前のページへ
2
次のページへ

為替市場は24時間動いているが、
ホットなのは 日本時間の夕方から深夜までの時間帯

 為替市場は実際の取引所が存在するわけではないので、都市名や地域名で呼ばれ、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場が世界3大市場といわれている。各都市の市場も土日・休日は休みであり、その地域のだいたい朝9時から午後6時までオープンしている。

 地球儀をイメージするとわかるが、為替市場の1日は、ニュージーランドのウェリントン市場からスタートし、アジア→中東→欧州→ニューヨーク市場で幕を降ろす。1日の始まりが各地でずれているから、24時間市場が動いていることになるのだ。また、北半球と南半球では季節が逆転しているうえにサマータイム制を導入している国もあり、各地の市場が日本時間の何時になるかは季節によって異なる。

為替市場のタイムテーブル

 しかし、当然ながら、活発に値動きしやすい時間帯とそうでない時間帯がある。一般に活発に動きやすいのは、ロンドンとニューヨークの株式市場が続いて開く、日本の夕方以降、深夜にかけて。この時間帯は短期売買でも為替差益を狙いやすい。日中忙しい人にも最適なのがFXなのだ。

米ドルと円ばかりではなく、「通貨ペア」には
さまざまなバリエーションがある

通貨ペアとは?

 2つの通貨の値動きに投資できるのがFXだけど、組み合わせは、日本円と米ドル間だけじゃない。日本円とヨーロッパのユーロにもあるし、イギリスのポンドにも値動きがある。当然、日本円が絡まない米ドルと英ポンド間とか、英ポンドとユーロ間とか、さまざまなバリエーションがある。これを「通貨ペア」という。

 まず、どの通貨ペアにするか決めなければいけないけど、初心者には、世界の主要通貨で日本でも取引量の多い、米ドルやユーロがおすすめ。値動きが比較的緩やかで、入手できる情報量も多いから、やりやすいのだ。

 でも、少し慣れてきたら、対円ペアだけでなく、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、英ポンド/スイスなど、多彩な通貨ペアを取引するのも楽しい! 対円以外の通貨ペアも利用すれば、収益チャンスは大きく広がるだろう。

なんで2つの微妙に違うレートが並んでいるの?
FXは「売値」と「買値」の2つのレートで売買して差益を稼ぐ

 FXで通貨を買っても、そのお金を引き出せたり、使えるわけではなく、「ポジション(未決済建玉)」として、証拠金の残高に記されるだけ。FXで買った外貨はFXで売って、得したのか、損したのか、確定しなければならない。損益が確定することを「決済」という。

スプレッドの秘密

 初めて、FXの取引画面を見ると、なんで2つの微妙に違う為替レートの数字が並んでいるのか、不思議に思うかもしれない。FXでは、どの通貨ペアも「売値」と「買値」の2つの取引レートが提示される。売値は投資をする人が売る時の値段で「Bid(ビッド)」といい、買値は投資をする人が買う時の値段で「Ask(アスク)」という。

 株の場合は、売り手と買い手が証券会社を仲介に注文して、株式市場で注文が合ったところで価格が決まるから、取引価格は1つしかない。FXの場合は、FX会社が独自に「今ならこの価格で買い取るよ」「この価格で売るよ」という価格を示す。ちなみに、こうした取引システムを「相対取引」もしくは「店頭取引」という。

 さて、画面を見て、米ドル/円の取引レートが上のように提示されていたとしよう。「95.725」の表示は「95円72.5銭」ということ。

 この時、売値と買値の差を「スプレッド」といい、投資する人が負担するコスト(=FX会社の取り分)になる。図のレートはスプレッド1銭の例。

 95.725円の「買値(Ask)」で買えば、スプレッドの1銭分低く95.715円と表示されている「売値(Bid)」が、95.725円よりも上がらないと、利益にならない。もしも買って、すぐに売ると1銭の損をすることになる。

 FXでは、「売り」からの取引もできる。この場合は、売値の1ドル=95.715円でドルを売る。そして、現在の買値95.725円が、95.715円を下回った時初めて利益が発生することになる。

前のページへ
2
次のページへ

この記事のバックナンバーは、右上のINDEXを見て!

Pick up

ザイFX!始めネット!TOPへ戻る!