ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

第3章 FXをはじめよう

FX初心者必見! FX会社を選ぶとき、
特に大切にしたい3つのポイントは?

GMOクリック証券は取引高7年連続世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

FX会社を選ぶときのポイント
このページの概要
FX会社を選ぶときに、初心者の方が特に大切にしてほしいポイントを、「少額取引が可能」「取引コストが安い」「初心者のバックアップ体制」の3つに絞り、客観的な視点からオススメできるFX会社をご紹介します。迷っている方はぜひ、参考にしてみてください。
目次

FX会社選びの3大ポイント

FX会社を選ぶときのポイントはいくつかあると思いますが、そもそもどれを重視すればいいのか、どこを比較すればいいのか、悩んだり迷ったりしている方もいると思います。

 そこで、初心者の方がFX会社選びで特に大切にしてほしいポイントを「少額取引が可能」「取引コストが安い」「初心者のバックアップ体制」の3つに絞り、各項目でその要点と、客観的な視点からおすすめできるFX会社をご紹介します。これが絶対というわけではありませんが、迷っている方はぜひ、参考にしてみてください。

少額取引が可能

 少額取引が可能ということは、小さいポジション量で取引できるという意味です。

 かつては、最低でも1万通貨単位の取引しか受け付けてくれないところがほとんどでしたが、今は1000通貨単位で取引できるFX会社がたくさんあります。でも、それ以上に小さいポジション量で、手軽に取引できるFX会社も存在します。

1通貨のSBI FXトレード

 少額取引が可能なFX会社の代表格で、極めつけとなる存在がSBI FXトレードです。同社ではなんと、1通貨から取引が可能。為替レートが100円程度なら、およそ4円の必要証拠金で1通貨取引ができます。

SBI FXトレードの公式サイト
SBI FXトレードの公式サイト

 取引量は1通貨単位で調整できますから、自信のあるときは多めにしてみたりと、ポジション量を自由に設定できるのも魅力です。

>>>SBI FXトレードの詳しい情報はコチラ

100通貨単位のマネーパートナーズ[パートナーズFX nano]

SBI FXトレードには及ばないものの、マネーパートナーズ [パートナーズFX nano]100通貨単位という非常に小さいポジションで取引できる貴重な口座です。

マネーパートナーズの公式サイト
マネーパートナーズの公式サイト

 FXをはじめたばかりの方や、小さいポジション量でゆったり取引を楽しみたいという方にとって、知っておいて損はないと思います。もちろん、1000通貨や1万通貨単位の注文を受け付けてくれないなんてことはありません。

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]の詳しい情報はコチラ

取引コストが安い

 FXの取引コストには、「売買手数料(取引手数料)」と「スプレッド」の2種類があります。売買手数料は、株の取引で証券会社に支払うものと同じですが、FXの売買手数料は、ほとんどのFX会社で無料です。

【参考記事】
スプレッドとは

 ごく一部、売買手数料がかかるFX会社もありますが、基本的にはトレーダーが支払うコストは、スプレッドのみになります。

 スプレッドの幅は、FX会社が自由に決めています。同じ通貨ペアなら、どこのFX会社で取引しても同じというわけではありません。スプレッドが有利な(狭い)FX会社で取引すれば、取引コストを抑えることができます

 各社のスプレッドを比較してみると、ここの会社はこの通貨ペアのスプレッドは狭くて良いのに、こっちの通貨ペアのスプレッドは他社よりも広いな…、なんてこともわかってきます。慣れてくれば、通貨ペアや取引量に応じて、トレードする口座を使い分けることもできると思います。

【スプレッドに関する参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コスト(スプレッドなど)で比べる

米ドル/円のスプレッドが有利なFX会社

ザイFX!に掲載のあるFX口座の中で、米ドル/円の原則固定における業界最狭(もっとも狭い)水準は0.09銭原則固定。

 この水準を提供しているFX口座は、SBI FXトレードです。

 ただし、SBI FXトレードの0.09銭原則固定は、1000通貨までの取引量に適用される水準となり、1001通貨以上の取引量では、ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4]の0.1銭原則固定が業界最狭水準になります。

>>>ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4]の詳しい情報はコチラ
>>>SBI FXトレードの詳しい情報はコチラ

 その次に狭い0.2銭原則固定を提供しているのが、GMOクリック証券[FXネオ]YJFX![外貨ex]セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]トレイダーズ証券[みんなのFX]トレイダーズ証券[LIGHT FX]DMM.com証券[DMM FX]IG証券[標準]FXブロードネット[ブロードライトコース]FXブロードネット[ブロードコース]外為ジャパンFX楽天証券[楽天FX]マネックス証券[FX PLUS]外為どっとコム[外貨ネクストネオ]などになります。

※上記はすべて2020年2月6日時点の原則固定における通常スプレッドで、期間限定のキャンペーンによって縮小しているスプレッドは対象外。SBI FXトレードは1000通貨までが0.09銭原則固定となり、取引量によって変化します。

【キャンペーンスプレッドを含む各社のスプレッド一覧はこちら】
FX会社徹底比較!:米ドル/円スプレッドの狭い順

ユーロ/米ドルのスプレッドが有利なFX会社

ザイFX!に掲載のあるFX会社の中で、ユーロ/米ドルの原則固定における業界最狭水準は0.19pips原則固定。

 この水準を提供しているFX口座は、SBI FXトレードです。

 ただし、SBI FXトレードの0.19pips原則固定は、1000通貨までの取引量に適用される水準となり、1001通貨以上の取引量では、ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4]の0.2pips原則固定が業界最狭水準になります。

>>>ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4]の詳しい情報はコチラ
>>>SBI FXトレードの詳しい情報はコチラ

 その次に狭い0.3pips原則固定を提供しているのが、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]トレイダーズ証券[みんなのFX]トレイダーズ証券[LIGHT FX]マネーパートナーズ[パートナーズFX]FXブロードネット[ブロードライトコース]FXブロードネット[ブロードコース]インヴァスト証券[トライオートFX]などになります。

※上記はすべて2020年2月6日時点の原則固定における通常スプレッドで、期間限定のキャンペーンによって縮小しているスプレッドは対象外。SBI FXトレードは1000通貨までが0.19pips原則固定となり、取引量によって変化します。

【キャンペーンスプレッドを含む各社のスプレッド一覧はこちら】
FX会社徹底比較!:ユーロ/米ドルスプレッドの狭い順

ユーロ/円のスプレッドが有利なFX会社

ザイFX!に掲載のあるFX会社の中で、ユーロ/円の原則固定における業界最狭水準は0.3銭原則固定。

 この水準を提供しているFX口座は、SBI FXトレードです。

 ただし、SBI FXトレードの0.3銭原則固定は、1000通貨までの取引量に適用される水準となり、1001通貨以上の取引量では、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]トレイダーズ証券[みんなのFX]トレイダーズ証券[LIGHT FX]ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4]マネーパートナーズ[パートナーズFX]などの0.4銭原則固定が、業界最狭水準になります。

>>>SBI FXトレードの詳しい情報はコチラ
>>>セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]の詳しい情報はコチラ
>>>トレイダーズ証券[みんなのFX]の詳しい情報はコチラ
>>>トレイダーズ証券[LIGHT FX]の詳しい情報はコチラ
>>>ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4]の詳しい情報はコチラ
>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の詳しい情報はコチラ

 そして、0.5銭原則固定に主要なFX会社の多くが名を連ねています。

※上記はすべて2020年2月6日時点の原則固定における通常スプレッドで、期間限定のキャンペーンによって縮小しているスプレッドは対象外。SBI FXトレードは1000通貨までが0.3銭原則固定となり、取引量によって変化します。

【キャンペーンスプレッドを含む各社のスプレッド一覧はこちら】
FX会社徹底比較!:ユーロ/円スプレッドの狭い順

初心者のバックアップ体制

初心者向けのコンテンツやサポート体制の充実したFX会社に口座を作れば、FXに関する知識を得ることができますし、わからないことをわからないままで終わらせることなく、気軽に質問や相談をして解決することもできます。

外為どっとコムの「マネ育スクール」

外為どっとコムでは「マネ育スクール」というウェブセミナーを実施しています。

外為どっとコムのマネ育スクール

(出所:外為どっとコム

 FXをはじめたばかりの方や、これからはじめたいと思っている方を対象に、「外貨投資がゼロからわかる!」、「注文方法&各種操作方法」、「テクニカル分析を用いての取引手法」の3本建てで、基本的なテーマをわかりやすく解説してくれています。

マネ育スクールのセミナー動画

(出所:外為どっとコム

 しかも、スクール受講後に各回のセミナー内容に関するクイズに回答して外為どっとコムへ口座開設すれば、6000円がもらえる参加特典があります。FXの基礎知識が習得できるだけでなく、現金までもらえる太っ腹のセミナーです。

 マネ育スクールには中級編と上級編もあるので、少しずつステップアップしながらFXのことを基礎からしっかり学んでいけるようになっています。

>>>外為どっとコムの詳しい情報はコチラ

YJFX!の「YJFX!アカデミー」

YJFX!「YJFX!アカデミー」も、初心者に有益な情報が満載です。

YJFX!の「はじめてのFX」

(出所:YJFX!

 FXの基礎知識や活用法などをまとめたウェブ講座「はじめてのFX」は、図解や表を使って非常にわかりやすくまとめられています。

 ほかにも、バラエティ豊かな講師陣による無料オンラインセミナーや、クイズ形式でチャート分析を学べる「YJFX!虎の巻」、YJFX!でしか見ることができないオリジナルの市況レポートなど、さまざまなコンテンツが用意されています。

 チャット機能を使って、セミナー中に講師とコミュニケーションをとることも可能。動画や資料はあとになって見直すことができるので、トレードで悩んだときや復習したいことが出てきたときに、いつでも気軽に振り返って利用できます。

>>>YJFX!の詳しい情報はコチラ

サポートが充実しているFX会社

DMM.com証券外為ジャパンFXでは、多くの方がコミュニケーションツールとして利用しているSNSのLINE(ライン)を使って、カスタマーサポートのオペレーターにわからないことや質問したいことを、気軽に問い合わせることができます。

DMM.con証券のLINEサービス

(出所:DMM.con証券

 電話やメールでの問い合わせは、ちょっとハードルが高いな…と感じている方にも、うれしいサービスです。

>>>DMM.com証券の詳しい情報はコチラ
>>>外為ジャパンFXの詳しい情報はコチラ

 また最近では、顧客が入力した質問にAI(人工知能)が回答する、AIチャット機能を提供しているFX会社も増えてきています。

【FX会社のサポートに関する参考記事】
鈴木奈々も注目!? FX会社の電話サポート受付は24時間とは限らないって知ってた?

外為オンラインの会場セミナー

外為オンラインでは、「FXとは?」といった基礎中の基礎はもちろん、パソコン版取引ツールやスマホアプリの使い方までレクチャーしてくれるレベル別の会場セミナーを、全国の主要都市で頻繁に開催しています。

外為オンラインのセミナー会場セミナー

(出所:外為オンライン

 FXは、画面と向かい合ってポチポチとトレードする孤独なものになりがちですが(FXだけとは限りませんが…)、会場セミナーに参加すれば、ほかのトレーダーとコミュニティを形成したり、わからないことや疑問に思ったことをお互いに解決しあえる機会にも出会えます。スケジュールの都合がつく方は、積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

 取引をはじめて日が浅い間は、わからないことも多く出てくると思います。このような初心者向けのコンテンツやサポートが充実しているFX会社を選んでおくと、安心して取引に臨めることにもつながってくるでしょう。

ザイFX!には、カリスマブロガーで凄腕トレーダーの羊飼いさんが、会社の信頼性、取引コスト、取引画面の使いやすさなどを総合的に判断して選んだ、初心者にやさしいFX会社を一覧にしたコンテンツがあります。こちらもぜひ、参考にしてください。

羊飼いが選んだ初心者にやさしいFX会社

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:羊飼いが選んだ初心者にやさしいFX会社

(最終更新日:2020年2月7日)

FX初心者のための基礎知識入門目次

第1章 FXをはじめるには
第2章 FXの基礎知識を身に付ける
第3章 FXをはじめよう
第4章 チャートの見方
人気FX会社TOP10ランキングの詳細はこちらから!ランキング一覧を見る
FX初心者のための基礎知識入門トップにもどる