転換する可能性が高いと言われています。

「4値同時」は4本値すべてが同じ価格の、買いと売りが拮抗していたか、相場を動かす材料が見当たらずに様子見を強めていたことが伺える足型です。出現後は新しい相場の流れが加速していくことがあると言われていますが、一定の流動性が確保された金融商品で通常時に出現することはほぼありません。株式などの値幅制限がある銘柄で、ストップ高やストップ安に張り付いたままだったときに、目にすることがあります。

※世界中のトレーダーが愛用する高機能チャートツール「TradingView(トレーディングビュー)」を搭載し、有料機能を誰でも無料で使えるおすすめのFX口座を紹介!
【※関連記事はこちら!】
トレーディングビューの有料機能が無料で使える、おすすめのFX会社を公開! 大人気のチャート分析ツールを賢く使える裏ワザを紹介
■ザイFX!読者が選んだFX口座はココだ!(総合ランキング・トップ3)
【総合1位】GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページ
GMOクリック証券「FXネオ」
人気の理由人気の理由 取引ツールの使いやすさ、狭いスプレッドと高水準のスワップポイントで、あらゆるトレーダーにおすすめ!
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページ
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
人気の理由人気の理由 業界屈指の豊富で質の高い情報コンテンツと上位水準のスペックで、総合的に満足度の高いFX口座!
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページ
ヒロセ通商「LION FX」
人気の理由人気の理由 主要通貨ペアのスプレッドの狭さや取引環境の良さが魅力で、趣向を凝らしたグルメキャンペーンも人気!
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら

【※総合ランキング4位~10位、取引コスト(スプレッド)、スワップポイント、初心者におすすめなど、主要項目別のランキングはこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX初心者のための基礎知識入門目次

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トルコリラスワップポイントランキング
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る