為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
よく効く「抵抗線」と「支持線」の
見つけ方とは?

■もっと上がると思ったのに――と思ったら

 いい感じで上がってきた。買いポジションの含み益もふくらんできた。もっと上がれ上がれと思っていたのに、あれれ……? なんか値動きが止まってしまった――そんなことは、FXをやっていると結構ある。その原因になっているのは「抵抗線」の存在かも。

 抵抗線は過去の高値などを基準に引かれた線。「上値抵抗線」ともいわれるように、ここより上には行かせないよと「抵抗」する線だ。抵抗線の反対が「支持線」(下値支持線、レジスタンスラインともいう)。こちらは反対に、「これより下には行かせないよ」と支えてくれるラインだ。

 こうした支持線や抵抗線は値動きの節目となりやすい。勢いよく動いていた価格が支持線や抵抗線で止まったりすることがよくあるし、そうやって止められていた線を突き抜けたときには勢いよく動き出すこともある。

■「利益確定」に使ったり、「ブレイクアウト」を狙ったり

 支持線や抵抗線をどうやって使うか。ひとつは利益確定の目安にする。抵抗線で上昇の勢いが止められやすいのなら、買いポジションの利益確定用の指値を抵抗線の少し下に置いておくという考え方ができる。

 でも、抵抗線を抜けたら上昇の勢いがつきやすい。だったら、抵抗線の少し上には新規の買い逆指値を置いておいたら、抵抗線を上抜いて強く上昇する、その勢いについていけるかもしれない。こうした考え方は「ブレイクアウト」と呼ばれる基本戦略のひとつなのだ。

 さらに、高値の抵抗線と下値の支持線に挟まれて狭いレンジ相場になっているようなときは、「抵抗線の少し上に買いの逆指値」を、「支持線の少し下に売りの逆指値」をと、2つの逆指値を置いておくやり方もある。こうしたときには、2つの注文を同時に入力して、どちらか一方の注文が約定したら、もうひとつの注文がキャンセルされるOCO(おーしーおー)注文を使うと便利だ。

■よく効く支持線・抵抗線の見つけ方

 抵抗線は高値を基準に水平線を引けばいいし、支持線は安値を基準に水平線を引けばいい。でも、大きな問題は、「どの高値・安値を基準にするか」ということ。高値・安値なんて、チャートの見方次第でいくらでもあるわけで、支持線や抵抗線はいくらでも引けてしまう。

 どの高値・安値で引いた支持線・抵抗線が効果的なのか。それは「みんなが注目している高値・安値で引いた線」だ。みんなが意識している線ほど、そこを基準に注文が置かれるから効きやすい。

 みんなが、どんな線を意識しているか、それは上手な人の意見を参考にしよう。それも、「あのとき、じつははこの支持線が効いていたんですね~」なんて後づけで説明する人じゃなく、できれば先に「この支持線が重要ですよ」なんて説明してくれる人。ザイFX!の連載陣もサポートやレジスタンスに注目していることが多いので、参考にしてみよう。
 

次の記事>> 美人トレーダーの「パッと見」でわかる楽チン手法

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS